Branding Method

DMマーケティングの鍵になる「オファー」のパーソナライズ

投稿日:2018年3月28日 更新日:

手紙を持った男

紙メディアの中でも健闘しているダイレクトメール(DM)。マーケターからも評価の高いDMの効果について考えてみましょう。

紙メディアの中でも健闘しているDM

データを見る女性
広告における紙メディアの退潮が続いています。日本の広告費における構成比を2015年と2017年で比較すると、新聞は9.2%から8.1%に、雑誌は4.0%から3.2%に、折込は7.6%から6.5%にそれぞれ大幅に減っています(電通「日本の広告費」)。
その中でDMは比較的堅調です。構成比は6.2%から5.8%と0.4ポイントの下落に留まっています。

しかもこの数字には一種のからくりがあります。「日本の広告費」のDMの広告費には配送料しか含まれていません。近年はよりターゲットを絞ってDMを送るのがトレンドとなっているので、当然部数は減り、配送料も減ります。見かけ上ではDM市場は減少しているように見えます。
しかしDMはターゲットを絞った結果、ギフト化、高級化してきています。一部あたりのDM製作費・印刷費は上昇しているものとみられ、むしろDMの市場は伸びていると指摘する識者もいます。

最適なタイミングで、最適なターゲットに響く

スマートフォンを操作する女性
インターネット広告の大幅な伸長にもかかわらず堅調なDM。その理由を考えてみましょう。
ボブ・ストーン/ロン・ジェイコブスによるダイレクトマーケティングの教科書『ザ・マーケティング』によると、ダイレクトマーケティングの要素には「名簿」(ターゲット)、「タイミング」、「クリエイティブ」(デザインやコピーなど)、「オファー」(提案)、の4要素があります。

この4要素が、デジタル印刷とデータドリブン(膨大なデータを収集・分析・活用すること)によって、DMにおいても最適化してきています。
まず「ターゲット」ですが、昔は名簿業者から名簿を買い、ほぼ当てずっぽうにDMを送っていたのが、現在は見込客の情報を、自社サイトのアクセスログやSNS情報、店舗の購買履歴や名刺交換など、様々な手段で収集し、一元管理し、分析し、活用できるようになりました。

このようないわゆるデータドリブン・マーケティングによって、より精緻な顧客分析が行え、最適なターゲットにDMを送ることができるようになっています。
2つ目の「タイミング」ですが、やはりデータドリブンによって顧客のリアルタイムな行動が追跡できるようになりました。女性の結婚、妊娠、出産、育児までのライフサイクルを追跡しつづけ、その都度都度にあった商品のDMを送るのも一つのトレンドです。

最近ではネット通販でカート落ちした(ネット通販で商品を買い物カゴまで入れたが、発注までには至らなかった)顧客に対して、中一日でフォローアップのDMを送ることもできるようになりました。Eメールよりもより高い効果が得られたといいます。

重要なのは「オファー」のパーソナライズ

「ターゲット」と「タイミング」がより最適化したことは、識者の中でも述べられています。「クリエイティブ」に関しては、昔から制作会社や印刷会社が競い合って、デザイン力や企画力を磨いてきました。

ここで忘れてはいけないことは「オファー」の最適化です。デジタル印刷によって、住所・宛名だけでなく、コンテンツもフルカラーによるバリアブル(差し替え)が可能になりました。例えば40代のこの男性にはこのスーツをこの割引率で、20代のこの男性にはこのスーツをこの割引率で、オファーすることができます。

デジタル印刷を宛名差し替えだけにするのはもったいない。オファーをその顧客に相応しい内容に差し替えることで、DMのROI(投資対効果)も飛躍的に高まります。
「ターゲット」「タイミング」「クリエイティブ」「オファー」のどの要素が最も重要なのかという議論がなされますが、全部重要なのです。すべての要素がうまくかみ合ったときに、DMメディアは最大限の効果を発揮すると思われます。

関連記事

乾電池からミキサー、自動車まで、性能をストーリー仕立てでPRするCMの数々

製品の品質を性能テストで実証し、ブランディングにつなげる手法が古くからあります。今回はその手法「性能テストブランディング」の事例を考えてみます。 性能テストブランディングとは 自社の製品をPRする際、 …

リブランディング

【要チェック】リブランディング4つの事例を紹介

ニュースを見ているとリブランディングという言葉を見る機会が多くあります。今回はリブランディングを進めている4つの企業を紹介します。 湖池屋 dentsu-ho.com  860 Shares …

ファイナンスとブランド戦略指標 ファイナンス理論を用いて、企業のブランドストーリーを展開する

企業の業績を推し量る指標として、ファイナンスのKPIを用いる機会が増えてきています。これにより、経営者による決算発表や有価証券報告書にも、ROEやROAなどの目標となる指標を明記する企業が多くなってい …

女性のネットサーフィン

マーケティング・ブランディング担当者になったら押さえておきたいサイト7選

新しくマーケティングやブランディングを学ぶ必要になった時、是非見ておきたいサイトをまとめました。Web広告やSEO(検索エンジン最適化)などの最新のWebマーケティングだけでなく「売るための仕組みづく …

広告の反応が落ちている…でも改善方法はここにあり!

広告や販売促進には多くのコストがかかります。そのため普段から、広告反応の動向を見ている方も多いでしょう。しかし広告の反応が落ちてきたと感じたとき、どのように改善すればいいのか頭を悩ませている人も多いの …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~