話題の事例紹介

大手コンビニの相次ぐ「駅ナカ化」の背景 ブランド認知度向上作戦

投稿日:2019年2月27日 更新日:

駅ナカに“日本最小級”のローソンが続々とできている。いわゆる“駅ナカコンビニ”だけでなく、駅のホーム上や改札付近にも小さな店舗ができているのだ。最も小さな店舗は売り場面積が約6.6平方メートルで、“日本最小級”のサイズになっている。ローソンは今後も駅ナカへの出店を進めていく計画だが、目先の売り上げ増だけでなく、長期的な布石も踏まえた戦略だという。
(中略)
今後、少子高齢化や都市部への人口集中により、車の所有者は減り続けるとみられている。すると、鉄道やバスといった公共交通機関を利用するお客が増えることになる。
お客の“動線上”にローソンの店舗をつくることには、さまざまなメリットがある。例えば、「ローソン」の看板を目にする機会が増えることで、ブランドに対する認知度が向上する。さらに、駅ナカ店舗でローソンの新商品を目にしたり、購入したりすることで、別の店舗での購買につなげられる。新たなサービスを提供したり告知したりする場になりうるのだ。

(IT media 2019/2/20
駅ナカで売れる“三種の神器”に変化 商機を見いだす“ローソンの野望”)

ホームや改札口などに立地する売店、いわゆる駅ナカコンビニといえば、多くの人がKIOSKを思い浮かべるだろう。ところが大手コンビニ各社が、相次いで「駅ナカ化」へ乗り出している。これは駅ナカに対するニーズが「タバコ・雑誌・新聞」という“三種の神器”から、携帯性の高い食品(おにぎりやパン)、あるいは日用品へとシフトしてきたことが背景にあるという。

ニュースの中では「ブランドに対する認知度が向上する」と簡単に書いている。しかしローソンほど有名なら、知らないという人はほとんどいないと思われるから、その後に続くほうが真の狙いなのだろう。つまり、駅ナカで見た商品を別の店舗で購入してもらうことだ。

一方、開店したばかりの無名の店舗にとっては、「認知度」を向上させる施策はさらに重要になる。お店を一度覚えてもらっても、忘れられてしまう可能性が高いからだ。消費者に覚えていてもらうためには、お店を繰り返し認識してもらうことが必要だ。この「再認」の機会が多ければ多いほど、消費者の頭の中でそのお店のイメージは強固になっていく。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

不評の「SHIRO」リブランディング。消費者は何に怒ったのか?

コスメティックブランド「シロ(SHIRO)」が、2019年秋にリブランディングを行い、ブランドロゴやパッケージをリニューアルしたことについて、SNSで不満の声が上がっている。これを受けてブランドと同名 …

脱・絶叫系? 新アトラクションから見える富士急ハイランドの青写真

画像引用:富士急ハイランド 富士急ハイランドが、 暗闇の恐怖を体感するダークライドアトラクション「無限廃坑(むげんはいこう)」を2019年3月23日(土)にオープンする。 「無限廃坑」の舞台となるのは …

中国企業のブランド進化論 アリババとダブルイレブンでの販売構造変化

【北京=三塚聖平】中国で「独身の日」と呼ばれる11日に毎年恒例のインターネット通販各社による値引きセールが行われ、中国電子商取引(EC)最大手アリババグループの取引額が2684億元(約4兆2千億円)に …

ブラックフライデーとブランドの価値狂騒

【冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」を展開するイオンサヴールは11月28日~12月1日、Picard 初の試みとなる「Picard ブラックフライデー2019」を開催する。 ワインにぴったりの …

no image

ブランドによる信用補完機能は再生の切り札となるか ノジマとスルガ銀行の提携の進展

家電量販大手のノジマは不正融資が問題となったスルガ銀行の創業家が持つすべての株式を取得し、筆頭株主になると発表しました。 ノジマは5月、スルガ銀行との業務提携で合意しましたが今回、創業家が保有するすべ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
CI、VI、BIの違いとは?
CI、VI、BIの違いとは?
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜