話題の事例紹介

どう変わる? 国民的サウンドロゴ

投稿日:2019年6月12日 更新日:

「伯方の塩」で有名な伯方塩業(松山市)は、CMでおなじみの「は・か・た・の・しお♪」というフレーズを歌う2代目声優のオーディションを実施している。グランプリに輝くとウェブ広告に出演できるとあってネットでも話題になり、応募はすでに数千人にも。お笑い芸人やアナウンサーなど芸能人も力作を投稿しているという。

力強い男性の声が印象的なCMは1987年から放映。男性ミュージシャンとされる初代の声は変わらないが、今回、若い世代に塩の魅力を知ってもらおうと企画された。

(中略)

6月30日締め切り。伯方塩業は「初代とは違う雰囲気で、オリジナリティあふれる作品で、『伯方の塩』に新しい風を吹き込んでほしい」としている。

読売新聞 2019/6/1
「は・か・た・の・しお♪」、2代目声優募集

ブランディングを達成するためのクリエティブにおいて、ロゴマークやタグライン(コピー)の陰で見落とされがちなもののひとつが「音」、すなわちサウンドロゴだ。

テレビCMの前後に挿入されるサウンドロゴは、文字通り音で作ったロゴ(マーク)。テレビやラジオCMの前後に挿入し、消費者にほんの数秒でどの企業のCMであるかを気付かせる地味ながらも重要な役割を担う。

ニュースが伝える「伯方の塩」は、1996年から続く長い歴史を持つ伝統のクリエイティブ。独特のリズムに乗った男性の声による力強いナレーションは一度聴いたら耳から離れないパワーを持つ“国民的サウンロロゴ”とも呼べる作品だ。

ネット動画の隆盛により、音と映像によるコミュニケーションが存在感を増していく中で、サウンドロゴの価値もより高いものになっていくことだろう。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

待望(?)の佐賀県アンテナショップ、ついに東京に誕生か?

ドラマ化された人気漫画「孤独のグルメ」の原作者・久住(くすみ)昌之さん(60)=東京都三鷹市出身=らが、自分たちで佐賀県の「アンテナショップ」を東京につくろうと動き始めた。佐賀の魅力にはまっているとい …

ローカル起点のローカル商品が、ブランド化していくためのマーケティング戦略

エースコックから、「シュリンプヌードル」「カレーヌードル」「煮干しヌードル」が、2019年5月20日(月)より、東北エリア中心(スーパー、コンビニ等)で、リニューアル発売になります。 「シュリンプヌー …

TOTOが「おもてなしトイレ」を導入 空の玄関から日本の強みをアピール

TOTOは日本の玄関口とも言える成田国際空港第一ターミナルビルの南ウイング1階に、IoTを活用した“最先端のおもてなしトイレ空間”「experience TOTO」を設ける。開設に当たってはNTT東日 …

Netflix「ROMA ローマ」は“映画”か?英興行会社シネワールドが徹底抗戦

カンヌ国際映画祭コンペティション部門への出品が決まっていたにもかかわらず取り下げられ、ベネチア国際映画祭でNetflixオリジナル映画としては初となる金獅子賞を受賞するなど、今年の賞レースを牽引する一 …

Jリーグ「町田ゼルビア」、紛糾した改称騒動に仮決着

J2のFC町田ゼルビアオーナーの親会社サイバーエージェントの藤田晋社長は、11日のサポーターミーティングでチーム名を「FC町田トウキョウ」に改名すると発表した件に関し、18日、20年は名称、ロゴ含め現 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは