コロナ時代 ブランドの「選択と集中」で経営革新・後編  ~資生堂 パーソナルケア事業ブランドを売却~
前編では、資生堂の日用品(パーソナルケア事業)事業の売却は、「選択と集中」による戦略展開であるという結論付けを行いました。 後編では「選択と集中」という戦略が正しいのかを検討していきたいと思います。 前編で確認した資生堂の今後の戦略方針図を、再度見直しつつ検証します。
コロナ時代 ブランドの「選択と集中」で経営革新・前編  ~資生堂 パーソナルケア事業ブランドを売却~
資生堂が、主力事業の一つであるパーソナルケア事業の売却を決めました。 資生堂は、ここ数年の経営改革とインバウンド需要の後押しを受けて業績が好調に推移していたものの、世界的な感染症問題に影響を受けて商品需要が急減し、今期の中間決算では大幅な赤字となりました。 今後の感染症問題の余波がどの程度続くのかがわからないことを考慮し、早めに事業構造の転換を行ったのではないかということが窺えます。 このような資生堂の日用品(パーソナルケア事業)について、フレームワークを用いて可視化してみます。
「+J」に見るユニクロブランドの成長
かつてユニクロとファッションデザイナーのジル・サンダー氏でパートナーシップを結んで立ち上げた「+J」が、2020年秋冬モデルを発表し、復活しました。 「+J」を立ち上げた2009年から復活を成し遂げた2020年に至るまで、この激動の期間にどのような試みを行い、現在のような有力ブランド企業の立ち位置まで上り詰めることができたのか、ブランドポジションの変遷を検証してみます。
ブランディングは「攻める」だけでなく会社を「守る」大役がある
自社と同じ業界で不祥事があった場合、業界全体の信頼性が損なわれ、関係の無い自社に飛び火し、自社の経営に悪影響を及ぼす可能性があるかもしれません。 そんな飛び火に対する火災保険ともいえる策に、企業のブランディング活動があります。 ブランディングを改めて「守り」として、効力を発揮する企業の見えざる資産であることを知ると良いかと思います。
ローソンのスイーツから学ぶブランド・ポジション戦略 ~ 5FORCES分析でコンビニスイーツを考察 ~
今、どこのコンビニに行ってもスイーツは買えますが、なかでもローソンのスイーツがとても人気が高く、かなり早い時期からコラボ商品なども多く販売しており、新作も次々とヒットとなることで勢いに衰えが見えません。 かつてローソンは大きなヒット商品が生まれず、コンビニ業界でもあまり目立たない存在になっていましたが、現在ではもはや「コンビニスイーツといえばローソン」というイメージも定着しつつあります。 なぜローソンはヒット商品を発信できるようになったのか。それは、外部環境を分析して時代の波を捉え、それに対してきちんとブランド戦略を実行したことにあるでしょう。
後発ブランド“楽天モバイル”の本当の狙い  ~楽天ブランドから学ぶ業界常識の破壊を考察~
昨今、日本政府の要請で携帯電話企業は利用料金を引き下げるように求められています。携帯大手3社であるドコモ、au、ソフトバンクは利用料金で収益の大半を稼いでいるため、料金引き下げは業績の悪化に直結し、場合によっては経営が成り立たなくなる恐れすらあります。そんな渦中、後発で携帯市場に参入した楽天モバイルにとってはかなり厳しい要請になるのではと想像しがちです。 しかし、これを一歩引いて“EC関連総合サービスを展開する大手企業の楽天グループ”として見ると、携帯でマネタイズすることに固執する必要がないことが分かります。

新着コラム

RIZAPのブランド価値向上経営への挑戦 のれん代とブランド価値

2019/07/19   -Case Study

前期まで急成長を続けてきたRIZAPが、2019年度決算を発表しました。 ライザップ決算、193億円の赤字。膨れ上がったグループ企業の”ダイエット”は最小限にとどまる 個別指導のトレーニングジムなどを …

会計不祥事を起こした企業の存続をかけた復活劇 企業ブランド価値再生

2019/07/16   -Branding Method

上場企業の会計不正にまつわる、2018年度の調査結果が発表となりました。 2018年度全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査 2018年度(2018年4月-2019年3月)に「不適切な会計・経 …

採用ブランディングの決め手は継続的な発信と接点の創出

2019/06/27   -Branding Method

採用ブランディングについて その5 重要なのはターゲットを絞った情報発信 既に述べてきたように、「採用ブランディング」とは世の中の万人をターゲットとした取り組みではありません。自社の将来の成長にとって …

ローカル線は廃線の道を辿るしかないのか?銚子鉄道から学ぶ、弱者の生き残りマーケティング戦略

2019/06/24   -Case Study

地域経済の足となってきたローカル線ですが、一時的なローカル線ブームも落ち着き、人口減少に伴う利用者不足の影響により、廃線となる路線が再び増えてきています。 石勝線夕張支線が126年と5か月の歴史に幕… …

科学的にブランディングを考察する ロジカルシンキングを用いたブランディング戦略

2019/06/20   -Branding Method

ブランドにはさまざまなものが存在していますが、簡単に整理すると、基本的には2つのものがあると考えられます。 それは、 ①これから新しく作り上げるブランド ②既存のブランド の2種類です。 これらを定義 …

MBAホルダーとコンサルタントの思考法と問題解決手法の違い これらを有効に機能させるために必要な見極めは

2019/06/14   -Branding Method

業績が堅調な各企業において、新規事業の立ち上げや業務改革に伴うコンサルティング会社の利用機会が増加し、コンサルティング会社の業績も好調となっています。 【業界研究】コンサルティング業界の現状・動向・課 …

毀損したブランドは、甦ることができるのか 大塚家具のお家騒動に見る、傾向と対策

2019/06/12   -Case Study

日本中を巻き込んだ大塚家具のお家騒動は、大塚家具の経営不振により、新たな展開を迎えることとなりました。 大塚家具社長、実父と和解へ=経営権争奪から4年ぶり再会-新団体で協力 https://www.j …

カスタマージャーニーマップを採用ブランディングに活用する

2019/06/08   -Branding Method

採用ブランディングについて その4 「カスタマージャーニーマップ」は、顧客が商品を知り、購入し、その後に評価やレビューを行うまでの一連の流れを時系列に並べ、顧客の行動や心理状態を可視化したもので、マー …

懐古ゲーム機による消費意識の転換 「癒し」のマーケティング戦略 なぜ、今、ファミコンミニ・メガドライブミニを発売するのか

2019/05/27   -Case Study

かつて、1980年代~1990年代に玩具市場を席捲したゲーム機が、ここにきて次々と復刻される動きが出てきています。 「メガドライブミニ」9月19日発売 6980円 https://www.itmedi …

景気後退時のブランド戦略 企業の未来を守る経営戦略とは

2019/05/24   -Branding Method

アベノミクスによる景気拡大が続いてきた日本経済ですが、再び暗雲が立ち込める事態が発生してきています。 景気悪化の公算大 専門家「間違いなく下方修正される」 景気動向指数の基調判断が、およそ6年ぶりに「 …

ZOZOTOWNは復活するか? ネット専業企業のリアル店舗によるマーケティング戦略の有用性

2019/05/21   -Case Study

ゾゾタウンを運営する、ZOZOの苦戦が続いています。 ゾゾタウンが有料会員制の割引サービスを終了、海外PBも撤退 東証1部上場で衣料品通販サイトの「ゾゾタウン」を運営する「ZOZO」は、5月30日をも …

「わたし、定時で帰ります」を実現することによる、ブランディングの効果 令和時代の企業・個人のブランディング

2019/05/17   -Branding Method

TBSテレビで放送されている、「わたし、定時で帰ります」が話題となっています。第1話以降も視聴率は好調をキープし、ネットでの支持も徐々に広まってきているようです。 TBSテレビ 「わたし、定時で帰りま …

自社の採用ブランドの問題点を特定する

2019/05/14   -Branding Method

採用ブランディングについて その3 現在の採用ブランドの問題点を知る 採用市場における自社のポジショニングと、採用競合企業が明確になれば、次に取り組むべきなのは、現在の「採用ブランド」の問題点を知るこ …

機能性アパレルを巡る、クールでホットな市場競争 ユニクロとワークマンに見る経営とブランド戦略

2019/04/24   -Case Study

  アパレルというと、華やかなイメージをもたれている方が多いのではないでしょうか?今回は、アパレルといってもそのイメージとはなかなか結び付かなかった2つのブランドについて考察してみます。その …

下町ロケット2の世界は実現するのか IT×農業(スマート農業)による 農業での働き方改革

2019/04/23   -Branding Method

中小製造業メーカーを舞台にした下町ロケットは、根強い人気を誇っています。2018年~2019年にかけての放送でも、高い視聴率をキープしました。この作品の中で話題となったのが、農業のハイテク化です。今回 …

採用ブランディングのターゲット設定と3C分析

2019/04/11   -Branding Method

採用ブランディングについて その2 まずは採用ターゲットを明確に 採用ブランディングにおける重要な第一歩は「自社に必要な人材を明確に絞ること」です。人材を確保したいと願いながら、ターゲットを絞ってしま …

パワースポットという地域資源を用いた「茨城県」の新たなブランディングを考察する

2019/04/10   -Case Study

埼玉県を徹底的に揶揄しつつ、千葉県との壮絶な争いと東京への憧憬を描いた内容で話題となった、映画『翔んで埼玉』が大ヒットとなりました。地域に及ぼす影響も大きく、映画に登場した埼玉銘菓は、注文が数倍になっ …

本当に欲しい人材を獲得する採用ブランディングとは

2019/03/17   -Branding Method

採用ブランディングについて その1 採用ブランディングとは? 「ブランド」は、企業が提案する価値と、消費者・顧客のコンタクト体験などが複合的に結びついて作られるもので、一般財団法人ブランド・マネージャ …

インターナルブランディングの現場より その1

2019/03/05   -Branding Method

はじめまして、スタンダードトレーナーの村松利衣です。 私はいま個人事業主で、お得意様のブランド・マネージャーとして、 ブランド構築に携わっています。 実際は、ブランド構築のコンサルティングをしているの …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは