Branding Method

成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは

投稿日:2016年3月16日 更新日:

4p

マーケティングを行う際の最も基本的な戦略として、マーケティングミックスという考え方が1960年代に登場しました。マーケティングミックスとは、製品・サービスを売るための、マーケティング要素の組み合わせ(ミックス)のことをいいます。代表的なものとして「4P」がよく知られています。今回は、マーケティングミックスでよく使用される4P/4Cについて解説します。

4Pとは

4Pとは、1960年代前半、アメリカのジェローム・マッカーシーという経済学者が提唱したフレームワークで、4つのマーケティング要素の頭文字をとって4Pと呼ばれています。

4p

【Product】製品、サービス
製品ラインナップ、製品特長、品質、デザインなど
【Price】価格
標準価格、値引価格、仕入価格、支払方法、取引条件など
【Place】流通、販売チャネル
流通チャネル、流通範囲、品揃え、店舗立地、在庫など
【Promotion】プロモーション、販売促進
広告、広報PR、ダイレクトマーケティング、営業活動、ホームページ、メルマガなど

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

一つの製品・サービスを売るためには検討することが多岐にわたるため、コントロール可能な、4つの重要な要素に絞ることで、より効率的にマーケティングの効果を最大化することができます。

4Cとは

4Pは、売り手側の視点で考えられた理論でした。そこで、顧客視点からの新しいマーケティングミックスとして、1993年にアメリカの経済学者ロバート・ラウターボーンが4Cを提唱しました。

4c

【Customer value】顧客価値
機能的価値、情緒的価値(感情、自己イメージの投影)など
【Customer cost】顧客の負担
心理的なハードル(言い訳、不安感など)、物理的コスト(距離、時間など)
【Convenience】入手容易性
買いやすさ、アクセシビリティーなど
【Communication】コミュニケーション
ソーシャルメディア(ブログ、ツイッター、Facebook など)、各種イベントなど

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

これらの顧客視点は今では当たり前のように意識されています。もちろん、ブランド構築においても取り入れられています。次にブランド構築における4P/4Cとそのポイントを解説します。

ブランド構築における4P/4Cとは

ブランド構築の際、ペルソナと呼ばれる見込み顧客の視点からマーケティングミックスを検討します。わかりやすくいうと、ブランドのファンになってくれるであろう人へ向けて商品開発、販売方法などを考えていきます。

具体的には、次のような流れで行います。

ブランド構築におけるマーケティングミックスまでの流れ

環境分析による市場機械の発見(PEST分析、3C分析)
-自社の製品・サービスが利益を生み出す可能性があるかを分析します。

市場細分化(セグメンテーション)
-ターゲット選定のため、市場を細分化し、見込みがある層を抽出します。

見込み顧客の選定(ターゲティング)
-ペルソナと呼ばれる、具体的な人物像を設定します。

独自性の発見(ポジショニング)
-自社と競合がペルソナの心の中でどこに位置するかを判断します。

ブランド・アイデンティティ
-「ペルソナにどう思われたいか」を明確化します。

4P/4Cマーケティングミックス
商品の開発、価格の設定、販売チャネル・販促方法の決定を行います。

※ブランド・アイデンティティとは「企業が自社の製品・サービスが競合他社の製品・サービスとどこが違うかを明確に示すもの」
※ブランドのポジショニング:ブランドの役割の定義。
※ペルソナ:人物像までも具体的に設定した見込み顧客

ブランド構築におけるマーケティングミックスは、このようなステップを踏んでブランド・アイデンティティ(ペルソナにどう思われたいか)までを決めた後に行うので意味があるのです。

ブランド構築における4P/4Cのポイント

1.ポジショニングやブランド・アイデンティティが反映されているか

マーケティングで重要なのは、それぞれのマーケティングツールの間で、ブランドの独自性に沿ったメッセージングを行なうことです。
例えば、下記のような「安くて高品質」で有名なブランドがあった場合、要素をひとつでも変更してしまうとブランドのイメージが変わってしまい、特徴が伝わりづらくなってしまいます。

・Product(製品)高品質
・Price(価格)低価格
・Place(販売ルート)国内直営店を全国に展開。
・Promotion(販売促進)毎週折り込みチラシを配布している。

2.ペルソナに向けたものになっているか

4Cの顧客をペルソナに置き換えて、ペルソナにとって、どんな価値があるかを考えることが大切です。

・Customer value(顧客価値)ペルソナにとって、どのような価値があるか
・Customer cost(顧客の負担)ペルソナにとって、そのコストは妥当なのか
・Convenience(入手容易性)ペルソナにとって、買いやすいか。
・Communication(コミュニケーション)ペルソナにとって、身近に感じるか。

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

3.相乗効果を実現するものか

それぞれの要素による相乗効果としては、商品開発を工夫することで、低価格化を実現し成功しているケースが多くあります。

例えば、
QB ハウス・・・千円でカットだけを行う理容室
サイゼリヤ・・・低価格を実現するために調理を簡素化したファミリーレストラン

また、何かひとつでも、マーケティング要素に変更があると、他の要素も影響を受けます。例えば、カップうどんは関東と関西でダシ・味を変えていたりと、食品類は製品の見た目は同じでも販売地域(Place)によって味(Product)を変えていることが多いのです。

ホワイトベルグの成功でみる4P/4C

ホワイトベルグ

http://www.sapporobeer.jp/whitebelg/products/

マーケティングミックスの成功例として、サッポロビールの「ホワイトベルグ」をご紹介します。ホワイトベルグは、第3のビールで、低価格でありながらベルギービールのような味が楽しめることから、若者を中心に口コミが広がりヒットしました。

それでは、ホワイトベルグのマーケティングについて4P/4Cを使ってみていきます。

> 続きを読む 

関連記事

チームブランディングのススメ 組織を強くしブランドを伝える

いかなる企業においても、課題のない企業はないでしょう。 「従業員が自ら進んで仕事をしてくれない」 「職場の連帯感が薄い」 「社内のコミュニケーションが足りない」 「顧客に対し自社の価値をうまく伝えられ …

ランドセルをもつ孫と祖父母

「6ポケット」と「ラン活」で活性化するランドセル市場

ランドセル市場が活況を呈しています。その理由を考えていくと、成熟化にむかう日本の中小製造業においても、大いにビジネスチャンスがあることがわかります。 少子化のなかで成長するランドセル市場 少子高齢化社 …

シンポジウム

【価値のリ・デザインとは!?】第5回公開シンポジウムレポート【後編】

前編に引き続き、昨年2015年10月24日に行われたブランド・マネージャー認定協会主催の「第5回公開シンポジウム」のレポートの模様をお伝えします。 リ・デザインが世の中を変えていく シンポジウムの最後 …

コロナ時代でも変わらないブランドの核心   ~マーケティングコンセプトの歴史から「社会志向」の真の意味を読み解く~

  「アフターコロナにはこうなる」といった、コロナショック後のあり方について、様々な議論があふれかえっています。ブランド戦略についても例外ではありませんが、その中核となるマーケティング戦略に …

景気回復の中、まだまだ売上高は低迷…今こそ経営戦略を見直すとき

景気が低景気が低迷していた2014年上半期から、徐々に回復してきた日本経済。 しかし、依然として売上高は横ばい傾向にあり、円安の打撃を受けている中小企業は多い状況が続いています。これまでのやり方を続け …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
スターバックスのドリンク
スターバックスの4P/4C戦略【製品戦略・価格戦略編】
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは