話題の事例紹介

フードデリバリー系強し。ブランド力は時代を映す鏡?

投稿日:2019年12月25日 更新日:

データ分析企業のモーニング・コンサルト(Morning Consult)は、2019年に急成長を遂げたブランドを調査し、12月5日(現地時間)にレポートを公開。Z世代、ミレニアル世代(1981年から1995年生まれ)、X世代(1965年から1980年生まれ)、ベビーブーマー世代(1946年から1964年生まれ)の各世代が、「購入を検討する機会が大幅に増加」した企業を明らかにした。

レポートによると、上位20企業のうち飲食産業が11企業を占め、これらがすべての年代で優位に立っている。スタートアップのドアダッシュ(DoorDash)が2年連続トップとなった一方、レガシーブランドも若い購買層の関心を集めるようになった。

ビジネスインサイダー 2019/12/16
老舗ブランドもランクイン…Z世代で人気急上昇のブランドトップ10

「ソニー」や「ウーバー」、「ナショナルジオグラフィック」を除くと日本ではまだ知られていない企業が多数ランクインした印象の本ランキング。一見、何の脈絡もなさそうに思えるが、1位と2位、8位、10位はいわゆるオンデマンドデリバリーサービスを手掛ける企業だ。

近年世界的に躍進するデリバリーサービス。日本ではまだウーバーイーツの配達員を目にする程度だが、そこは宅配先進国アメリカ。2018年の市場規模は240億ドル(約3.6兆円)にまで膨れ上がるなど、投資家も注目する一マーケットを形成している。

“Z世代(ジェネレーションZ)”とは1990年代後半~2000年生まれをカテゴライズしたもので、彼らのスマートフォンを中心としたライフスタイルが浮き彫りになる。ブランドは時代を映す鏡なのだ。

それにしても、なぜここに「ソニー」の名前がランクインしているのかは不明だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

老舗企業の継続的な挑戦心 Mizkanとお酒のコラボレーション企画

サッポロライオンから、「Mizkan」とコラボした期間限定のビヤカクテルが、2019年7月1日(月)〜8月31日(土)に、「YEBISU BAR(ヱビスバー)」18店舗で販売になります。 「Mizka …

no image

JALが「羽田-福岡線」を拡張 進化し続ける街「福岡市」に大注目

日本航空(JAL/JL、9201)は4月4日、エアバスA350-900型機を9月1日から羽田-福岡線に就航させると発表した。これまでも9月に運航を開始することは公表していたが、就航日を明らかにしたのは …

宇大浪漫 産学連携によるブランド開発

宇都宮大学(宇大)の名を冠した焼酎「宇大浪漫」。これまでは県内の一部での販売に限られていたが、昨年から全国で流通が始まった。製造元の栃木県那珂川町の「白相(しらそう)酒造」は県内で唯一、麦や芋の本格焼 …

酔えない社会での、高アルコール飲料ヒット要因とは

サントリースピリッツ株式会社より「-196℃ ストロングゼロ〈トリプルレモン〉」が、2019年7月23日(火)から夏限定で新しく発売されます。 「-196℃ ストロングゼロ〈トリプルレモン〉」は、20 …

GAFAはGAAへ? 「ブランド価値ランキング」から読み解くブランドの栄枯盛衰

ブランドコンサルティングの米インターブランドは17日、グローバルに展開する企業・商品のブランド価値ランキングを作成した。2019年版の首位はアップル、2位がグーグルで7年連続で順位を守った。8位までの …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜