話題の事例

新時代の交通広告!? タイヤの跡が広告になる自転車

投稿日:2019年3月28日 更新日:

走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE(スタンプバイク)」が19日、東京都渋谷区の複合施設「渋谷ストリーム」の広場で報道陣に公開された。

携帯電話大手NTTドコモが開発。自転車に3Dプリンターで製作した空気の入っていない「エアレスタイヤ」とポンプを取り付けた。ポンプからタイヤに水が噴射され、ぬれたタイヤの跡がスタンプのように地面に残る仕組みになっている。
(中略)
同社担当者は「水で描く広告を通して環境負荷の低減を啓発し、見た人に少しでも地球環境のことに思いを巡らせてもらえれば」と話していた。

(読売新聞オンライン 2019/03/19
タイヤの跡が広告になる自転車、ドコモが開発)

新しい交通広告が誕生した、というと大げさだろうか。しかし、時間の経過で自然消滅する広告媒体は前代未聞ではないだろうか。

AR(Augmented Reality = 拡張現実)などを駆使したデジタル広告の進歩に目が行きがちな昨今、ローテクを活かしたこのような広告はかえって目を引くかもしれない。

自転車の構造上、タイヤの幅より広いものとタイヤの直径より長いものは表示できないという制限はあるが、ローカルな広告としては十分活用できそうだ。たとえば地元密着型のスーパーや飲食店など、この媒体の話題性にも注目した企業が広告主になるだろう。

はたして、「STAMP BIKE」は交通広告の一つとして普及するのだろうか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

地方自治体のPR動画も、“2.5次元”の時代?

岡山市は5日、市出身のタレント桜井日奈子さんを起用したPR動画集「鬼カワイイ岡山市」新シリーズの再生回数が10月12日の公開から21日目で100万回を突破したと発表した。桜井さん本人のシーンに加えて、 …

日本の老舗SNS企業による、次世代ビジネスモデル確立への苦闘

「『モンスターストライク』(モンスト)を再起させる」――ミクシィの木村弘毅社長は5月10日、決算説明会でそう話した。同社の2019年3月期(18年4月~19年3月)通期連結業績は、売上高が1440億円 …

北海道の雄・セイコーマートにみる、ローカルチェーンの地元密着戦略

サービス産業生産性協議会の過去10回の顧客満足度調査で、北海道のセイコーマートはコンビニ部門1位を7回獲得している。消費者がコンビニに24時間営業と一律のオペレーションを熱望しているのだとすれば、こん …

イチローさんと“草野球”に見るブランド拡張の美しい使い方

今年3月にマリナーズで現役を引退したイチロー氏(45=現マ軍会長付特別補佐兼インストラクター)が今オフ、草野球デビューすることが16日(日本時間17日)、分かった。同氏がスポニチ本紙の取材に明かしたも …

投票日は臨時休業。環境企業の先駆者・パタゴニアのビジョン

アウトドア衣料品メーカー「パタゴニア」の日本支社(横浜市)は、参院選の投開票日の21日、全国22の直営店すべてを臨時休業にする。投票へ行くよう従業員に促すとともに、顧客にも選挙について考えてもらうのが …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜