ブランディング基礎

「カーネルおじさん」はどんな人?「創業者ブランディング」で高まる企業価値

投稿日:2018年4月11日 更新日:

ケンタッキーフライドチキンの店外観創業者のキャラクターと業績をPRすることで、企業のブランディングにつながることがあります。今回は創業者のブランディングの事例とその効果について考えてみましょう。

創業者ブランディングの代表格「カーネルおじさん」

カーネルサンダースと立像

創業者のキャラクターといってまず思い浮かべるのは、ケンタッキーフライドチキンのハーランド・サンダース、いわゆる「カーネルおじさん」の立像ではないでしょうか。比較的よく知られているとおり、「カーネルおじさん」の立像を店頭に置くブランド戦略は日本がオリジナルです。

日本にケンタッキーフライドチキンが登場した1970年当時は、フライドチキンという言葉すら馴染みが薄かった時代です。そこで日本KFCの幹部が北米視察の際にたまたま倉庫で発見した立像をヒントに、日本の店頭に立像を置くことでブランド認知を図ったのです。

白いスーツににこやかな白人男性の立像は日本人に愛され、現在にいたるまでケンタッキーフライドチキンのロイヤルティ向上につながっています。

カルピスの創業者による商品開発秘話

カルピス三島氏

創業者のブランディングのもう一つの例として、カルピスの創業者・三島海雲を紹介します。海雲は仕事で内モンゴルを訪れた際、遊牧民から勧められた「酸っぱい乳」を飲んだところ、長旅で弱っていた胃腸の調子が整い、心身ともにすっきりしたそうです。

そこで「酸っぱい乳」すなわち酸乳の研究を始め、1919年に日本初の乳酸菌飲料「カルピス」を発売しました。また海雲は関東大震災の際にカルピスを無料で配って回るなどの人徳者で、「私心を離れよ、そして大志を持て。」との言葉を残しました。

カルピスのブランドサイトには、三島海雲のこのような生涯と理念が詳しく紹介されています。「からだにピース」というキャッチコピーで知られる健康飲料「カルピス」の効能と愛着を呼び起こすのに、最適なエピソードのように思われます。

インターナルブランディングにも効果的

仲間のイメージ
創業者をブランディングすることで生まれる効果はどのようなものでしょうか。
一つは、ブランドに対する理解が深まり、より消費者のロイヤルティが高まるということです。「カーネルおじさん」から連想するのは、サンダースの古き良きアメリカのホスピタリティであったり、試行錯誤の末開発した秘伝のレシピであったりします。これらはケンタッキーフライドチキンに欠かせないブランドイメージです。また、負債によりお店を手放したことがきっかけで、65歳からフランチャイズビジネスを始め、73才で600店舗まで拡大させたサンダースの生き方自体も共感を呼んでいます。

カルピスに関しては一時期ブランド力が落ち、乳酸菌の入った健康によい飲料であることの認知が低くなったころがありました。海雲の商品開発のストーリーは、遊牧民の生きる知恵から受け継がれた、心身にやさしい飲料であるというブランドイメージの復活に、大きく貢献したものと思われます。

もう一つ指摘したいのは、社員へのブランド戦略、いわゆるインターナルブランディングの効果です。カルピスの製造と販売に携わるもの(現在のブランドオーナーはアサヒ飲料)にとって海雲の精神は商品に対する誇りにつながるでしょう。また統一したブランドイメージの共有にもつながります。

中小企業にも有効な創業者ブランディング

ケンタッキーフライドチキンとカルピスの創業者ブランディングについてみてきました。創業者ブランディングは中小企業においても有効です。日本の中小製造業には、戦後日本の復興に貢献し、「メイド・イン・ジャパン」のブランドに貢献した創業者も多いです。

そういった創業者の生き方、商品・技術開発秘話などを自社サイトや企業案内パンフレット、社史などに盛り込むことも、企業ブランディングにおいては効果的と思われます。創業者の業績を、一度ひも解いてみて、企業のブランドに活かせるか検討してみてはいかがでしょうか。

-ブランディング基礎

関連記事

ビジネスマン

パーソナルブランディングとは何か~その実践ステップを学ぶ~

士業の方、コンサルタントの方、企業の営業パーソンの方にとっては特に、自分自身をブランディングする「パーソナルブランディング」が重要になってきます。 一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会の認定トレ …

CRAFT-BOSS

クラフトボスの「クラフト感」って? ブームだけじゃないヒットの理由

(出典:https://www.suntory.co.jp/softdrink/craftboss/) 2017年4月の発売開始から9カ月で2億4000万本を販売したサントリーのコーヒー飲料「クラフト …

ブランド

「日本の消費者に好まれているブランドランキング2017」をチェック!

アジア一の広告専門誌Campaign Asia-Pacificが実施している「アジアのトップ1000ブランド」において、日本人が最も良いと思うブランドTop100が発表されパナソニックが3年連続で1位 …

社員をホンキにさせるブランド構築法

顧客から支持されるブランドになるには? 社員が自ら動き出すブランディングの手法をわかりやすく解説

モノやサービスが溢れ市場競争が厳しい時代において、自社の商品やサービスが価格競争に巻き込まれないためには、競合との明確な差別化や、優位性が必要不可欠です。そのため、自社のブランドを見直し、強いブランド …

ダイソンの掃除機

ダイソンがエンジニアカンパニーなのにマーケティング巧者である理由とは!?

(出典:https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/cylinders/dyson-ball-animal-fluffy.aspx) 1993年に設立以来、掃除機、扇風 …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
1月 17, 2018 に投稿された
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
12月 28, 2015 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸