話題の事例紹介

“脱・目的地”へ。カナダ観光局が見据える観光の未来

投稿日:2019年6月19日 更新日:

カナダ観光局は2019年5月28日、トロントで開催されているBtoB旅行業界向けイベント「ランデブーカナダ(RVC)」の開幕にあわせて、新ブランド「For Glowing Hearts」を発表、それにともない新しいロゴも公開された。

カナダ観光局社長兼CEOデイビッド・ゴールドステイン氏は、新タグライン(日本語では「キャッチコピー」)は旅行市場の変化に対応し、カナダのブランドをより向上させるためのもの。「人はみな感情的なつながりを求めている」という元広告会社CEOケビン・ロバーツ氏の言葉を引用し、「ナイキ、アップル、ディズニーのようなパワーブランドにあるのは消費者との感情的なつながりで、カナダもデスティネーションのブランドからパッションのブランドになるべき」と話している。

トラベルボイス 2019/5/30
カナダ観光局、新たな観光キャッチコピーを発表
訴求ポイントを「体験・経験」から「変化させる力ある旅」に転換へ

「モノよりもコト」とはよく聞かれる話だが、カナダ観光局はさらにその先の「変化(を与える旅)」を目指すという。

カナダ観光局が新たに目指したのは“デスティネーション(目的地)”からの脱却。それは一見、観光・旅行の第一義から遠ざかるようであるが、いったいどのような思惑があるのだろうか。

年間約2000万人もの観光客が訪れるカナダだが、観光資源の大半は「ナイアガラの滝」やスキーリゾート「ウィスラー・ブラッコム」をはじめとする「自然コンテンツ」が占める。実際、これらの観光名所を“見る”体験は稀有だが、一方で「一度行けば・見れば満足」という一期一会になりがちなことも事実だ。

“For Glowing Hearts”という新しいタグラインのもとどのようなコミュニケーションが始まるのか注視したい。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

“半端ない”ブランド価値を目指して~本坊酒造が大迫選手とアンバサダー契約

桜島と鹿児島市(イメージ) “本坊酒造は、プロサッカー選手の大迫勇也氏とアンバサダー契約を締結した。同社は今後、大迫選手をアンバサダーとして起用したプロモーション、CM広告、ポスターなど各種販売促進ツ …

有名になること?愛されること?どちらが大事?ZOZO、応募殺到でアルバイト募集停止へ

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは、募集していた物流倉庫のアルバイトの募集を15日正午に停止することを明らかにした。2日足らずで募集人数を超えたという。 前沢友作社長が自身のツイッター …

次世代スナックの傾向? 湖池屋の手が汚れない「ONE HAND」シリーズ

株式会社湖池屋(本社:板橋区/社長:佐藤章)は、手を汚さずに食べることができる“ONE HAND(ワンハンド)”形態を採用した新スタイルスナック「ONE HAND(ワンハンド)」シリーズを刷新し、「ワ …

コメ「特A」過去最多 魚沼コシも返り咲き 18年産食味

日本穀物検定協会(東京・中央)が27日発表した食味ランキングで、2018年産米は最高位の「特A」が過去最多となった。出品全体の3分の1を占め、ブランド米競争に拍車がかかっている。新潟県魚沼産コシヒカリ …

イチローさんと“草野球”に見るブランド拡張の美しい使い方

今年3月にマリナーズで現役を引退したイチロー氏(45=現マ軍会長付特別補佐兼インストラクター)が今オフ、草野球デビューすることが16日(日本時間17日)、分かった。同氏がスポニチ本紙の取材に明かしたも …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】