Branding Method

今さら聞けないマーケティングとブランディング

投稿日:2015年6月8日 更新日:

マーケティングとブランディング。似ているようで実は違います。改めて定義づけようとすると意外とわからないもの。
そこで今回は、様々な著者が定義する内容をもとに解説します。

マーケティングの定義とは

マーケティングという言葉を聞いて思いつくのは?

iStock_000047221908_Medium

「販売促進」
「広告」
「市場調査」
といったイメージが強いのではないでしょうか。それも間違いではありませんが、これらはマーケティング活動の一部でしかありません。

マーケティングの語源は?

「マーケティング」とは、市場で取引するという意味の「マーケット(market)」から派生した言葉ですが、セールスやプロモーションと違い、マーケティングは日本語訳で直接表せません。そのため「マーケティング」を明確に表現する言葉がなく、「広告」や「市場調査」などといったイメージがついているのかもしれません。

マーケティングとは何?

それでは、先人達がマーケティングをどのように定義づけているか見てみましょう。

現代マーケティングの第一人者として知られるフィリップ・コトラーによると

「マーケティングとは、製品と価値を生み出して他者と交換することによって、個人や団体が必要なものや欲しいものを手に入れるために利用する社会上・経営上のプロセスである」
とあります。

また、米国マーケティング協会では以下のように定義しています。
「マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・流通・交換するための活動、一連の制度、プロセスである。」

いずれも、マーケティングとは他者と商品・サービスを交換するための一連のプロセスだと定義しています。

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版

一方、経営学の父として名高いピーター・ドラッカーは

「マーケティングの狙いはセリング(売る行為)を不要にすることだ。マーケティングの狙いは顧客を知り尽くし、理解し尽くして、製品やサービスが顧客にぴったりと合うものになり、ひとりでに売れるようにすることである」
と、マーケティングの目的について明確にしています。

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則

ドラッカーは、一連のプロセスの中でも特に顧客目線に立つ事を強調しており、マーケティングによって顧客のニーズを理解し、顧客に合った商品・サービスを提供することで、自然に売れる仕組みができることを述べています。

改めてマーケティングを定義してみる

以上を踏まえ、改めてマーケティングを定義してみると

マーケティングとは、
対象者(顧客)の目線に沿い、商品やサービスが「売れるための仕組みづくり」

と言えるのではないでしょうか?

 

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

ブランディングの定義とは

ブランドという言葉を聞いて思いつくのは?

iStock_000047221908_Medium

「アップル」
「ルイ・ヴィトン」
「エルメス」などの有名なブランド自体や、

「ユニクロ」
「トヨタ」
「マクドナルド」といった、企業そのもののイメージでしょうか。

いずれにしても高級ブランドや大企業の名前が多くあがることでしょう。しかし、ブランドとは高級ブランドや大企業だけのものではありません。

ブランドとは?ブランディングとは?

ブランドとは、購買ニーズが発生したときに、特定の商品やサービスを思い起こさせ、購買決定に影響を及ぼす力を持つものです。

(出典:「社員をホンキにさせるブランド構築法」同文舘出版)

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

ですから、顧客や消費者の購買行動に影響を与えることを意識してブランドを作り上げていく活動の事をブランディングと呼びます。

ブランディングしないとどうなる?

フィリップ・コトラーは
「ブランド化がされていないならば、その商品はコモディティにすぎない」
と述べています。

他の競合会社と変わらないものであれば、どの商品も似たり寄ったりなものになり、価格競争に陥ってしまうことでしょう。

 

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

コーラといえば?

皆さんコーラといえば、何が浮かびますか?
真っ先に浮かぶのはコカ・コーラかペプシ・コーラではないでしょうか。
iStock_000047221908_Medium
コーラが飲みたくなった時に、上記のブランドの味やパッケージをイメージして、実際に店頭で手に取ることもありますよね。

ブランドを強く認識させることは、ニーズが発生した時に選んでもらえる確立が高くなり、購買につながるといった効果をもたらします。

改めてブランディングを定義してみる

ブランディングとは

「自分たちの商品やサービスを差異化し、付加価値を付けることで、
いかに自社の価値を顧客に浸透させていくかというプロセスを指します。」

(出典:「社員をホンキにさせるブランド構築法」同文舘出版)

まとめ:マーケティングとブランディングの関係

最後にマーケティングとブランディングの関係について考えてみましょう。

ブランディングもマーケティングも経営戦略から派生するものです。そのため、ブランディングの目的もマーケティングの目的とほぼ変わらず、商品やサービスに他にはない価値を提供し続けることで、継続的に売れるようにすることなのです。

このように、マーケティング戦略から一貫してブランディングを行うことで、自社の商品やサービスが継続的に売れるための仕組みができ、企業経営の安定化が図れるというわけです。

そのため、ブランディングで迷ったり、うまくいかない場合は、マーケティング戦略に立ち返り考えてみましょう。

関連記事

インターナルブランディングの現場より その1

はじめまして、スタンダードトレーナーの村松利衣です。 私はいま個人事業主で、お得意様のブランド・マネージャーとして、 ブランド構築に携わっています。 実際は、ブランド構築のコンサルティングをしているの …

ハンマーで破壊されたCD

デジタル・ディスラプターとどう戦うか

今回は、デジタル・ディスラプターがテーマです。市場を破壊するという意味を持つデジタル・ディスラプターですが、例を用いて説明すると、既存の音楽CDを駆逐するインターネット音楽配信(iTunesなど)のこ …

luxury

ラグジュアリーブランドの今日的課題~希少性をどう演出するのか~

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

乾電池からミキサー、自動車まで、性能をストーリー仕立てでPRするCMの数々

製品の品質を性能テストで実証し、ブランディングにつなげる手法が古くからあります。今回はその手法「性能テストブランディング」の事例を考えてみます。 性能テストブランディングとは 自社の製品をPRする際、 …

ナイキの店

ブランドのベネフィット(便益)とは~「最強ブランド」ナイキから考える~

ブランド戦略論の大家デービッド・アーカーによると、ブランドのベネフィット(便益)には「機能的ベネフィット」「情緒的ベネフィット」「自己表現ベネフィット」「社会的ベネフィット」の4つがあります。この4つ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト