Branding Method

デジタルマーケティングの鍵となる「YWN」とは

投稿日:2018年3月23日 更新日:

スマホを持つ女性

デジタルマーケティングの時代、ネット上で自社の製品やサービスを力強くリコメンドしてくれるインフルエンサーの重要性はますます増しています。仮に自社の製品のボリュームゾーンが中高年層であっても男性層であっても、強力なインフルエンサーのセグメントである「YWN」を味方につける必要があります。すなわち若者(Youth)と女性(Women)とネティズン(Netizen)を惹きつけるマーケティングです。

若者から取り込み主流市場へ

若者たち
日本では少子高齢化により若者が減少していますが、新製品を爆発的にヒットさせるには、若者の心をつかむことが大切です。なぜなら彼らは新しい技術やサービスに真っ先に飛びつく「アーリーアダプター」だからです。

今でこそ若者離れが指摘されるフェイスブックも、大学生の交流の場としてスタートしました。アップル・ミュージックなどの音楽ストリーミングも若者世代によって主流市場に持ち込まれました。

もう一つ、若者は「トレンドセッター」であることも挙げられます。彼らのトレンドは非常にすばしこく、移り変わりやすい。彼らのトレンドを追いかけるのは骨が折れますが、マーケターにとってそれは、近い将来に起こるトレンドを把握する恰好の訓練になるでしょう。

商品を探し、購入・口コミしてくれる女性

女性の集まり
女性セグメントが重要なのは、彼女たちがインフォメーション・コレクター(情報収集家)であり、ホリスティック・ショッパー(全体を見て判断する買い物客)であるからです。すなわち、ネットで熱心に検索し、製品を探し、価格はもちろん、機能面、感情面など全体を考慮して購買してくれるのは、女性であるということです。

そのため商品のために莫大な予算を広告につぎ込まなくても、はじめはブランド認知度が低くても、真の価値を提供できれば、女性はあなたの製品を探し出し、購入し、口コミしてくれるということです。

なお女性はハウスホールド・マネージャーであることも大きな要素でしょう。簡単に言うと、家庭の財布を握っているのは多くは女性であるということです。

伝道者になるネティズン

ネットユーザー
3つめのセグメントはネティズンです。ここでは否定的な意味ではなく、投稿などを通じて積極的にインターネットの発展に貢献する人々のことです。彼らは時には強烈な批判者になったり荒らしになったりいじめを起こしたりしますが、ブランドを熱烈に推奨する伝道者にもなります。フォロワー、ファン、フレンドという「Fファクター」になってくれるのです。

YWNを味方につける方法

では、若者、女性、ネティズンを味方につけるには、どうすればいいでしょうか。飲食店ならば、思い切って「若い女性に人気の店」にリニューアルするのも一つの手です。

不思議なことに「男性に人気の店」という触れ込みのフレンチ・レストランは惹きつけられないのに「若い女性に人気の店」というレストランならば、「行ってみようかな」と思ってくれる傾向があります。女性がより感性が鋭く、情報収集能力が高いという認識が、多くの人にあるからでしょう。

ネティズンを味方につける手はいろいろ考えられます。彼らが集まるコミュニティを自ら作って、そこでの意見を吸い上げることもいいでしょう。思わずツイッターやインスタグラムに載せたくなるような、ネティズンを惹きつけるイベントやビジュアルを作ることも重要です。

コトラーが語るYWNの重要性

マーケティング理論の大家であるフィリップ・コトラーは『コトラーのマーケティング4.0』で、「若者と女性とネティズンは、三者全体で、デジタル経済におけるマーケティングの鍵を握っている」と話しています。彼らの消費者行動を追うことが、デジタルマーケティングを成功させる第一歩といってもいいでしょう。

関連記事

下町ロケット2の世界は実現するのか IT×農業(スマート農業)による 農業での働き方改革

中小製造業メーカーを舞台にした下町ロケットは、根強い人気を誇っています。2018年~2019年にかけての放送でも、高い視聴率をキープしました。この作品の中で話題となったのが、農業のハイテク化です。今回 …

採用ブランディングのターゲット設定と3C分析

採用ブランディングについて その2 まずは採用ターゲットを明確に 採用ブランディングにおける重要な第一歩は「自社に必要な人材を明確に絞ること」です。人材を確保したいと願いながら、ターゲットを絞ってしま …

シンポジウム

【価値のリ・デザインとは!?】第5回公開シンポジウムレポート【前編】

今回は、昨年2015年10月24日に行われたブランド・マネージャー認定協会主催の「第5回公開シンポジウム」の模様をお伝えします。 会場の東京国際フォーラムに集まっていたのは、実際にブランディングに携わ …

価格競争からの脱却!付加価値を高めて利益率を上げよう

近年市場の価値が多様化しコモディティ化が進む中、価格競争が激化しています。特に中小企業にとって、この状況は非常に厳しいもの。価格競争による低価格化が進むと、企業の利益が減り、経営が圧迫されるからです。 …

ハーモニカ横丁と日本の教育 個性重視の教育と文化の結果、生み出されたもの

西東京にある多くの人を惹きつける街、吉祥寺。 毎年恒例の住みたい街ランキングでも、常に上位に入る人気の街です。 関東 住みたい街ランキング2019 https://suumo.jp/edit/sumi …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜