ブランディング基礎

任天堂が挑むブランド拡張〜カギとなるのは親しみやすいキャラクター〜

投稿日:2018年2月28日 更新日:

任天堂のWebサイト

世界的なゲームメーカーとなった任天堂。一貫してゲームユーザーのすそ野を広げることを基本戦略としてきました。その過程で誕生した親しみやすいキャラクターを拡張させ、新たな事業領域の進出にも挑戦しています。任天堂のブランド戦略を見ていきましょう。

「大人も子供も、おねーさんも」

mother2

1983年に据え置きテレビゲーム機「ファミリーコンピュータ」を発売して以来、任天堂は一貫して「親しみやすさ」を追求してきたように思えます。

一例を挙げると、任天堂が1989年に発売したゲームソフト「MOTHER」は、ゲームのトレンドに対するアンチテーゼでした。それまでのRPGゲーム(冒険を通じてキャラクターが成長し、より強い敵を倒していくゲームジャンルの1つ)は、敵を倒すことで経験値があがり、お金ももらえる、一種殺伐とした世界。しかし「MOTHER」においては、敵が負けても「大人しくなる」だけで、自分が負けても「気絶する」だけ。お金はお父さんが銀行に振り込んでくれる。細かな設定の違いのようですが、倒したり、殺したりするゲームに抵抗のあった女性層やライトな層にも配慮したディテールでした。

1994年に発売された続編「MOTHER2」のキャッチコピーは、「大人も子供も、おねーさんも」。まさに誰もが楽しめるゲームづくりという任天堂の基本戦略を一言で表したコピーです。

ゲーム人口の拡大を目指した任天堂

子どもたちがゲームをしている様子

誰でも楽しめる商品の提供。それが任天堂のこれまでの基本戦略でした。任天堂の社長メッセージには次のような記述があります。

「世の中の人々を、商品やサービスを通じて笑顔にしていく」という信念のもと、年齢・性別・過去のゲーム経験を問わず、誰もが楽しめる商品を提案することで「ゲーム人口を拡大する」ことを基本戦略としてきました。

任天堂はこの戦略に徹したときに成功し、逸脱した時に失敗しているのではないでしょうか。例えばソニーの据え置きテレビゲーム機「プレイステーション」に対抗して、ハイスペックを追求した「NINTENDO64」は、ライトな層には受け入れられませんでした。誰もが持っているスマートフォン向けのゲーム開発をかたくなに拒んでいた時期もあります。

一方、タッチペンでの簡単な操作に徹した携帯ゲーム機「ニンデンドーDS」は、子供から大人までに受け入れられました。特に「脳トレ」といわれる記憶力・判断力を鍛えるトレーニングゲームは、中高年という新しい層を開拓しました。据え置き機「Wii」においては、直感的な操作ができるコントローラーで、これまでの高度化・複雑化したゲームのトレンドに一石を投じています。

順調に拡大していったと思われがちなゲーム業界ですが、1997年から数年間、ゲーム市場が縮小し、「ゲーム離れ」が取りざたされたこともありました。そんな中で、コアなゲームファンに迎合するのではなく、ゲームユーザーのすそ野を開拓していった任天堂の戦略は、長期的にみて成功だったといえます。

キャラクターを活かしブランド拡張へ

amiibo

親しみやすさを追求した結果、マリオやカービィなど、愛すべきキャラクターも生まれました。任天堂は「ゲーム人口の拡大」からさらに一歩前進して、「任天堂IP(知的財産)」に触れる人口を拡大することに注力しています。IPにはもちろんこれらのキャラクターが含まれています。

例えば、任天堂の社長は次のような戦略を発表しています。

任天堂のキャラクターをフィギュア化・カード化し、ゲーム専用機と連動することでより遊びの幅を広げるamiibo(アミーボ)の販売や、テーマパークでのキャラクターを使ったアトラクションの展開、映像コンテンツやマーチャンダイジングを通じたキャラクターの露出の拡大

ある製品で確立されたブランドを他の製品やカテゴリーに使用することを「ブランド拡張」といいます。経営学者のデービッド・A・アーカーは、史上もっとも重要なブランド拡張として、「アニメ映画」から「テーマパーク」にブランド拡張したディズニーを例に挙げています。

任天堂も将来的にはディズニーのように、エンターテインメント総合業にブランド拡張するかもしれません。実際にスーパーマリオをテーマとした映画の製作も発表しています。
スマートフォンのゲームが台頭する中で、一時はゲーム専用機の任天堂の危機がささやかれた時期もあります。しかし任天堂は前を見据えて、事業展開の次の手を打っているのです。

-ブランディング基礎

関連記事

日本地図

「東西うどん」から「47都道府県ビール」まで〜花ざかりなご当地メニューの今〜

最近、コンビニやスーパーなどで「ご当地」をウリにした商品をよく見かけます。47都道府県ごとの名前を冠したビールや、本来、東日本と西日本で味を変えている商品が全国発売されるなど、同時に味比べができること …

モスバーガーのとびきりハンバーグサンド

モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜

(出典:http://mos.jp/cp/tobikiri/) 絶好調のマクドナルドや、出店相次ぐ高級ハンバーガー店が話題になる中でも、業界2位のモスバーガーは独自なポジショニングとブランド戦略で健闘 …

イメージダウン悩む

【2016年に話題になったニュースから読み解く】ブランドのイメージ低下

昨年から、企業やブランドのイメージが損なわれるようなニュースが多く報道されています。今回は、ブランドのイメージ低下につながっているニュースをまとめました。 ブランドのルールが徹底されていなかった事例 …

スターバックスの店構え

スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】

今回は、スターバックスの4P戦略のうち、立地戦略(Place)とプロモーション戦略(Promotion)についてみてみましょう。 1300店舗そのものが「広告」に 1996年、東京・銀座に日本1号店を …

リブランディング

【要チェック】リブランディング4つの事例を紹介

ニュースを見ているとリブランディングという言葉を見る機会が多くあります。今回はリブランディングを進めている4つの企業を紹介します。 湖池屋 2017年2月に「KOIKEYA PRIDE POTATO」 …

【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
12月 28, 2015 に投稿された
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
2月 1, 2016 に投稿された
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
3月 30, 2016 に投稿された
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸