話題の事例紹介

ネット炎上からブランドを守る保険? 東京海上の新サービス

投稿日:2019年4月4日 更新日:

東京海上日動火災保険は22日、飲食店の従業員などによる不適切な動画の投稿やパワハラ被害が報道された際に、企業のトラブル対応費用を補償する保険を4月から提供すると発表した。アルバイトの問題行為でインターネット上に批判的な意見が集まり「炎上」する事例が増えており、需要が多いと判断した。保険料は年間数百万円で、弁護士への相談や緊急会見の開催費用など最大で1億円の保険金を支払う。

他の損害保険大手も同様の保険を手掛けており、損保ジャパン日本興亜は、批判的な書き込みがネットに一定数以上集まれば企業の対策費用を補償する保険を2017年3月に発売した。

毎日新聞 2019/03/22
「東京海上、ネット炎上も補償 不適切動画被害の保険提供」

政府は昨年、巨大IT企業の規制に向けた基本原則を取りまとめ、2020年には法規制の導入を目指すと発表した。ネット関連の技術は日進月歩だが、ことほどさようにその“負の側面”への対応は後手に回っている。上のような保険が登場したことは、ネット上の「炎上」が物理的な事故や天気などと並んで、“リスク”として一般的な認知を確立したともいえるだろうか。

また世間には、ネット上の炎上対策を「企業ブランドを守る」ことと位置付けて展開しているIT企業もある。炎上は企業のブランド価値を大きく毀損するからだ。ともすれば、ブランドというとマーケティングの「攻め」の戦略と考えられがちだが、「守り」も同様に重要だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

ローソンがセルフレジによる無人化の実証実験を開始 フランチャイズに光が?

ローソンは29日、7月をめどに深夜時間帯の営業を無人化する実証実験を始めると発表した。コンビニエンスストア業界では人手不足が課題として、無人店舗が対策となるか検証する。 (中略) 実証実験は、全国の店 …

小粒でも、ピリリと辛い、存在感。 山椒ブームは現代世相の反映か

明治時代の牛肉しかり、平成のパクチーしかり。個性のある味の定着には時間がかかる。なじみのある食材や調味料でも、シーンが変われば「新しい味」としてすそ野が広がる。 そんな「新しい味」として強力に存在感を …

「737MAX」の失墜で、ボーイングは何を失ったのか?

米航空機大手ボーイングが24日発表した2019年4~6月期決算は、最終損益が29億4200万ドル(約3100億円)の赤字だった。新型機「737MAX」の墜落事故による出荷停止などで売上高が35%減少し …

なおみ特需ブレーク 全豪Vラケット、腕時計人気、テニスクラブ入会希望が増

テニスの全豪オープン女子シングルスで大坂なおみ選手(21)が日本勢初の優勝を決め、国内でもテニス熱が高まっている。大坂選手が試合中に着けていた腕時計に予約が殺到するなど、関連商品の売れ行きは好調だ。地 …

甘い夜に、〆のパフェ

新橋駅から徒歩2分という便利な立地にある第一ホテル東京のカフェバー「トラックス」では、「〆のお茶パフェ」と題して、夜限定パフェを提供中です。和風グラノーラをベースにホイップや白玉、抹茶とほうじ茶のアイ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
CI、VI、BIの違いとは?
CI、VI、BIの違いとは?
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは
成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは