ブララボの目

スタバ高級新型店オープンの真の狙いを深読みする

投稿日:

 2019年2月28日(木)、東京・中目黒に、日本国内初となる『スターバックス リザーブ ロースタリー』がオープンしました。オープン後4日間と3月9日、10日の週末には入場制限が設けられることが決まり、事前に優先入場チケットの抽選も行われるなど、異例の大注目を集める新店舗。いわゆる“普通のスタバ”とはどう違うのでしょうか?

類いまれなコーヒーを多彩な抽出方法で! 「スターバックスリザーブ」とは?

まず、スターバックスコーヒーには、『スターバックスリザーブ』という業態があるのをご存知でしょうか。「ベトナム ダ ラット」、「エチオピア ケイオン マウンテン ファーム」など、世界各地から厳選された高品質な豆を、その特徴や好みに合わせて、コーヒープレスやサイフォン、ブラックイーグルやクローバーなど、様々な手法やマシンを駆使し、多彩な方法で抽出することで、上質かつ本格的なこだわりのコーヒーを楽しめるのが特長です。

『スターバックスリザーブ』の店内はシックで大人な雰囲気が漂い、カップやグッズもオリジナルデザインのものが採用されているほか、「ヘーゼルナッツ プラリネ ラテ」など『スターバックスリザーブ』限定のメニューもあります。品質や空間にこだわっている分、一般的なスターバックスと比べると価格帯も高めに設定されていて、様々な面でハイグレードなスタバであるといえます。

(@niftyニュース 2019/03/04
普通のスタバとどう違う? 世界に5店舗しかない
『スターバックス リザーブ ロースタリー』とは?)

スターバックスといえば、「第3の場所」(サードプレイス)のコンセプトでも有名なカフェ大手だ。家庭でも職場でもない、くつろげる第3の場所というわけだ。1971年、アメリカはワシントン州シアトルで1号店が開店、日本では1996年に銀座で1号店が開店している。その後のチェーンの急速な広がりを知らない人はいないだろう。

そんなスタバが新業態の高級路線の店舗をオープンさせた。いったいなぜだろうか。「スターバックス リザーブ ロースタリー」(以下、ロースタリー)は新しいコンセプトを試してみるための実験的な店舗だともいわれているが、それだけではないようにも思える。

というのもかなり以前から、スターバックスのブランドイメージは揺らいでしまっているからだ。ドトールにカフェの人気ランキングで抜かれたと報じられたこともあった。急速にチェーンを拡大する過程で、くつろげる「第3の場所」というコンセプトは薄まってしまったのだ。回転率を上げるためかテーブルの間隔を狭くしている店舗や、店内が若者でごった返して、落ち着けない雰囲気になっている店舗も決して少なくはない。数年来「ブランドイメージ」の回復が課題だと、スターバックス社内でも認識されていたのではないだろうか。

ブランドイメージが低下した状況で高級路線の新ブランドを立ち上げ、かつ既存ブランドとの関係もはっきりわかるようにプロモーションすることは有効な対策の一つだ。新ブランドのイメージに牽引されて、既存ブランドのイメージもグレードアップできる。しかも、既存ブランドは従来の価格帯やサービスをほぼ変える必要はない。

報道されているような人気ぶりからすると、ロースタリーは店舗単独でも利益を出せるだろう。しかしそれだけではなく、チェーン全体にもたらすイメージアップ効果も大きく、その価値は測り知れない。

 

能藤 久幸(のとう ひさゆき)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 ディレクター・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ

-ブララボの目

関連記事

犬山市がフリースピーチ制度を導入 米国流のアプローチで地域創生

なり手不足や投票率の低下など数々の課題に直面する地方議会。そうした現状に風穴を開ける取り組みが愛知県犬山市議会で進んでいる。ガラガラだった傍聴席が埋まり、16年間放置されていた市環境基本計画の改定にも …

札幌不動産店での爆発事故に見る、ブランドの影響

札幌市豊平区で16日夜、42人が重軽傷を負った爆発事故で、発生元とされる不動産店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」の佐藤大生社長は18日、記者会見し、2日後の店の改装に備え、未使用の消臭ス …

吉野家、ぬぐい切れぬ「9年ぶり赤字転落」懸念

“創業120周年の牛丼チェーン吉野家を傘下に持つ吉野家ホールディングスが業績不振に苦しんでいる。同社は1月10日、2018年度の第3四半期(2018年3~11月期)決算を発表した。売上高が1500億円 …

タレントの“SNSをしない”選択、少数派が奏功? ブランディングとしての役割に変化

“Twitterの日本開設から早10年。Instagramなども含めたSNSは一般人のみならず、タレントが自己発信のツールとして活用するのも“通常営業”となった。また、SNSがタレントの浮沈のカギを握 …

温泉街に巨大ペヤング 狙いはSNS、苦い過去も教訓?

パクチー味や通常の4倍盛りといった奇抜な新商品が次々登場する即席麺「ペヤング」シリーズ。インターネットでの話題の広がりを意識した製造・販売元「まるか食品」(群馬県伊勢崎市)の戦略がウケている。2014 …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
5月 16, 2018 に投稿された
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
7月 4, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸