話題の事例紹介

ツーリストをも魅了する日清食品の「コト型」ブランディング

投稿日:2019年12月4日 更新日:

大阪府池田市満寿美町にあるカップヌードルミュージアム大阪池田が21日、開館から20周年を迎えた。池田市は日清食品創業者の安藤百福氏が世界初の即席麺・チキンラーメンを発明した「発祥の地」。ミュージアムは来場者数がまもなく1千万人の大台を迎える、関西随一の観光スポットとなった。

11月中旬の午後、チキンラーメンを実際に作れる「チキンラーメンファクトリー」では、外国人の姿が目立っていた。製麺機で麺を延ばしたり、麺に味を付けたり。スタッフが油で揚げた麺を見て、拍手も湧いた。中国から来たチャン・ジャーイーさん(29)は「インターネットで調べてここに来た。とても面白かった」。スペインから来たウーゴ・ディアスさん(41)は「今度食べる時にもう一回思い出しそう」と笑った。

朝日新聞 2019/11/22
チキンラーメンの聖地、20年で来場者1千万人へ

コミュニケーションがマスメディアの支配下に置かれていた時代、「ブランド価値」とは企業から消費者への一方的な“約束”だったが、インターネットの台頭とともにその関係性は変質。今やブランド価値は企業と消費者が共に築く、いわゆる「モノからコト」へのシフトチェンジがテーマだが、大阪池田の「チキンラーメンファクトリー」はまさしく典型的な“体験型ブランディング”を提供する場だ。

企業のブランディング施設は自社の歴史を伝える展示を中心としたミュージアム型は一般的だが、日清食品は消費者が実際にチキンラーメンの製造工程を楽しめる体験型アトラクションである点で他と一線を画す。

それは日清食品創業者にして即席ラーメンの発明者・安藤百福が実際に行ったチキンラーメン誕生のプロセスを文字通り追体験できるものであり、日本語を解さない外国人にも参加できる、どんな雄弁なブランドストーリーよりも強力な訴求力を持つ。

ブランド体験もまた、“百聞は一見に如かず”なのだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

ロゴ変更。ネット黎明期のアイコン米「Yahoo!」の現在地

米Verizon傘下のYahoo!は9月24日(現地時間)、企業ロゴの新デザインを発表した。2013年9月以来、6年ぶりのデザイン変更だ。なお、日本のYahoo Japanは資本的に無関係であり、ロゴ …

デミオは「マツダ2」へ。車名の統一を図るマツダの狙いは?

マツダは4日、主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外で採用している「マツダ6」に改称して8月1日に発売すると発表した。小型車「デミオ」も近く「マツダ2」に改称する方針で、社名を冠した名称に統一し、ブラ …

ロングセラーの地位は、思い起こしのアピール?

ロングセラーを続ける“10円駄菓子”の「うまい棒」が今年発売40周年を迎えた。「チーズ」や「カレー」といった定番に加え、いまでも毎年1~2種類の新しい味を生み出しているのは、うまい棒ほかスナック菓子の …

“不買騒動”で証明された崎陽軒ブランドへのリスペクト

NHKから国民を守る党の立花孝志党首は19日、東京・麹町のTOKYO MX前で、同局番組「5時に夢中!」でタレントのマツコ・デラックスさんから批判されたことに対する抗議活動を行った。番組のスポンサーで …

“半端ない”ブランド価値を目指して~本坊酒造が大迫選手とアンバサダー契約

桜島と鹿児島市(イメージ) “本坊酒造は、プロサッカー選手の大迫勇也氏とアンバサダー契約を締結した。同社は今後、大迫選手をアンバサダーとして起用したプロモーション、CM広告、ポスターなど各種販売促進ツ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜