スターバックスとエシカルブランディング プレミアムラインの論拠と証明
スターバックスが1995年に日本に進出して、24年が経ちます。 その間、日本のコーヒー文化は大きく変化しました。 競合企業のタリーズコーヒーは1997年に運営を開始し、元来日本で喫茶店を展開していたドトールは、競合対策でエクセルシオールカフェを別ラインで展開するなど、日本でも一躍カフェブームが到来します。 そのようななか、現在スターバックスで話題を呼んでいるのが、2月に開業したスターバックス・リザーブ・ロースタリー東京(中目黒)です。
ローカル飲食チェーンにおける、地域ダントツのブランド戦略 地場に生き、地場で活きるために
街歩きや地域のローカル文化を紹介するテレビ番組が、現在は非常に多くなりました。 番組の影響力は非常に高く、放送された後には、取り上げられた飲食店は満員が続き、商品は注文が殺到して品切れが続くという、一時的なブームを生み出します。 しかし、ブームというのは必ず去るものであり、その後に継続させるということが何よりも重要です。そのためには、地場で生きるローカルチェーンは、リピーターを獲得する継続的かつ地道な努力を続けなくてはなりません。
ブランド野菜の地域ブランディング~嬬恋村のブランドキャベツ~
嬬恋村のキャベツは全国生産量が1位であり、なおかつ品質の良さから人気が高く、高値で取引される傾向があります。実際にECサイトなどで購入をしようとすると、売り切れとなっている場合も多く、販売していても1玉500円程度と、かなりの値段がついています。そのようなこともあり、嬬恋村のキャベツ農家は収入も高く、地域財政や地域ブランディングにおいてもキャベツはかかせない存在となっています。
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
5月 16, 2018 に投稿された
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
2月 1, 2016 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸