Branding Method

チームブランディングのススメ 組織を強くしブランドを伝える

投稿日:2015年10月8日 更新日:

いかなる企業においても、課題のない企業はないでしょう。

「従業員が自ら進んで仕事をしてくれない」
「職場の連帯感が薄い」
「社内のコミュニケーションが足りない」
「顧客に対し自社の価値をうまく伝えられていない」

など、業種や事業規模によってその内容も様々です。そのような課題を克服するための一つの切り口として挙げられるのが「チームブランディング」です。
今回は、チームブランディングが組織に対し果たす役割について紹介します。

チームブランディングとはインターナルブランディングの一環

社内でブランドの価値観を共有するインターナルブランディング

そもそも、企業が自社の商品・サービスや自社自身をブランド構築しようとした場合、消費者・顧客や取引先など、企業の外に向かって行うだけでは不十分です。
ブランド構築は経営幹部はもちろん、企業で働くすべての従業員においてできていなければなりません。従業員一人ひとりが自社の商品・サービス、自社自身についてしっかりブランドを意識し動くことで、品質管理や顧客対応が可能になるのです。

このように社内でブランドの価値観を共有し、社員の意識や行動をブランドの方向性と合わせていこうという取り組みをインターナルブランディングといいます。逆に一般的な消費者・顧客など社外に対するブランディングをエクスターナルブランディングといいます。

branding_061

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

チームブランディングとは

このインターナルブランディングの一環として考えられるのがチームブランディングです。 一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会では

「チームブランディング」とは、「ブランディング」×「チームビルディング」を組み合わせた造語です。

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

と定義しています。企業や商品・サービスのブランド構築を行うプロセスと、強いチーム作りのプロセスを同時に行うことを指します。

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

チームブランディングと通常のブランド構築との違い

通常、ブランド構築は一部の関係者や外部の専門家が行い、ブランドとして作り上げたものを現場の社員に伝え浸透させていきます。
一方、チームブランディングでは、現場の社員がチームとなってブランド構築段階から関わり、自分達で考えブランドを作り上げていきます。 これにより「自分たちのブランド」という意識が生まれ、ブランドと社員との一体感が高まっていくのです。

こういったことから、チームブランディングはインターナルブランディングの一環として位置づけることができます。

チームブランディングの目的

チームブランディングの目的は以下のようなものが挙げられます。

  • 市況に左右されないブランドをチームで作ること
  • チーム全員が経営戦略を理解し、目標に向かってともに歩んでいけること
  • チーム全員が経営戦略、経営目標を意識して働ける環境、風土をつくること
  • チーム全員で業務品質を高めること
  • 企業姿勢・存在価値・企業価値を見えるカタチにすること
  • 自社をこよなく信頼してくれるファンをつくること

このような様々な目的に対し、部門間の垣根を超えて連携し、優れた商品やサービスを生み出すことをチーム一丸で行うのがチームブランディングです。

チームブランディングを実践した結果

結果として、お客様に価値ある商品・サービスを提供し、選ばれ続けることが可能になります。チームブランディングでは、チームに「答え」を与えるのではなく、グループワークを通して自分たちで考え、自由に意見を交換し合い、「自社の価値感」や「お客様、スタッフの価値観」を深く理解し、共通点を発見していきます。

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

チームブランディングに関わる人とは?

チームブランディングを行うにあたって、実際にどのような人が関わり、どのような役割で参加すればいいのでしょうか? 中小企業においては、さまざまな役割を一人の人が兼務していることが多いため、3つの視点に分けて考えるといいでしょう。

第1、ブランド価値を創出する人
製品開発、生産・製造などを担当する人が挙げられます。これらの人はブランド価値を生み出す源である「商品力」を生み出す役割があります。

第2、ブランド価値を伝達する人
広告、宣伝、マーケティング、営業などがそれにあたります。生み出されたブランド価値を消費者・顧客、ビジネスパートナー、マスコミなど外部に迅速かつ的確に伝え、興味を喚起し、購買を促す役割を担っています。

第3、インフラに関わる人
人事部門や社員を教育する人です。全従業員がブランドへの信頼感、安心感、活力を持って仕事に挑み、ブランドのために働けるようにするため、企業の中核となる基盤としての役割を果たします。

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

チームブランディングは上記のような人たちをチームメンバーとし、部門間を超えた社内プロジェクトとして行うようにします。こうして従業員自らが考えブランディングを行うことで組織としての一体感が生まれ、社外に対しても企業価値(=ブランド)を伝えることが可能になるのです。
もし自社に何らかの課題を抱えているなら、一度チームブランディングを実践してみるのはいかがでしょうか?

関連記事

2018年

2018年のヒット予測【BRANDINGLAB編】

今回はBRANDINGLAB編集部の独断と偏見で、2018年のヒット予測TOP10を作りました。 それぞれ動向を注目していきたいトピックで、今後のコラムのネタとしても考えています。 2018年のヒット …

ランドセルをもつ孫と祖父母

「6ポケット」と「ラン活」で活性化するランドセル市場

ランドセル市場が活況を呈しています。その理由を考えていくと、成熟化にむかう日本の中小製造業においても、大いにビジネスチャンスがあることがわかります。 少子化のなかで成長するランドセル市場 少子高齢化社 …

セグメンテーションとターゲティング

ブランド構築における「セグメンテーション」と「ターゲティング」の考え方!

ブランディングや新商品の企画において、それを誰に買ってもらいたいか、当然のようにターゲットの設定をすることがあると思います。その際、ターゲットは広すぎても、最初から絞りすぎても正解ではありません。 そ …

コロナに勝つための短期勝ち残り戦略フレーム「SCAMPER」 「選択と集中」ではなく「選択を増やすことに集中する」発想の転換     ~ 帝国航空でなくANAホールディングスを事例として ~

COVID‐19ウイルス(通称:新型コロナウイルス)の世界的蔓延から、半年以上が経過しました。収束の気配はまだ見えず、経済活動にも様々な制約と影響が出ていります。 各企業での業績も厳しい結果となり、緊 …

景気回復の中、まだまだ売上高は低迷…今こそ経営戦略を見直すとき

景気が低景気が低迷していた2014年上半期から、徐々に回復してきた日本経済。 しかし、依然として売上高は横ばい傾向にあり、円安の打撃を受けている中小企業は多い状況が続いています。これまでのやり方を続け …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測