話題の事例紹介

「米大統領選」はパーソナル・ブランディングの見本市?

投稿日:2019年12月18日 更新日:

2020年米大統領選挙への出馬を表明しているマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長は今年の政治広告支出額で、先に選挙戦に参入していた資産家トム・ステイヤーらを抜き首位に立っている。

ブルームバーグ氏の陣営は9日にテレビ広告費用として2520万ドル(約27億4000万円)を新たに投じた。同氏は11月24日に民主党候補指名争いに参戦した。

アドバタイジング・アナリティクスの集計データによると、ブルームバーグ氏はテレビコマーシャルやケーブル、デジタル形式の広告にこれまでに8900万ドルを支出しており、ステイヤー氏の6500万ドルを上回った。トランプ大統領はこれまでに約3400万ドルを費やしている。

ブルームバーグ 2019/12/10
ブルームバーグ氏が今年の政治広告支出で首位-11月に大統領選出馬

トランプ大統領の再選か、あるいは民主党の政権奪取か?――世界が注目する米大統領選は投票まで1年を切り、各候補者たちによるPRにも熱を帯び始めている。

日本の国政選挙では、街頭演説やなどがポピュラーだがそこはメディア超大国アメリカ。PRの方法も、テレビCMやインターネット、SNSを用いた“広告”が中心となる。ニュースが伝えるブルームバーグ氏は前ニューヨーク市長で民主党の有力候補。驚くべきは広告費で、なんと2019年のテレビ広告費だけで2520万ドル(日本円で約27億円!)という巨額を投じている。それだけイメージアップに躍起になれなければ勝てないということだろう。

米大統領選では「ロゴマーク」や「スローガン」、さらには「アパレル」など企業広告顔負けのブランド要素が創作され、各候補が己のイメージをつくり上げていく。いわば「世界最大のパーソナルブランディングの見本市」なのだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

還暦を迎えた「ヤン坊マー坊」。第二の人生は?

  画像引用:https://www.yanmar.com ヤンマーは9月5日、マスコットキャラクター“ヤン坊マー坊”のデザインをリニューアルしたと発表した。 “ヤン坊マー坊”は、1959年 …

「熱狂ブランディング」の終息か コロナショックで夕張メロンの落札額が98%ダウン

北海道夕張市特産の「夕張メロン」のことし初めての競りが行われ、最高落札額は2玉12万円と去年のおよそ40分の1でした。卸売会社では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、消費の低迷も影響したとみています …

“マイルドダンディ―” 京セラが提唱する新しい消費者像

次の時代の新たな男性像 (中略)「マイルドダンディー」とは、どんな男性なのか。 古き良き「ダンディー」には、ギラつき感や高級志向のイメージが伴うが、そういったものが重視されなくなり、質実をとる紳士像― …

不評の「SHIRO」リブランディング。消費者は何に怒ったのか?

コスメティックブランド「シロ(SHIRO)」が、2019年秋にリブランディングを行い、ブランドロゴやパッケージをリニューアルしたことについて、SNSで不満の声が上がっている。これを受けてブランドと同名 …

「ブランドイメージが落ちる」~南青山児相の説明会

東京・港区は15日、南青山の一等地に児童相談所(児相)を含む複合児童施設の建設を計画している件で、前日14日に続き大規模説明会を開いた。説明会は計6度となるが、近隣住民が「ブランドイメージが落ちる」な …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
カミソリ
「替え刃モデル」の歴史と未来〜ジレットのカミソリからアマゾンの発注ボタンまで〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
ユニクロ
ユニクロのポジショニング戦略とは? カギは「割り切り消費」
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
4p
成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは