話題の事例紹介

Netflix「ROMA ローマ」は“映画”か?英興行会社シネワールドが徹底抗戦

投稿日:2019年3月12日 更新日:

カンヌ国際映画祭コンペティション部門への出品が決まっていたにもかかわらず取り下げられ、ベネチア国際映画祭でNetflixオリジナル映画としては初となる金獅子賞を受賞するなど、今年の賞レースを牽引する一方で様々な物議を醸してきた「ROMA ローマ」。

AMCとリーガル・シネマズの2大映画館チェーンが、アカデミー賞作品賞にノミネートされた映画を授賞式前に再上映する特集のラインナップから同作を外すなど、米興行界からの風当たりも強まるなか、シネワールドのBAFTA脱会によって、映画祭とNetflixをめぐる論争は今後ますます激化しそうだ。

3月4日 映画.com

第91回米アカデミー賞でもっとも注目を集めた作品はといえば、「監督賞(アルフォンソ・キュアロン監督)」など3冠に輝いた『ローマ』だろう。米アカデミー賞で、Web配信動画が受賞したのは初めてのことであり、スティーヴン・スピルバーグ監督をはじめ『ローマ』受賞に異議を唱える映画人の声も聞こえてくる。

とはいえ、この“受賞論争”と関係なく、『ローマ』のアカデミー受賞がWeb配信動画の価値を大きく底上げすることは間違いない。なにしろ「動画配信サービスが制作した動画の品質が、フィルム映画と同水準に達した」というお墨付きを得たのだから。

ブランディングの面で見ても、Amazon、Hulu、dTVといったライバルの中で、Netflixをひとつ上のレベルに押し上げるエポックメイキングな事件になるのではないか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

“半端ない”ブランド価値を目指して~本坊酒造が大迫選手とアンバサダー契約

桜島と鹿児島市(イメージ) “本坊酒造は、プロサッカー選手の大迫勇也氏とアンバサダー契約を締結した。同社は今後、大迫選手をアンバサダーとして起用したプロモーション、CM広告、ポスターなど各種販売促進ツ …

「65型」が15万円台。大型テレビもアンチブランドの時代?

アイリスオーヤマは今月、テレビ事業に本格参入する。10月には、昨年からホームセンター向けにテスト販売する独自ブランド「LUCA(ルカ)」シリーズに、家電量販店向けに画質と音質を向上させた2モデルを追加 …

“脱・目的地”へ。カナダ観光局が見据える観光の未来

カナダ観光局は2019年5月28日、トロントで開催されているBtoB旅行業界向けイベント「ランデブーカナダ(RVC)」の開幕にあわせて、新ブランド「For Glowing Hearts」を発表、それに …

CR7とJUVENTUSのブランド戦略。ロナウド獲得のもう一つの狙い

(前略)ユベントスが描いているシナリオは、「JUVENTUS」というブランドに「CR7」という大きな付加価値をつけることによってその商業的価値を大きく高め、マーチャンダイジングやスポンサーといったグロ …

Amazonが生鮮食品を強化、「男性ウケ」から「女性ウケ」へ

アマゾンジャパンは5月30日、「Amazonプライム」会員向けの即時配送サービス「Amazon Prime Now」で、スーパーマーケット「ライフ」の生鮮食品や総菜を取り扱うと発表した。年内に都内の一 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測