ブララボの目

福岡のリゾート地「糸島」は全国ブランドになるか?

投稿日:2019年7月11日 更新日:

糸島の冬の味覚として人気を集めている「糸島カキ」が、特許庁の「地域団体商標」に登録された。糸島漁協が統一ブランドとして売り込もうと2年前に申請した。登録を機に品質を高めて全国にPRするため、今秋のシーズン入りに向けた企画を練っている。

(中略)

地域団体商標は、地域名と商品名を合わせた商標として登録することで地域ブランドを保護し、競争力の強化と地域経済の活性化を支援する制度。糸島カキの登録に当たっては全国での認知度を示す必要があった。全国発送の証しとなる宅配便の伝票数や全国放送での登場回数などを特許庁に示し、登録にこぎ着けた。

西日本新聞 2019/6/22
「糸島カキ」地域団体商標に ブランド力向上へ漁協がPR企画

福岡市中心部から電車で40分。夏場は海水浴客でにぎわうビーチや絶景スポット「白糸の滝」など福岡市民の手近な憩いの場として知られる糸島市。2018年2月には福岡空港内に地元食材を使ったフードやドリンクを提供する「カフェ&バル糸島」をオープンさせるなどブランディングに拍車がかかる。

ニュースが伝える「糸島カキ」もそんな糸島が生んだ新しいブランド牡蠣。昨秋から今春までの昨シーズンは約525トンを生産。週末を中心に営業するかき小屋、販売所計30軒に約53万4千人が訪れたというから、一特産品の域を超えていると言えよう。

大都市から近いという地の利と、豊かな自然、そして美味――高い観光ポテンシャルを持つ糸島ブランドが全国区になる日は意外と早く訪れるかもしれない。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

-ブララボの目

関連記事

「DJしんじょう君」のフェスが好評 高知の地域ブランディング

今年1月に「DJしんじょう君」の本格始動を宣言してから初となるイベント「しんじょう君のスキヤキ高知!フェスティバル」のチケットが完売続出となる人気ぶりとなっている。 4月13日(土)に大阪府住之江区の …

技術・生産志向産業の、プロダクトアウトからマーケットインへの道

2019食の陣CRAFT「クラフトビール&ピンチョス&春の陣」が、2019年5月24日(金)〜5月26日(日)に開催になります。 2019食の陣CRAFT「クラフトビール&ピンチョス&春の陣」は、今年 …

トヨタ「終身雇用を守るのは難しい・・・」~日本企業の正念場 コーポレート・ブランドとスチュワードシップ・コードの相克~

日本自動車工業会・豊田章男会長:「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」 トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセ …

大手コンビニの相次ぐ「駅ナカ化」の背景 ブランド認知度向上作戦

駅ナカに“日本最小級”のローソンが続々とできている。いわゆる“駅ナカコンビニ”だけでなく、駅のホーム上や改札付近にも小さな店舗ができているのだ。最も小さな店舗は売り場面積が約6.6平方メートルで、“日 …

日産「ノート」販売好調を支える「e-POWER技術」の意義

日本自動車販売協会連合会が発表した2018年の登録車の新車販売車名別(軽自動車除く)で、日産自動車の「ノート」が13万6324台で1位となった。日産がこの分野において暦年ベースで1位となるのは初の快挙 …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
7月 4, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
1月 17, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸