Case Study

【商品分析】Gong cha(ゴンチャ)はアリ!本格的な台湾茶が手軽に飲める感動

投稿日:2018年6月6日 更新日:

ゴンチャ

(出典:http://www.gongcha.co.jp/

2006年に台湾で誕生、今やアジアを中心に世界1500店舗以上を構える台湾茶ドリンクショップ「Gong cha」(ゴンチャ)。日本1号店が2015年に登場し、ブームを起こしているので「今さら」と思われるかもしれませんが、3年経った今でも行列が途絶えず、国内14店舗にまで増え、6月にも2店舗が加わるというのですから、見逃すわけにはいきません。「Gong cha」の店舗・商品分析を行いたいと思います。

オペレーション効率の高さに感心

6月のある日の午後、JR新宿駅西口の通りに面した「Gong cha」(ゴンチャ)新宿西口ハルク店に訪れると、平日昼間にもかかわらず30人ほどの行列が。噂通りの人気ぶりに驚くと同時に、ドリンク1杯のために何十分も並ぶのは面倒だなあ、と最初は思いました。それも並んでいるのは10代~20代前半の女性ばかり、スーツ姿のいいおじさんが混ざって並ぶのもなんとも恥ずかしい。

ところが、並んでいるとどんどん前に進み、7,8分でカウンターの前で注文することができました。最初に印象に残ったのは、このオペレーション効率の高さ。レジは2つ、カウンター内は店員4、5人がやっと入れるようなスペースなのに、次々と注文を裁いていく。ドリンクの種類は20数種類、甘さは4段階、氷の量も4段階、トッピングは6種類から選べるという複雑なオペレーションのはずなのに、注文して約2分で、カップにシーリング(封かん)をして渡してくれます。

ドリンク1杯で勝負

逆に言うと、ティーを淹れるのに熟達した技術はいらない模様。店舗で抽出しているのは確かだと思いますが、ベースとなる4種類のティー(ジャスミン グリーンティー、ウーロンティー、ブラックティー、阿里山 ウーロンティー)は最初からサーバーの中に入っていて、店員はバーを押してカップに入れるだけ、あとはいくつかの専用機(氷サーバー、シロップサーバー、ミキサー、シール封かん機)で手早く作っています。

「Gong cha」では店員のことを「お茶のスペシャリストであるティー・コンシェルジュ」とうたっていますが、マイスター的な熟達度というよりも、これらの機械を使っていかに効率よく作るかという意味でのプロフェッショナルを感じました。

 

もちろんティーをコンシェルジュ(相談)してくれるわけではありません。なにしろ約2分で作らなければなりませんから。
オペレーション効率でいうと、この新宿西口ハルク店では、4人ほど座れるベンチ以外、飲食するスペースはありません。ほぼ全員が歩き飲み、または持ち帰りです。お菓子などのサイドメニューもほぼなし。ドリンク1杯で勝負している潔さです。ちなみにお値段はSサイズ300~400円台。

普段では味わえない体験

さて、私はミルクフォーム ブラックティーのパール(タピオカ)トッピングをオーダーしました。いざ試飲です…。率直な感想は「おいしい!」。10代の女性に人気と聞いていたので、甘ったるいドリンクかと思っていたら、正反対でした。甘さは「ふつう」を選びましたが、まったく甘さで味をごまかすことなく、香ばしい台湾茶の香りが鼻を通っていく。それもいままでにないような、高貴な感じする香り。コーヒーばかりを飲んで、コクばかり追求していた自分には、とても新鮮で、感動的ですらありました。

編集部の3人で飲みましたが、全員がマル。「タピオカが今までのものが嘘じゃないかっていうくらいおいしい」という意見もありました。
前述のようなファストフード的な、オペレーション効率重視の製法のドリンクでもここまでおいしいのは、おそらく茶葉やミルクなどの素材が良いからだと思います。台湾茶は普段は飲む機会さえ貴重なのに、これだけ本格的な台湾茶を気軽に飲めるのは、なかなかない。

ビジネス的にも、これからもっと成長するのではないかなあと思いました。なにしろコーヒーショップのような過当競争もない。本格的で、コンビニでもなかなか味わえない。繰り返すようですが、これほどの省スペースで大量に商品が裁けるのもいい。

というわけで、留保なしの、いい商品でした。もちろん好みは分かれますので、一度、試しに飲んでみてはいかがでしょうか。

ブランディングラボ編集部員の感想

M編集部員
メニュー ウーロン ミルクティー+パール
点数 5点(満点)
甘いのが好きな人は絶対好きなやつですね。スタバが隣にあったら、どっちで甘いのを飲もうか悩むと思います。
T編集部員
メニュー:ウーロン ミルクティー+パール
点数:5(満点)
最近も流行りなのか? 街を出歩くと”タピオカ ” という言葉を目にすることも多くなりましたが、
ゴンチャを飲んだ最初の感想は「このタピオカは他と違う!!」というものでした。
ほどよい大きさのせいなのか?そもそも素材からして違うのかはわかりませんが、
ゴンチャのタピオカを知らずしてタピオカを語るべからずと言ってしまいたくなるぐらいの最高のタピオカです。
O編集部員
メニュー ミルクフォーム グリーンティー+パール
点数 5点(満点)
ミルクティーでもカフェオレでも味わえない、とにかく独特の味と香り。オリジナリティという意味でも、買いに行きたくなるようなドリンクですね。

関連記事

ローカル線は廃線の道を辿るしかないのか?銚子鉄道から学ぶ、弱者の生き残りマーケティング戦略

地域経済の足となってきたローカル線ですが、一時的なローカル線ブームも落ち着き、人口減少に伴う利用者不足の影響により、廃線となる路線が再び増えてきています。 石勝線夕張支線が126年と5か月の歴史に幕… …

カルピスのラインナップ

なぜカルピスは100年愛されてきたのか?〜その背景に迫る〜

(出典:http://calpis.jp/lineup.html) 「カラダにピース」でおなじみのカルピス。でも一時期ブランド力が低迷していた時期があるんです。ブランド復活の原動力は技術力、そして創業 …

レゴランド

レゴランドが名古屋にオープン!強気の価格設定は吉と出るか!?

(出典:https://www.legoland.jp/about-us/about-legoland-japan/) 2017年の世界で最も有力なブランド・ランキングにおいて首位を獲得したレゴ。 今 …

キャリアウーマン

ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?

ブランディングやマーケティングを考えるうえで、ターゲットの年齢や性別などのカテゴリを想定することだけではなく、ターゲットをペルソナと呼ばれる詳細な人物像に落として描くことが重要です。 今回は、1999 …

ZOZOTOWNは復活するか? ネット専業企業のリアル店舗によるマーケティング戦略の有用性

ゾゾタウンを運営する、ZOZOの苦戦が続いています。 ゾゾタウンが有料会員制の割引サービスを終了、海外PBも撤退 東証1部上場で衣料品通販サイトの「ゾゾタウン」を運営する「ZOZO」は、5月30日をも …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスのドリンク
スターバックスの4P/4C戦略【製品戦略・価格戦略編】
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは