ブララボの目

トヨタ「終身雇用を守るのは難しい・・・」~日本企業の正念場 コーポレート・ブランドとスチュワードシップ・コードの相克~

投稿日:2019年5月20日 更新日:

日本自動車工業会・豊田章男会長:「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」

トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示しました。一方、中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べました。終身雇用を巡っては、経団連の中西宏明会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言しています。

TV ASAHI NEWS 2019/5/14
「終身雇用守るのは難しい」トヨタ社長が“限界”発言

先日、経団連が終身雇用の放棄を宣言して波紋を広げたが、日本を代表する製造業であるトヨタにおいても今回は同様の見解を述べた。米中を巡る貿易摩擦の先行きは依然として見通しが立たず、BREXIT騒動によるヨーロッパの混迷も治まらないなかでは、経営者としては厳しい発言をせざるを得ない状況である。

トヨタ社長の豊田章男氏は、創業一族出身でMBAホルダーという学位をもつプリンスのような経営者だが、リーマンショックの直後に社長に就任し、リコール問題や東日本大震災というトヨタの経営危機をいくつも乗り切り、非常に困難な局面を打開し続けたとてもタフな経営者である。ましてやBtoC企業であるがゆえに、自身の発言と行動は消費者からダイレクトな反応を受けやすい中、今回は覚悟をもって意見を表明したのであろう。
しかし、この発言の裏にはスチュワードシップ・コードも関係しているのではないだろうか。

スチュワードシップ・コードは、リーマンショックの反省により生まれた金融機関と機関投資家向けのガイドラインだが、このガイドラインが普及した結果、投資先企業の経営について厳しい意見を表面する傾向が強くなっている。世界規模で経営を行うトヨタは、このガイドラインを遵守しなくてはならない環境下にある。つまり、予見されうる危機を回避して、最大限の収益を追求することを意識しなくてはならないということである。しかし、「企業の利益最大化 = ブランド価値最大化」ではないところが、経営者としては悩ましい点かと。

今回の論点となった“終身雇用”は日本独特の文化であり、トヨタのように世界規模の経営を行う企業においては限定的な影響しか受けないと推測もできるが、反面、日本国内においてコーポレート・ブランドの価値がマイナスに働き低迷した場合、海外での販売においても影響を及ぼすことも想定されうる。なぜなら、ビジネスにおいてBtoB企業の場合、消費者の反発を受けたとしても影響は限定的だが、BtoC企業においては直接的な企業収益に直結する可能性が高い。お膝元である日本での評価の低い企業の商品を、果たして海外の顧客が積極的に購入するかは疑問である。

企業経営において収益を上げるには、事業内容に関係なく共通事項が存在する。それは、売上高を増やし、原価を下げること。しかし、ブランド価値を上げるためには、前述のような普遍的な収益法則が存在せず、各企業の事業内容や文化的背景、社会環境など様々なものを考慮して取り組みを行わなくてはならない。様々な危機を乗り越えてきた実績のあるトヨタ経営陣が、今回のコーポレート・ブランドとスチュワードシップ・コードの相克をどのようにバランスをとって解決させていくかは、今後の参考事例になるのではないだろうか。

 

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント

-ブララボの目

関連記事

温泉街に巨大ペヤング 狙いはSNS、苦い過去も教訓?

パクチー味や通常の4倍盛りといった奇抜な新商品が次々登場する即席麺「ペヤング」シリーズ。インターネットでの話題の広がりを意識した製造・販売元「まるか食品」(群馬県伊勢崎市)の戦略がウケている。2014 …

ノートルダム大聖堂火災とその後の動きに見る、フランスのアイデンティティ

大規模な火災で甚大な被害を受けたフランスのノートルダム大聖堂の再建に向け、支援の動きが世界に広がっています。フランスのメディアは、これまでに表明された寄付の総額は日本円で1000億円近くに上ると伝えて …

外食チェーン、新商品の投入サイクルが業績に拍車をかける

明暗がくっきり分かれる決算となった。 牛丼チェーン「すき家」を手がけるゼンショーホールディングスが2月5日に発表した2018年度第3四半期(2018年4月~12月期)決算は、売上高4548億円(前年同 …

大手コンビニの相次ぐ「駅ナカ化」の背景 ブランド認知度向上作戦

駅ナカに“日本最小級”のローソンが続々とできている。いわゆる“駅ナカコンビニ”だけでなく、駅のホーム上や改札付近にも小さな店舗ができているのだ。最も小さな店舗は売り場面積が約6.6平方メートルで、“日 …

タレントの“SNSをしない”選択、少数派が奏功? ブランディングとしての役割に変化

“Twitterの日本開設から早10年。Instagramなども含めたSNSは一般人のみならず、タレントが自己発信のツールとして活用するのも“通常営業”となった。また、SNSがタレントの浮沈のカギを握 …

【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
クラフトボスの「クラフト感」って? ブームだけじゃないヒットの理由
クラフトボスの「クラフト感」って? ブームだけじゃないヒットの理由
3月 30, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
5月 16, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸