話題の事例紹介

「65型」が15万円台。大型テレビもアンチブランドの時代?

投稿日:2019年12月6日 更新日:

アイリスオーヤマは今月、テレビ事業に本格参入する。10月には、昨年からホームセンター向けにテスト販売する独自ブランド「LUCA(ルカ)」シリーズに、家電量販店向けに画質と音質を向上させた2モデルを追加。消費者の反応を見極め、本格参入への準備を加速させる。

10月に投入したのは、従来よりフレームが薄く画面がワイドな「ベゼルレスモデル」4機種(43~65型)と、音質を重視して画面下にスピーカーを搭載した「フロントスピーカーモデル」3機種(43~55型)。いずれも高精細の4K放送に対応させた(4K放送受信には別売りのチューナーが必要)。

参考価格は、両モデルの43型がともに税抜き7万9800円。最も大きいベゼルレスモデルの65型が同15万8000円。全国の家電量販店やホームセンターで取り扱い、初年度で計10万台の出荷を目指す。

河北新報 2019/11/6
アイリスオーヤマ、テレビに本格参入 今月から新商品投入へ

ひと昔前、テレビの消費といえばもっぱら「いかに高い機能を有しているか」というスペック軸で消費されていたが、最近では「必要最低限の機能さえあればOK」というコスパ軸で選ぶ新しい潮流が顕著だ。「テレビに多くの機能は求めない」という昔から一定数存在していた層(ニーズ)に対する受け皿がようやく登場したとも言えようか。

これはファッションにおける脱ブランド=ファストファッション化の流れとリンクするもので、高機能&多機能を追求しつづけた結果“ガラパゴス化”したナショナルブランド製品対するアンチテーゼと見てとれよう。

家電市場でここ数年、一世代前の技術を用いることで【単機能×高品質×低価格】を実現した“ジェネリック家電”の台頭が著しい。シャープや東芝、パナソニックのリストラ技術者を吸収しながら躍進するアイリスオーヤマはまさにその急先鋒的存在だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

投票日は臨時休業。環境企業の先駆者・パタゴニアのビジョン

アウトドア衣料品メーカー「パタゴニア」の日本支社(横浜市)は、参院選の投開票日の21日、全国22の直営店すべてを臨時休業にする。投票へ行くよう従業員に促すとともに、顧客にも選挙について考えてもらうのが …

新元号はいかにして体を表すか

政府は1日、「平成」に代わる新たな元号を「令和」と発表したが、最終的に絞り込んだ6つのうち「令和」以外に、「久化(きゅうか)」「英弘(えいこう)」などすべての候補が明らかになった。 政府は1日、各界の …

国産スポーツブランドは躍進できるか

デサントを取り巻くスポーツアパレル業界は、スポーツウエアを普段着として着る「アスレジャー」市場の拡大や、来年の東京五輪・パラリンピックなど大型スポーツイベント開催によるビジネスチャンスを迎える。ただ、 …

新興企業と老舗企業のブランド交換 島根銀行とSBIの資本・業務提携

島根銀行は6日、インターネット金融大手SBIグループと資本・業務提携すると発表した。第三者割当増資を実施し、25億円の出資を受け入れる。SBIグループの議決権比率は34%で筆頭株主となる。島根銀はSB …

ダイソー/コーポレート・アイデンティティ刷新、新ロゴ発表

大創産業は3月5日、新社長就任から1年にあたる2019年3月に、企業としてのブランド価値をより世界に向けて拡げていくために、CI(コーポレート・アイデンティティ)とロゴを刷新すると発表した。 新しいコ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜