話題の事例紹介

全仏閉幕。テニスウエア勢力図に異変あり?

投稿日:2019年6月20日 更新日:

テニスの全仏オープン第13日は7日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準決勝で3年連続12度目の優勝を目指す第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が四大大会通算20勝を誇る第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)を6-3、6-4、6-2で下し、決勝に進んだ。

男子シングルス準決勝で4年ぶりの出場だった37歳のフェデラーは王者ナダルに打ち合いで力負けした。2012年大会以来の4強という結果に「素晴らしい大会だった。キャリアで一番とも言える」と満足そうだった。

16年は腰痛で欠場。17年と18年は体調面を考慮してクレーコートのシーズンを休養し、得意な芝のコートやハードコートに備えてきた。体調に不安がない今季はクレーの大会でも好結果を残し、芝のウィンブルドン選手権に向かう。

サンケイスポーツ 2019/6/8
フェデラー4強に満足「素晴らしい大会だった」/全仏テニス

ナダル、ジョコビッチ、錦織…世界のトッププレーヤーが鎬を削る男子テニス グランドスラム大会において、プレー以外につい注目してしまうのが選手たちが着用するウエアのブランドだ。

2019年6月自伝手グランドスラム通算20を挙げ、史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声も高いロジャー・フェデラーは長年ナイキのウエアを着用していたが、2018年からユニクロに鞍替え。ユニクロからフェデラーに支払われる契約金は、340億円(推定)とも言われるから、いかにそのブランディング効果が高いか見て取れよう。

なお、テニス界では長らくナイキやアディダスといったスポーツブランドが大半の選手のサプライヤーとして君臨していたが、近年ではそこにユニクロやH&Mといったファストファッション勢も相次いで参入。ウエア群雄割拠の様相を呈しており、コート外の争いもますます過熱しそうだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

関連記事

図形?それともデザイン? アディダスの3本線

欧州連合(EU)司法裁判所の一審にあたる一般裁判所は19日、ドイツのスポーツ用品大手アディダスの3本の平行線のデザインについて、「独自性がない」として商標権を無効とする判断を示した。 アディダスは、靴 …

還暦を迎えた「ヤン坊マー坊」。第二の人生は?

  画像引用:https://www.yanmar.com ヤンマーは9月5日、マスコットキャラクター“ヤン坊マー坊”のデザインをリニューアルしたと発表した。 “ヤン坊マー坊”は、1959年 …

音楽の名門メーカー 再建なるか オンキヨーのブランド活用による生き残り戦略

オンキヨー株式会社は、米Klipsch Group, Inc.(以下Klipsch)との業務提携拡大に向けた協議を行うことで基本合意したと発表した。 オンキヨーはKlipschブランド製品の国内販売代 …

ギャルの厚底シューズは、働く女性へ

マラソン、駅伝など長距離走の世界で最近、厚底のシューズが注目されている。ナイキ社の厚底シューズを履いた選手が好記録を連発したためだ。そしてこの厚底シューズが意外な場所でも話題になっている。通勤用のシュ …

山陽新聞が「ご当地スマホゲーム」をリリース。 岡山の救世主になるか?

晴れの国をモチーフにした小鬼に、ジャージー牛の鬼など、プレーヤーが桃太郎の代わりになって各地に散らばった鬼を封印するゲーム、「桃太郎外伝 鬼詣(おにもうで)岡山見聞録」が17日に配信されました。 ゲー …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~