話題の事例紹介

どう変わる? 国民的サウンドロゴ

投稿日:2019年6月12日 更新日:

「伯方の塩」で有名な伯方塩業(松山市)は、CMでおなじみの「は・か・た・の・しお♪」というフレーズを歌う2代目声優のオーディションを実施している。グランプリに輝くとウェブ広告に出演できるとあってネットでも話題になり、応募はすでに数千人にも。お笑い芸人やアナウンサーなど芸能人も力作を投稿しているという。

力強い男性の声が印象的なCMは1987年から放映。男性ミュージシャンとされる初代の声は変わらないが、今回、若い世代に塩の魅力を知ってもらおうと企画された。

(中略)

6月30日締め切り。伯方塩業は「初代とは違う雰囲気で、オリジナリティあふれる作品で、『伯方の塩』に新しい風を吹き込んでほしい」としている。

読売新聞 2019/6/1
「は・か・た・の・しお♪」、2代目声優募集

ブランディングを達成するためのクリエティブにおいて、ロゴマークやタグライン(コピー)の陰で見落とされがちなもののひとつが「音」、すなわちサウンドロゴだ。

テレビCMの前後に挿入されるサウンドロゴは、文字通り音で作ったロゴ(マーク)。テレビやラジオCMの前後に挿入し、消費者にほんの数秒でどの企業のCMであるかを気付かせる地味ながらも重要な役割を担う。

ニュースが伝える「伯方の塩」は、1996年から続く長い歴史を持つ伝統のクリエイティブ。独特のリズムに乗った男性の声による力強いナレーションは一度聴いたら耳から離れないパワーを持つ“国民的サウンロロゴ”とも呼べる作品だ。

ネット動画の隆盛により、音と映像によるコミュニケーションが存在感を増していく中で、サウンドロゴの価値もより高いものになっていくことだろう。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

コラボレーションはギャップが肝?

富士川町の酒蔵「萬屋よろずや醸造店」は、よっちゃんイカの愛称で親しまれているイカの加工食品「カットよっちゃん」とコラボした日本酒を売り出している。カットよっちゃんの酸味に合うスッキリとした味わいが特徴 …

鉄道利用者の増加と沿線ブランド

利用者を増やしている鉄道会社はどこか。日本民営鉄道協会では大手私鉄16社の輸送人員を定期、定期外に分けて発表している。この10年分(2009~2018年度)をまとめた輸送人員の推移から、興味深い事実が …

インバウンド勝ち組、高山市の“まじめ”な取り組み

「プライベートの訪日は3回目。ヒダが『日本のアネックス(奥座敷)』と言われているのは本当かい? SNS(交流サイト)にはドイツの世界遺産『ライン渓谷』にも負けない景観とあったので楽しみ」と、ドイツから …

プリンスホテル 次世代型宿泊特化ホテルはスマホゲームの世界に

西武グループのプリンスホテル(東京都豊島区)は6日、同区東池袋のサンシャインシティプリンスホテルの25階フロア全体を、人気のスマートフォンゲーム「FATE/GRAND ORDER(フェイトグランドオー …

自販機が地域ブランディングに貢献する?

宮崎市にあるみやざきアートセンター付近に設置された自販機。一見するとどこにでもある自販機だが、さも当然のような顔で「鶏の炭火焼き」「冷や汁」が並んでいる。 自販機の中でも異様な存在感を放っているこちら …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜