マーケティング

広告の反応が落ちている…でも改善方法はここにあり!

投稿日:2015年4月1日 更新日:

iStock_000016168857_Medium

広告や販売促進には多くのコストがかかります。そのため普段から、広告反応の動向を見ている方も多いでしょう。しかし広告の反応が落ちてきたと感じたとき、どのように改善すればいいのか頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?
今回は、広告を改善するために有効な方法について紹介します。

広告の反応は落ちるもの、は間違い

近年広告媒体が多様化し、ひとつの媒体における広告の効果は落ちてきているといわれています。例えば、これまでのテレビコマーシャル、新聞広告、雑誌広告、ラジオといった4マス広告に加え、交通広告、看板、チラシ、DMはもちろん、インターネットの普及が最大の要因です。

また、同じ媒体、同じクリエイティブの広告を、同じターゲットに同じ量投下すると、どうしても前回に比べて広告の反応は下がってきます。そこでやみくもにクリエイティブを修正したり、媒体を変えてみるだけだと、うまく効果があがらず無駄なコストがかかるだけとなってしまうことも。

広告の媒体やクリエイティブを見直す前に、先に見直すべきポイントがあるのです。

広告を打つには、ターゲット考えることが必要不可欠

Business woman with arrows and questions sign above isolated on

広告の効果を上げるためには、ただクリエイティブ変更を行えばいいというわけではありません。何の方針も立てずに変更を施しても、望むような成果は得られないからです。
大事なのは、まずどこが悪いのかを見極め、どのように変更し、どのくらいの成果を上げたいのかを考える必要があります。つまり、仮説を立てることが大事なのです。

また、仮説を立てるときにはターゲットが定まっていなくてはなりません。自社の商品やサービスの特徴を考え、それを必要とするターゲットについて深く知ることが大切です。

それにはまず、自社商品の市場におけるポジショニングを確認します。競合商品との位置関係、自社商品の強みと弱みの分析から想定されるターゲットを導き出します。

ターゲットは絞りこむことが重要

 

be different, be the one

また、適切なターゲットを設定したら、今度は絞りこんでいくことが大切です。絞り込んでいくということは、市場をさらに細分化し、ターゲット像を明確にしていくことです。そして、自社の商品やサービスの対象者となるターゲットが、

  • どんな人なのか
  • どんな悩みを持っているのか
  • どんな嗜好をしているのか

など細かいペルソナを描きます。

このようにターゲットを絞り込むことで、ターゲットに対し、どのようなアプローチをすればいいのかが見えてきます。

また、こうして設定して行った広告が思うように反応が得られなかった場合は、設定したターゲットが的外れになっていないか、また、ターゲットにとって本当に響くクリエイティブなのか、振り返って改善していくことも必要です。このように、ターゲットに対し常に現状を分析して改善するPDCAサイクルを回すようにしましょう。

ブランディングについても意識してみよう

ターゲットを再設定してクリエイティブを変更する際には、もう一つ、エッセンスを加えるのをおすすめします。それは、「ブランディング」です。

Brand

「ブランディング」とは、設定したターゲットに自社の商品やサービスを識別してもらうための付加価値を加えることです。

そのために、まずは自社の商品やサービスを「ターゲットにどう思ってもらいたいか」を明確にします。それを、できるだけ端的な言葉で表現します。その際、キャッチコピーのように奇をてらった言葉を使う必要はありません。自社の商品やサービスがターゲットに対しどのような価値を提供できるのか。それを明確にすることで、作るべきクリエイティブの方向性が見えてくるというわけです。

広告の反応が落ちてきたからといって、落ち込む必要はありません。大切なのは、常に現状を分析し改善するPDCAサイクルを行うという習慣をつけることです。単にクリエイティブだけを見直すのではなく、より上流にあるターゲット設定から見直すようにしましょう。

-マーケティング

関連記事

アキュアパス

アプリ連携やブランドのミックスが進む自動販売機の今

(出典:https://www.acurepass.co.jp/) 街を歩いていれば必ずといっていいほど置いてあるのが自動販売機(以下、自販機)。最近では違う飲料ブランドが併売されている自販機や、「イ …

VR

VRやAIなどの新技術が躍進!2016年のヒット商品、2017年のヒット予測ベスト30!

日経BP社による月刊情報誌「日経トレンディ」が毎年行っている年間のヒット商品と、来年のヒット予測ランキングが今年も発表されました。今回は、そのランキングを紹介したいと思います。 2016年のヒット商品 …

ソーシャルギフト

マーケティングやブランディングでも注目を集める販促手法「ソーシャルギフト」とは?

スマートフォンの所有率が7割※を越え、いつでもどこでもインターネットやSNSにアクセスできるのがあたりまえとなってきています。そんな中最近では、SNSを使ってプレゼントを贈れるソーシャルギフトが新たな …

btobマーケティング

BtoBマーケティング8つの特徴とは?

コンテンツマーケティングの流行や、マーケティングツールの台頭により、いま注目されているBtoBのマーケティング。今回は、BtoCと比較しながらBtoBマーケティング8つの特徴をご紹介します。 BtoB …

カスタマージャーニー

コトラーが提唱する5A理論のポイント

フィリップ・コトラーの提唱する5A理論は、インターネットやSNS時代を反映させた購買プロセスの理論です。企業は顧客の「好奇心」や「親近感」を高まらせて、購買へ、そして見込客の紹介へと導く施策を打つべき …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
12月 28, 2015 に投稿された
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
7月 4, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸