話題の事例

TOTOが「おもてなしトイレ」を導入 空の玄関から日本の強みをアピール

投稿日:

TOTOは日本の玄関口とも言える成田国際空港第一ターミナルビルの南ウイング1階に、IoTを活用した“最先端のおもてなしトイレ空間”「experience TOTO」を設ける。開設に当たってはNTT東日本、株式会社バカンと提携する。サービス開始は4月3日。

(中略)

しかし訪日外国人の中には、多くの操作ボタンが存在する日本の多機能トイレに不慣れな人も多く、トイレの使い方を啓発する掲示もあちこちに見られる。日本のトイレはハイレベルなあまり、難しいのだ。

新たにTOTOが設けるトイレには、日本の多機能トイレに不慣れな人でも快適かつスムーズに使用できる機能が備わっているのだ。

TOTOが2018年10月に発表した「訪日外国人旅行者アンケート調査」では、観光地のトイレが“きれいなトイレ”だと、7割以上が「観光地のイメージがよくなる」と回答している。トイレ環境は国のイメージを大きく左右する要因のひとつなのだ。

TOTOはこのような調査結果から、「experience TOTO」を通して温水洗浄便座「ウォシュレット」に代表される“日本のきれいなトイレ文化”を観光客に体験してもらおうと考えた。

Forbes Japan 2019/02/28
「おもてなしトイレ」は、日本のイメージアップにつながるか

TOTOは2019年4月より、「experience TOTO」なる最先端トイレを成田国際空港へ導入する方針だ。すでに「日本=綺麗な国」という図式が確立されているが、国際線ターミナルのトイレを清潔かつ高性能にすることで、さらなるイメージアップを目指すのだという。同社は高品質な日本のトイレを、独自の文化としてアピールできると捉えているのである。

そして同時に、この取り組みは自社ブランドのアピールにもつながる。experience TOTOの機能だが、IoT導入による多言語化のほか、タブレットの搭載によって直観的な操作が可能だ。おそらく使用した外国人観光客の多くは、先進国でも比類ない性能のトイレにインパクトを受けるとともに、「TOTO」というブランドネームを深く目に焼き付けることだろう。

加えると、TOTOのイメージ戦略は外国人観光客に対してだけでなく、ステークホルダーにもしっかり向けられている。経営状態や財務情報はもちろんのこと、ESG(※)への取り組みも逐一公開しているのだ。企業の核となる理念を伝えることは、国内外の消費者や顧客に対し、ポジティブなイメージを与えることができる。

TOTOが衛生陶器のトップメーカーとして地位を確立しているのは、技術力は当然として、こういったイメージ戦略の功績が大きいのかもしれない。

※ 「環境(Environmental)」「社会(Social)」「企業統治(Governance)」の頭文字をとったもので、企業の長期的な成長には欠かせない要素

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

ブラックフライデーとブランドの価値狂騒

【冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」を展開するイオンサヴールは11月28日~12月1日、Picard 初の試みとなる「Picard ブラックフライデー2019」を開催する。 ワインにぴったりの …

ロゴマークはスマホで自作する時代?

起業、新規事業、副業(複業)——。 働き方や稼ぎ方、生き方が一様でなくなってくる時代だからこそ、所属する起業以外の名刺やロゴが必要な機会は増えている。 プロトタイピング的に新しいサービスをつくってみた …

自販機が地域ブランディングに貢献する?

宮崎市にあるみやざきアートセンター付近に設置された自販機。一見するとどこにでもある自販機だが、さも当然のような顔で「鶏の炭火焼き」「冷や汁」が並んでいる。 自販機の中でも異様な存在感を放っているこちら …

上野駅の手書きホワイトボード 利用者の苛立ちを緩和してファン獲得

東京・上野駅に設置されているホワイトボードが、乗客を和ませている。 このホワイトボードは、広い上野駅の入谷改札にあるもの。「定期券購入は、もうお済みですか?」と書かれたボードでは、「3月末から4月上旬 …

コメ「特A」過去最多 魚沼コシも返り咲き 18年産食味

日本穀物検定協会(東京・中央)が27日発表した食味ランキングで、2018年産米は最高位の「特A」が過去最多となった。出品全体の3分の1を占め、ブランド米競争に拍車がかかっている。新潟県魚沼産コシヒカリ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは