話題の事例紹介

ノートルダム大聖堂火災とその後の動きに見る、フランスのアイデンティティ

投稿日:2019年4月25日 更新日:

大規模な火災で甚大な被害を受けたフランスのノートルダム大聖堂の再建に向け、支援の動きが世界に広がっています。フランスのメディアは、これまでに表明された寄付の総額は日本円で1000億円近くに上ると伝えています。

フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂では15日、大規模な火災が起き、高さ90メートル余りのせん塔が焼け落ち、屋根の3分の2が崩れる甚大な被害が出ました。

フランスのマクロン大統領は日本時間の17日未明、テレビ演説を行い、「大聖堂をこれまで以上に美しく再建させる。5年以内に成し遂げたい」と訴え、国民に協力を呼びかけました。

フランスでは寄付の動きが急速に広がっていて、高級ブランドを傘下に持つ企業グループや、大手化粧品メーカーの創業者、石油会社などが巨額の寄付の意志を表明しています。

NHK NEWS WEB 2019/04/17
ノートルダム大聖堂 再建へ1000億円近い寄付表明 世界各地から

ご存知の通り、日本でも有名なノートルダム大聖堂が大規模な火災に見舞われた。火災が発生した15日から2日も経たぬうちに、大統領は「5年以内に再建する」と並々ならぬ意気込みを表明した。支援の輪はすでに世界規模で広まっている。この大きな流れの背景にあるのは、“フランスは文化の国である”という概念ではないだろうか。試みにこれを要素分解してみよう。ポイントは3つある。

①フランスは“文化の国“であるというイメージは世界的に普及している。
②フランスは自国のそのイメージに忠実に行動した=“文化の国”であるということはフランスのアイデンティティでもある。
③世界もそのイメージに沿って行動した。

フランスが文化の保護育成を重んじることは、そもそもルネサンス以来の伝統的な国策だが、現代においてその方向を決定づけたのはかの有名なシャルル・ド・ゴールである。ド・ゴールは1959~1969年の10年の長きにわたって大統領の職にあり、59年に文化省(現在の文化・通信省)を設置、初代文化大臣には小説家を任命した。第二次大戦後の復興期にあって、文化によってフランスの威信を世界に発信しようという狙いだった。“文化の国”は勝手に誕生したわけではない。フランス人が自国をそういう国にしようと意図し、継続的に行動した結果だ。“国家ブランディング”という言葉をまれに聞くが、ことフランスの文化政策を見ていると“国家”もブランディングの対象になり得るのだと思われてくる。

マクロン大統領を始めとしたフランス人自身の迅速で精力的な行動は、“我が国は文化を大切にする国である”という強い意志に基づくものだろう。
そのフランスの重要な文化財が火災に見舞われた。少し不謹慎かもしれないが、この事件がもしアジアやアフリカの小国での出来事であったら(たとえ国宝や世界遺産であっても)、このように急速に支援の輪が広まることはなかったのではないだろうか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

 

関連記事

“不買騒動”で証明された崎陽軒ブランドへのリスペクト

NHKから国民を守る党の立花孝志党首は19日、東京・麹町のTOKYO MX前で、同局番組「5時に夢中!」でタレントのマツコ・デラックスさんから批判されたことに対する抗議活動を行った。番組のスポンサーで …

外食チェーン、新商品の投入サイクルが業績に拍車をかける

明暗がくっきり分かれる決算となった。 牛丼チェーン「すき家」を手がけるゼンショーホールディングスが2月5日に発表した2018年度第3四半期(2018年4月~12月期)決算は、売上高4548億円(前年同 …

何が足りない? 魅力度44位「栃木県」

県の2019年度初めての「とちぎブランド力向上会議」が宇都宮市の県公館で開かれ、県が課題と位置付ける関西圏での情報発信などをめぐり、外部有識者らが意見を交わした。「食」にテーマを絞り込んだPRや、地道 …

SHIBUYA109、約40年親しまれてきたロゴマーク刷新、新ロゴは4月に設置

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは1月10日、SHIBUYA109ロゴマークを刷新すると発表した。新ロゴマーク設置の正式披露は4月28日を予定。SHIBUYA109の開業40周年を記念し、 …

国際線就航、「YOUR WING」を掲げるスカイマークの目論見

スカイマークが経営破たんして、新体制に移行した2015年9月から4年超。新体制発足から5年目に突入し、さらに成田-サイパン線という同社初の国際定期便就航を11月29日に控えるなか、スカイマークはブラン …

サイト内検索

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
ユニクロのポジショニング戦略とは? カギは「割り切り消費」
ユニクロのポジショニング戦略とは? カギは「割り切り消費」
CI、VI、BIの違いとは?
CI、VI、BIの違いとは?
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】