Case Study

ユニクロのポジショニング戦略とは? カギは「割り切り消費」

投稿日:2018年5月25日 更新日:

ユニクロ

カジュアル衣料のユニクロは老若男女を問わずベーシックな商品を提供していますが、決してターゲティング(顧客の絞り込み)を軽視しているわけではなく、カジュアルファッションでは目立ちたくないという層や、洋服は割り切って買いたいという層をうまく取り込んでいます。ユニクロの戦略を探っていきます。

コストリーダーシップ戦略で業界をリード

ユニクロはかつて、2900円のジーンズ、1900円のフリースを売り出し、フリースは年間2600万枚もの売上を挙げました。その後、ヒートテックやブラトップといった機能性の高い商品を売り出したり、ファッション性をある程度打ち出したり、値上げも行いましたが、依然コストリーダーシップ戦略(低価格で圧倒的なシェアを獲得する戦略)で国内カジュアルウェア業界をリードしています。

ユニクロは国民服?

ユニクロは「Made for All」というキャッチフレーズを用いたことがあります。すべての人のために製造されたユニクロ、みんなのユニクロという意味です。

一見それは、マーケティングの要諦ともいわれる「セグメンテーション」(市場の細分化)、「ターゲティング」(顧客のターゲットを絞る)、「ポジショニング」(自社の位置取り)の「STP」を行っていないようにもみえます。性別は男女問いませんし、年齢層は子どもから高齢者まで、国内・海外も問いません。高所得者層を除けば、消費者すべてがターゲットのように思えます。いや高所得者層でも、ユニクロの下着を愛用したり、部屋着用に好んで着たりしているかもしれません。

過度なまでに個性のないともいわれるデザインは、消費者の最大公約数を取ったデザインのようにもみえ、柳井正社長のいうところの「国民服」を目指しているようにもみえます。

差別化という名の罠

確かにユニクロの戦略は過度な差別化を行う企業に対する教訓であると思われます。現代の多くの企業は、自社の商品がコモディティ化(低価格の汎用品化)・同質化するのを恐れ、過度にセグメンテーションを行い、ターゲットを絞り、特異なポジショニングを取って、結果ボリュームの少ない市場で戦って売上が上がらないという悪循環に陥っているようにも思えます。「STP」戦略で見落としがちなのは、市場のボリュームです。

その点で、老若男女ほぼすべてを対象としたユニクロは、現代商品戦略の盲点を突いた戦略をとっているともいえるでしょう。

ZARAとは正反対の戦略

しかし、一部の識者がいうような、ユニクロは「市場とターゲット、ポジショニングをあえて絞らない」という指摘は正しくないのではないでしょうか。ユニクロはH&M、ZARAなどと競合するといわれますが、実際はポジショニングが異なります。むしろ正反対といえます。

H&MやZARAは多品種少量生産で、商品リードタイムが短く、流行やトレンドに応じて商品を投入できます。商品のラインアップも非常に多いです。ファストファッションの代表格です。

一方、ユニクロは、少品種大量生産であり、商品はより安く、品質も安定しているものの、商品リードタイムは長く、流行やトレンドを追ってはいません。「スローファッション」とも呼ばれるゆえんです。商品アイテム数もZARAやH&Mに比べて10分の1ともいわれます。

「割り切り消費」に応える

当然、ターゲットも異なります。ユニクロの消費者像は、ファッショナブルよりベーシック、「こだわり」より「割り切り」といえます。
「ベーシック」で「割り切り」というと、ファッションに鈍感、没個性、どちらかというと低所得者層と思われがちですが、違います。日本人の特性として、ファッションはあえて目立ちたくない、無難な方がいいという考え方が多いです。「服に個性があるのではなく、着る人に個性がある」(柳井社長)と考えている人も多いでしょう。

そして「消費」に関しては、「こだわり消費」と「割り切り消費」の二極化という動きがあります。日常的なアイテムは割り切って考えても、自分のアイデンティティに関わるアイテムはこだわっていく、そういう考え方です。ですから「勝負服」は高級ブランドから選んでも、普段着はユニクロでいいと考えている人も多いと思われます。

無印良品との共通点

こうみてみると、以前コラムで紹介した、「これがいいよりも、これでいい」というメッセージを発している無印良品との共通点がうかがえます。老若男女すべての人に対して、あえて個性を前面に出さない商品を提供し、消費者に「これでいい」という合理的な判断をしてもらうこと。ユニクロも無印良品も、市場のボリュームゾーンを狙いながらも、しっかりとポジショニングしているのです。

関連記事

ニトリ

ニトリの成功の秘密!? 〜変わらない創業者のロマン〜

(出典:http://www.nitori.co.jp/) 「お、ねだん以上。」のキャッチコピーで知られる家具・ホームファッションの専門店「ニトリ」。郊外に大型店舗を多く出店して成長を続け、30期連続 …

CRAFT-BOSS

クラフトボスの「クラフト感」って? ブームだけじゃないヒットの理由

(出典:https://www.suntory.co.jp/softdrink/craftboss/) 2017年4月の発売開始から9カ月で2億4000万本を販売したサントリーのコーヒー飲料「クラフト …

ゴンチャ

【商品分析】Gong cha(ゴンチャ)はアリ!本格的な台湾茶が手軽に飲める感動

(出典:http://www.gongcha.co.jp/) 2006年に台湾で誕生、今やアジアを中心に世界1500店舗以上を構える台湾茶ドリンクショップ「Gong cha」(ゴンチャ)。日本1号店が …

デビアス

実は広告メッセージだった「婚約指輪は給料の3カ月分」 デビアス社の巧みな戦略

(出典:https://www.debeers.co.jp/bridal) 多くの人が慣習として覚えている「婚約指輪は給料の3カ月分」。しかしこれはもともと、ダイヤモンド・ブランドのデビアス社の広告メ …

老夫婦

終活ビジネスで新たな市場を開拓!「イオンのお葬式」が独自のサービスでブランドを確立できた理由とは?

ここ数年、よく耳にするようになった「終活」。いわゆる「人生の終わりのための活動」のことを言い、生きているうちに自分の葬儀の準備などを行う高齢者が、年々増加しています。終活に早くから注目して、終活ビジネ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは