Case Study

日本初上陸の「ジャニス・ウォン」が提案する「食べるアート」とは!?

投稿日:2016年4月11日 更新日:

ジャニスウォン

(出典:http://www.janicewong.jp/

3月25日にJR新宿駅南口にオープンした商業施設「NEWoMan」。
日本初上陸のグルメショップが数多くひしめく中、異彩を放ち話題となっているのがシンガポール発のデザートバー「ジャニス・ウォン」(4月15日オープン予定の日本1号店)。今回は「食べるアート」と呼ばれるジャニス・ウォンの独自性をご紹介します。

ジャニス・ウォンとは

ジャニスウォンとは

(出典:http://www.janicewong.jp/

シンガポール出身のジャニス・ウォンはアジア最優秀パティシエに2年連続で選出された女性パティシエでありアーティスト。ピエール・エルメ氏、オリオール・バラゲ氏など一流のパティシエに師事したその確かな腕前と、アーティストとしての感性をいかした独自のスイーツを生み出しています。

特筆すべきは、食とアートの融合を一つのテーマにしたedible art(食べられるアート)というコンセプト。パティシエでありアーティストである彼女のオリジナリティは、五感で楽しめるdessert体験というかたちで表現されています。

2007年には、シンガポールにてデザートバー「2am:dessertbar」をオープン。アシェットデセール(皿盛りのデザート)とお酒を楽しめる新たなスタイルが評判を呼び、最近ではルイ・ヴィトンなどのハイブランドのイベントへの参加も積極的に行っています。

ジャニス・ウォンの提案する「食べるアート」

現在、Webサイトで公開されているのはデザートのみで、「POPCORN」と「CASSIS PLUM」の2種類。

popcorn

(出典:http://www.janicewong.jp/

一つ目が「POPCORN」。
ポップコーンという名前が、見た目からは全く想像がつかない仕上がりになっています。パルフェ(アイス)にポップコーンの香りをつけており、食べた瞬間ポップコーンの風味が広がるように設計されています。他には、柚子とパッションフルーツのソルベ(シャーベット)や塩キャラメルなどが添えられています。

cassis plum

(出典:http://www.janicewong.jp/

もう一つの「CASSIS PLUM」は、日本の春をイメージしたデザートで、中が空洞のカシスのボールに、エルダーフラワーヨーグルト、梅酒ゼリー、しそ梅酒のカキ氷、柚子のキャビア、たけのこの照り焼きなどが詰まっています。

シンガポールでの価格は24シンガポールドルで、日本円では1,924円です。(4/7時点レート)

こうして写真を見るだけでも、「食べるアート」というコンセプトが伝わってきます。

ジャニス・ウォンの店内自体がひとつのアート

ジャニスウォン店内

(出典:http://www.janicewong.jp/

ジャニス・ウォンのWebサイトを開いて一番はじめに目に付くのは、

「誰も体験したことのないdessert」

というキャッチコピー。ジャニス・ウォンのポジショニングが唯一無二ということを宣言しています。その唯一無二のオリジナリティはメニューだけでなくお店の中にも散りばめられています。

ジャニス・ウォンのテーマカラーの黒をベースにした内装。カウンターの目の前でシェフがdessertを作り上げるライブキッチン。季節ごとに展示されるジャニス・ウォンのアート作品など、ジャニス・ウォンの世界観を体験することができます。


※インスタグラムで公開されている作品のひとつ

高級なスイーツショップは数多くあれど、これほどまでにパティシエのアーティスト性が表現されたお店はなかなか珍しいものです。実際にお店に行って体験してみる価値があるでしょう。

関連記事

Oculus-Go

Oculus Go(オキュラス ゴー)は電脳アイドルの夢を見るか?

なんか『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』をパロってタイトル付けようとしてみたもの、あまり面白味のないタイトルになりました…。 とまぁそれはさておき、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』という小説 …

デビアス

実は広告メッセージだった「婚約指輪は給料の3カ月分」 デビアス社の巧みな戦略

(出典:https://www.debeers.co.jp/bridal) 多くの人が慣習として覚えている「婚約指輪は給料の3カ月分」。しかしこれはもともと、ダイヤモンド・ブランドのデビアス社の広告メ …

よなよなエール

クラフトビールシェアNO.1「ヤッホーブルーイング」のブランディング術 〜社員もファンもチームの一員へ〜【後編】

(出典:http://yohobrewing.com/) 前編に引き続き、クラフトビールブームの先駆者で、日本を代表するクラフトビール「よなよなエール」を生んだ、ヤッホーブルーイング(以後ヤッホー)の …

獺祭にみる、ブランド危機管理の重要性 企業を救う、守りのブランディング方法を検討する

日本を代表する日本酒銘柄の一つ、「獺祭」で製造に伴うトラブルが発生しましたが、その対応の見事さついて、話題となりました。 「獺祭」26万本を自主回収へ アルコール度数違い発覚 https://www. …

機能性アパレルを巡る、クールでホットな市場競争 ユニクロとワークマンに見る経営とブランド戦略

  アパレルというと、華やかなイメージをもたれている方が多いのではないでしょうか?今回は、アパレルといってもそのイメージとはなかなか結び付かなかった2つのブランドについて考察してみます。その …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト