Branding Method

「東西うどん」から「47都道府県ビール」まで〜花ざかりなご当地メニューの今〜

投稿日:2017年6月27日 更新日:

日本地図

最近、コンビニやスーパーなどで「ご当地」をウリにした商品をよく見かけます。47都道府県ごとの名前を冠したビールや、本来、東日本と西日本で味を変えている商品が全国発売されるなど、同時に味比べができることでも人気となっています。今回はさまざまなご当地商品をご紹介します。

4地域の赤いきつね

赤いきつね

マルちゃんの赤いきつねは元々東日本と西日本でだしを分けていましたが、現在では、関西、北海道向けが追加され、4地域によって異なるだしによる販売がされています。2017年5月に開始した「マルちゃん『赤いきつねの日本味めぐり』」というキャンペーンにより、その4種が全国発売されることとなりました。

日清のどん兵衛東西食べ比べ

どん兵衛

日清のどん兵衛も赤いきつねと同じように西日本向けと東日本向け、北海道向けと地域によって味付けを変えています。日清では2011年より定期的に「日清のどん兵衛東西食べ比べ」というキャンペーンを実施していて、2017年には6商品を期間限定で全国販売しています。

47都道府県の一番搾り

一番搾り

2016年から販売を開始したキリンビールの47都道府県の一番搾りは、ラベルにそれぞれの都道府県名が印字されていて、地域ごとに異なるコクやキレのバランスを楽しめるものです。商品開発の際には、実際に各地域の方に取材を行って味のコンセプトを決めていったそうです。さらに、一番搾りでは47都道府県毎に、ジャニーズ事務所の「嵐」を起用したTVCMを順次公開。47都道府県に徹底したこだわりを見せています。

飲食店ではキャンペーンメニューとして

ドトール

もちろん飲食店でもこういった手法は多くあり、バーミヤンでは名古屋のまぜそばや各地の食材を使った「全国ご当地旅するグルメフェア」を実施。吉野家では、2016年の冬に地域限定鍋として、全国5地域でそれぞれ限定のご当地鍋を提供していました。ドトールでは、2017年6月より「ドトールジャーニー」と称して、国産の食材をピックアップしたキャンペーンを実施。福岡のあまおうを使った「苺のフローズン」、沖縄西表島産の黒糖を使った「黒糖ラテ」、鹿児島県産の黒豚を使用した「ミラノサンド鹿児島県産黒豚と夏野菜ソース」を発売しています。

こうしたご当地商品の特徴は次のようなものが挙げられます。

    • 地元意識を感じさせ、親近感を湧かせる
    • 地域によって異なる味で展開していたものを全国発売することで、ブランド
      のマンネリ化を防ぐ
    • 地方ブランドのネームバリューを活用
    • 新メニューのアイデアとして活用
    • 国産で安心や安全をアピール

一番搾りでは、全国発売しているロングセラー商品を、47都道府県毎、ローカルの消費者に訴求するという離れ業を行っていますが、前述のとおり、多くの企業がこうしたプロモーションを行っている現状を見ると、地域毎に訴求を変えていく企業が今後ますます増えていきそうです。

ご当地商品の専門店

ドトール

地方毎の商品を一同にまとめるだけでもインパクトがあります。全国のレトルトカレーを集めた蔵前にある「カレー大使館」や、大阪が発祥で全国のインスタントラーメンを集めた「やかん亭」などは陳列棚のインパクトだけでも他との差別化ポイントとなり、各商品の地域性をより一層引き立てる
ものにもなっています。今回は、ご当地メニューを展開している商品を紹介しました。商品開発に限らず地域の魅力をうまく取り入れることもブランディングの一つです。是非、参考にしてみてください。

関連記事

観光地が成功するにはワケがある!ハワイの成功にみる、観光地マーケティングの重要性

商品を売り込むときに、マーケティング戦略が重要であることは言うまでもありませんが、実は“観光地”にもリピーターを確保しその土地を盛り上げるための「観光地マーケティング」が存在します。そこで今回は、ハワ …

運営失敗によって傷ついた、タピオカブーム

東京・原宿で開催しているフードイベント「東京タピオカランド」に対し、施設を運営する企業が「業務改善」を求めていたことが分かった。 同イベントをめぐっては、SNS上で不満が多数書き込まれていた。 東京タ …

ペヤングチョコやきそば

誰が食べるのか!?チョコ味のやきそばのブランディングを考える

(出典:https://www.myojofoods.co.jp/ippei/) ここ数年、カップ麺市場では多くのメーカーがユニークな新商品を発売しているのが目立ちますね。今回はこれらのユニークな新商 …

社員をホンキにさせるブランド構築法

顧客から支持されるブランドになるには? 社員が自ら動き出すブランディングの手法をわかりやすく解説

モノやサービスが溢れ市場競争が厳しい時代において、自社の商品やサービスが価格競争に巻き込まれないためには、競合との明確な差別化や、優位性が必要不可欠です。そのため、自社のブランドを見直し、強いブランド …

印刷機

ブランディングのヒント〜生産設備の見せ方〜

中小製造会社の会社案内などでは専門用語が飛び交い、業界以外の人にメッセージが伝わらないことが多くあります。今回は製造会社のブランディングについて一例を示します。 生産設備の「見せ方」が問題 「モノづく …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは