話題の事例紹介

「米大統領選」はパーソナル・ブランディングの見本市?

投稿日:2019年12月18日 更新日:

2020年米大統領選挙への出馬を表明しているマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長は今年の政治広告支出額で、先に選挙戦に参入していた資産家トム・ステイヤーらを抜き首位に立っている。

ブルームバーグ氏の陣営は9日にテレビ広告費用として2520万ドル(約27億4000万円)を新たに投じた。同氏は11月24日に民主党候補指名争いに参戦した。

アドバタイジング・アナリティクスの集計データによると、ブルームバーグ氏はテレビコマーシャルやケーブル、デジタル形式の広告にこれまでに8900万ドルを支出しており、ステイヤー氏の6500万ドルを上回った。トランプ大統領はこれまでに約3400万ドルを費やしている。

ブルームバーグ 2019/12/10
ブルームバーグ氏が今年の政治広告支出で首位-11月に大統領選出馬

トランプ大統領の再選か、あるいは民主党の政権奪取か?――世界が注目する米大統領選は投票まで1年を切り、各候補者たちによるPRにも熱を帯び始めている。

日本の国政選挙では、街頭演説やなどがポピュラーだがそこはメディア超大国アメリカ。PRの方法も、テレビCMやインターネット、SNSを用いた“広告”が中心となる。ニュースが伝えるブルームバーグ氏は前ニューヨーク市長で民主党の有力候補。驚くべきは広告費で、なんと2019年のテレビ広告費だけで2520万ドル(日本円で約27億円!)という巨額を投じている。それだけイメージアップに躍起になれなければ勝てないということだろう。

米大統領選では「ロゴマーク」や「スローガン」、さらには「アパレル」など企業広告顔負けのブランド要素が創作され、各候補が己のイメージをつくり上げていく。いわば「世界最大のパーソナルブランディングの見本市」なのだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

ロゴ変更。ネット黎明期のアイコン米「Yahoo!」の現在地

米Verizon傘下のYahoo!は9月24日(現地時間)、企業ロゴの新デザインを発表した。2013年9月以来、6年ぶりのデザイン変更だ。なお、日本のYahoo Japanは資本的に無関係であり、ロゴ …

ギャル文化消滅? セシルマクビー、“脱ギャル服”路線に転じる

「セシルマクビー(CECIL McBEE)」が2019年秋冬シーズンにリブランディングする。新たなコンセプトに「今の私にちょうどいい」を掲げ、トレンドを取り入れながら等身大の女性たちに共感してもらえる …

不評の「SHIRO」リブランディング。消費者は何に怒ったのか?

コスメティックブランド「シロ(SHIRO)」が、2019年秋にリブランディングを行い、ブランドロゴやパッケージをリニューアルしたことについて、SNSで不満の声が上がっている。これを受けてブランドと同名 …

「マツダ地獄」は克服されたのか マツダの描くブランド化戦略

マツダは、新型スポーツ用多目的車(SUV)「CX-30」を10月24日に発売する。5月に投入した「マツダ3」に続く新世代商品の第2弾。同社のSUVでは小型の「CX-3」と中型の「CX-5」との中間的な …

鳥取の魅力を伝えるイベント。新宿のビームスジャパンで開催

国内外の衣料や雑貨を扱うセレクトショップ「BEAMS(ビームス)」が、民工芸品の展示販売を通じて鳥取県の魅力を発信するイベント「BEAMS EYE TOTTORI(ビームス アイ トットリ)」を東京都 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜