話題の事例紹介

Amazonが生鮮食品を強化、「男性ウケ」から「女性ウケ」へ

投稿日:2019年6月14日 更新日:

アマゾンジャパンは5月30日、「Amazonプライム」会員向けの即時配送サービス「Amazon Prime Now」で、スーパーマーケット「ライフ」の生鮮食品や総菜を取り扱うと発表した。年内に都内の一部地域で始める予定。

利用者がAmazonのサイト上で注文すると、ライフの実店舗で商品を用意し、Amazonの配送員が最短2時間で届ける。都内の対象エリア、配送料などは未定。

アマゾンジャパンは品ぞろえの強化、ライフコーポレーション(ライフ運営元)は新規顧客の獲得が狙い。

IT media NEWS 2019/5/30
アマゾン、スーパー「ライフ」から生鮮食品を配送 Prime Nowの品ぞろえ強化

今や生鮮食品さえもネットで手に入れる時代だ。この「ネットスーパー」というジャンルにおいてもAmazonの存在感は大きく、推定500億円(※)という圧巻の売上高で国内トップに君臨している。

とはいえ、Amazonと聞けば日用品や家電製品をイメージする人が多く、消費者は男性が過半数を占める状態だ。ゆえに今回のスーパーとの提携は、生鮮食品の品揃えを増やすことで女性ユーザーを取り込むことが狙いなのだろう。生鮮食品を多く取り扱うためには、店舗の協力が必須となる。

従来のAmazonは店舗を持たないことから、おそらく期限が迫った生鮮食品は処分せざるを得ず、おそらく品揃えに限度があったはずだ。対して、同じく大手ネットスーパーでもリアル店舗を持つイオンやイトーヨーカドーは、在庫管理に柔軟性があるため品揃えを多めに設定しても問題ないと思われる。ネットで売れずとも、店舗で安売りすれば解決するからだ。

もしAmazonにスーパー並みの食品数がラインナップされたとしたら、総合通販サイトとしての地位はより盤石なものになるだろう。

※ 2017年度 食品通販売上高ランキング|日本流通産業新聞
https://www.bci.co.jp/nichiryu/feature/831

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

オーディオ御三家ブランドの盛衰 パイオニア上場廃止

パイオニアは27日、東京証券取引所第1部で取引される株式が上場廃止となった。1938年に創業して約80年。老舗の音響機器メーカーとして多くの人々に親しまれたが、2000年代に入って経営が悪化し、株式市 …

ブランド米の乱立 「2018年産米の食味ランキング」

(前略)今回の審査結果では、「特A」を獲得した地方ブランド米の数は、過去最高の55(昨年比+12増)となりました。実は現在、国内ではブランド米競争が熾烈を極めています。 この背景には、政府が長年にわた …

キラキラネームの改名 名前の意義

(赤池肇氏のtwitterより) 「王子様(おうじさま)」と名付けられた山梨県の高校3年の男性(18)が、自らの名前は「恥ずかしい」として甲府家庭裁判所に改名を申し立てたところ、認められた。 新しい名 …

サントリーのボス 続くコーヒー以外へのブランド拡張

サントリー食品インターナショナル株式会社は、「BOSS」の濃縮タイプ飲料「ボス ラテベース」の新たなラインナップとして、「ボス ラテベース 香ばしピスタチオ」を1月22日(火)から期間限定発売します。 …

ライザップブランドの本質的提供価値について

RIZAPグループは11月14日に2018年4~9月期(中間)決算を発表。IFRS(国際会計基準)の営業損益は88億円の赤字と前年同期の49億円の黒字から大幅に悪化した。同時に18年度通期の営業損益の …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
4p
成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜