Case Study

2020年、日本初上陸のホテル「EDITION」をチェック!

投稿日:2017年7月25日 更新日:

EDITION

ザ・リッツ・カールトンを運営する、世界的に有名なホテル会社「マリオット・インターナショナル」が最高級グレードである「EDITION」を日本で展開すると先日発表されました。虎ノ門と銀座で2020年の開業を目指しており、東京オリンピックに向けたインバウンド需要の取込みが狙いです。

マリオットは5500ものホテルを運営していますが、ブランドのコンセプトは大きく次の4つに分かれています。

  • ラグジュアリー
  • プレミアム
  • セレクト
  • 長期滞在
マリオットブランド

EDITIONはザ・リッツ・カールトンやブルガリ、JWマリオットなどと同様にラグジュアリーに属しています。
内装がそれぞれの都市の雰囲気に合わせたものになっているのが特長で、森トラストの伊達社長は、実際にロンドンなどのEDITIONに泊まり招致を決めました。

五つ星ホテルが50軒以上あるニューヨークやロンドン、パリに対して東京は18軒と、ラグジュアリーなホテルが少なく、その必要性を感じていたのも招致の要因です。その証拠に森トラストは、今後2023年までに10軒(1000室規模)のラグジュアリーホテルの展開を考えていると言います。

また昨年、森トラストは経営する「ラフォーレホテルズ&リゾーツ」の半分である5ホテルをマリオットホテルにリブランディングすることも発表しています。

大手デベロッパーである森トラストですが、マネジメントコントラクト方式※により、こうしたホテル事業を展開することが可能になっています。
※マネジメントコントラクト方式とは、ホテルの建設、所有、経営はしますが、実際のホテル運営はホテル会社が行うことです。

いわゆるチェーンのホテルの場合、ブランドのイメージを大きく変えてしまうような戦略はできませんが、星野リゾートのホテル運営のように、その地域の特色を活かすのがポイントの一つと言えます。今後もホテル業界に限らず、2020年の東京オリンピックに向けた取り組みについては注目していきたいと思います。

関連記事

カルピスのラインナップ

なぜカルピスは100年愛されてきたのか?〜その背景に迫る〜

(出典:http://calpis.jp/lineup.html) 「カラダにピース」でおなじみのカルピス。でも一時期ブランド力が低迷していた時期があるんです。ブランド復活の原動力は技術力、そして創業 …

伊藤園と靴下屋 意外性のあるブランド・コラボレーションが話題に! 異業種同士のコア・コンピタンスを掛け合わせた成長戦略

以前、伊藤園とタビオの意外性のあるコラボレーションが話題となりました。 タビオレッグラボシリーズ「気持ちいいシルクの靴下」を共同開発 https://www.itoen.co.jp/news/deta …

明治 ザ・チョコレートのWebサイト

「明治 ザ・チョコレート」の4P分析〜実は激安戦略?〜

(出典:http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/the-chocolate/) 2016年9月に発売してから1年間で約3000万枚を販売し、一大ヒット商品となっ …

ブランド野菜の地域ブランディング~嬬恋村のブランドキャベツ~

キャベツで有名な嬬恋村で、今年も話題のレースが開催されます。 今年も“キャベツ感”がスゴい!毎年話題の参加賞、遂に公開! 「嬬恋キャベツヒルクライム2019」参加者募集中 8月2日まで サンケイスポー …

モスバーガーのとびきりハンバーグサンド

モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜

(出典:http://mos.jp/cp/tobikiri/) 絶好調のマクドナルドや、出店相次ぐ高級ハンバーガー店が話題になる中でも、業界2位のモスバーガーは独自なポジショニングとブランド戦略で健闘 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~