話題の事例紹介

「米大統領選」はパーソナル・ブランディングの見本市?

投稿日:2019年12月18日 更新日:

2020年米大統領選挙への出馬を表明しているマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長は今年の政治広告支出額で、先に選挙戦に参入していた資産家トム・ステイヤーらを抜き首位に立っている。

ブルームバーグ氏の陣営は9日にテレビ広告費用として2520万ドル(約27億4000万円)を新たに投じた。同氏は11月24日に民主党候補指名争いに参戦した。

アドバタイジング・アナリティクスの集計データによると、ブルームバーグ氏はテレビコマーシャルやケーブル、デジタル形式の広告にこれまでに8900万ドルを支出しており、ステイヤー氏の6500万ドルを上回った。トランプ大統領はこれまでに約3400万ドルを費やしている。

ブルームバーグ 2019/12/10
ブルームバーグ氏が今年の政治広告支出で首位-11月に大統領選出馬

トランプ大統領の再選か、あるいは民主党の政権奪取か?――世界が注目する米大統領選は投票まで1年を切り、各候補者たちによるPRにも熱を帯び始めている。

日本の国政選挙では、街頭演説やなどがポピュラーだがそこはメディア超大国アメリカ。PRの方法も、テレビCMやインターネット、SNSを用いた“広告”が中心となる。ニュースが伝えるブルームバーグ氏は前ニューヨーク市長で民主党の有力候補。驚くべきは広告費で、なんと2019年のテレビ広告費だけで2520万ドル(日本円で約27億円!)という巨額を投じている。それだけイメージアップに躍起になれなければ勝てないということだろう。

米大統領選では「ロゴマーク」や「スローガン」、さらには「アパレル」など企業広告顔負けのブランド要素が創作され、各候補が己のイメージをつくり上げていく。いわば「世界最大のパーソナルブランディングの見本市」なのだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

-話題の事例紹介

関連記事

日本の老舗SNS企業による、次世代ビジネスモデル確立への苦闘

「『モンスターストライク』(モンスト)を再起させる」――ミクシィの木村弘毅社長は5月10日、決算説明会でそう話した。同社の2019年3月期(18年4月~19年3月)通期連結業績は、売上高が1440億円 …

不要時計で社会貢献 TiCTACが刻む、SDGs

腕時計のセレクトショップ「TiCTAC」(チックタック)では、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(JCV)の活動に協力する「腕時計下取りキャンペーン」を今年も実施いたします。 環 …

ネット炎上からブランドを守る保険? 東京海上の新サービス

東京海上日動火災保険は22日、飲食店の従業員などによる不適切な動画の投稿やパワハラ被害が報道された際に、企業のトラブル対応費用を補償する保険を4月から提供すると発表した。アルバイトの問題行為でインター …

90’sリバイバル。ブランドロゴは大きく見せるのが当世流?

「ゲス(GUESS)」が、都内3店舗目の路面店「GUESS 新宿」を7月28日にオープンする。 新店舗は、新宿3丁目エリアに出店。通常のラインナップに加えて、店舗限定アイテムの取り扱いを予定している。 …

Jリーグ「町田ゼルビア」、紛糾した改称騒動に仮決着

J2のFC町田ゼルビアオーナーの親会社サイバーエージェントの藤田晋社長は、11日のサポーターミーティングでチーム名を「FC町田トウキョウ」に改名すると発表した件に関し、18日、20年は名称、ロゴ含め現 …

サイト内検索

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!