Branding Method

ブランディング実践の落とし穴はここにあり!

投稿日:2015年4月1日 更新日:

iStock_000038007304_Medium

ブランディングが必要だとわかっていても、いざ実践しようとすると、なかなかうまくいかないことがよくあります。

せっかく行うブランディングを失敗させないためにも、実践する際に注意してほしいポイントをご紹介します。

ブランディングを独学で学ぶのはリスクあり!

リスク世の中には、ブランディングのための有益な書籍が溢れています。一見これらの書籍を見ると、自分でもすぐにできそうだと思ってしまいます。しかし、ブランディングを独学で実践するのはリスクが高いものです。

企業にはさまざまな業種があり、個々の企業の特徴や背景などその状況は複雑なもの。
確かに書籍にはいくつかの例が載っているかもしれませんが、それらは代表的な企業の一例にすぎず、そのまま自社に置き換えるのは不可能と言えるでしょう。

また、実際にブランディングをはじめていく中で「これはどうすればいいのだろう」と、疑問に思ったり不明な点が出てくるはずです。独学だけで行う場合は、こういった疑問点を保留にしたまま進んでしまうため、あいまいな結果しか出ない場合もあるのです。

長期的視点でブランディングを行う

長期的視点

企業にとってブランディングは、長期的経営を安定させるために不可欠なもの。そのため、顧客に対して「この企業はこういう会社だ」と継続的に認識してもらう必要があります。

ブランディングの施策を行った結果うまくいかず、途中から方向をガラッと転換してしまったのでは、顧客は企業に何を求めていいかわからなくなって、結果離れて行ってしまうこともあります。

例えば、「ゆっくりと食事ができる店」を顧客に約束していたイタリアンレストランが、商圏にファミリーレストランが増えたため、価格を下げ、お客の回転率を上げる戦略へ変更した、というケースがありました。

これは、周りの変化に影響された結果、ブランドとして変えてはいけない「ブランド・プロミス」を破ってしまった例です。「ブランド・プロミス」とは、顧客に対して約束していることであり、決して変えてはいけないものなのです。これを破ってしまったため、この店は顧客離れを招く結果となりました。

ブランディングを行う際は、ブランド構築の方法論にのっとって一貫性を持たせて行うことが必要です。さらに経営方針に基づいて長期的な視点で多角的な施策を行うことも重要です。独学であいまいな知識のままブランディングを行うことは、効果があまり得られないばかりか、経営にマイナスとなる可能性さえあるのです。

ブランディングを体系的に学ぶ必要性

iStock_000006152028_Medium失敗しないブランディングを行うためにも、ブランディングは体系的に学ぶ必要があります。

世の中には数多くのブランディングの手法が出ていますが、それらは一部分的なものであり、ひとつをやったからといってブランディングができたと思うのは間違いです。ブランディングにはいくつかのステップがあり、順を追って体系的に学ぶことで、自社の商品やサービスに落とすことが可能になるのです。

ブランディングのステップは、

  • 環境分析による市場機会の発見
  • 自社がどこの市場を狙うか市場を細分化し、ターゲットを設定しペルソナを描く
  • 自社の商品やサービスの独自性を明確にし、ブランド・アイデンティティを導き出す
  • 自社の商品・サービスを顧客視点と企業視点の両方から具体的に整理し、ブランド要素やブランド体験を設計する

といったものです。

ここまでの分析から目標設定を行い、ようやくブランドが構築されるというわけです。

これらのステップに沿って段階的にブランド構築を行いながら、途中で疑問や不明点が出たら前に戻って確認し、修正しながら進むことが大切なのです。

ブランディングを多角的・網羅的に学べる場を見つけよう

セミナー

企業の資産となるブランディングを確実に行い、確かな効果を上げていくためには、多角的かつ網羅的にブランディングを学ぶことのできる場を見つけることをおすすめします。

例えば、セミナーなどで、座学だけでなく実例を交え、グループでの実践が行えるといいでしょう。実際に自分で考えてみることで新しい疑問が出てきますし、その場で質問することも可能です。またグループで行うことによる一体感は、自社でブランディングを行う際の参考になります。できれば、知識レベルによっていくつか段階が分かれていて、徐々にステップアップできるとさらにいいでしょう。

ブランディングを実践するのには、独学ではなく専門的な知見を多く取り入れて、有意義なものにしてください。

関連記事

カスタマージャーニーマップを採用ブランディングに活用する

採用ブランディングについて その4 「カスタマージャーニーマップ」は、顧客が商品を知り、購入し、その後に評価やレビューを行うまでの一連の流れを時系列に並べ、顧客の行動や心理状態を可視化したもので、マー …

コロナに勝つための短期勝ち残り戦略フレーム「SCAMPER」 「選択と集中」ではなく「選択を増やすことに集中する」発想の転換     ~ 帝国航空でなくANAホールディングスを事例として ~

COVID‐19ウイルス(通称:新型コロナウイルス)の世界的蔓延から、半年以上が経過しました。収束の気配はまだ見えず、経済活動にも様々な制約と影響が出ていります。 各企業での業績も厳しい結果となり、緊 …

本当に欲しい人材を獲得する採用ブランディングとは

採用ブランディングについて その1 採用ブランディングとは? 「ブランド」は、企業が提案する価値と、消費者・顧客のコンタクト体験などが複合的に結びついて作られるもので、一般財団法人ブランド・マネージャ …

景気回復の中、まだまだ売上高は低迷…今こそ経営戦略を見直すとき

景気が低景気が低迷していた2014年上半期から、徐々に回復してきた日本経済。 しかし、依然として売上高は横ばい傾向にあり、円安の打撃を受けている中小企業は多い状況が続いています。これまでのやり方を続け …

ケンタッキーフライドチキンの店外観

「カーネルおじさん」はどんな人?「創業者ブランディング」で高まる企業価値

創業者のキャラクターと業績をPRすることで、企業のブランディングにつながることがあります。今回は創業者のブランディングの事例とその効果について考えてみましょう。 創業者ブランディングの代表格「カーネル …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは