話題の事例

サービス開始と同時に1000万人が加入。高まる「ディズニー+(プラス)」への期待感

投稿日:

ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney +」が11月12日、サービスを開始した。ディズニーによると既に1000万人が加入したという。

Disney +はサービス開始当日に、アクセスが殺到しシステム障害を発生させたが、1000万人という数字はエンタメ企業としてのディズニーのブランド力を示すことになった。アプリ調査企業のApptopiaのデータから、業界のアナリストはサービス開始初日のDisney+のアプリのダウンロード数を320万件と試算していたが、実際の会員数はその3倍に達していたことになる。

Apptopiaによると、Disney+がまず利用可能になった米国とカナダ、オランダのユーザーらはサービス開始初日に130万時間をコンテンツ視聴に注いでおり、視聴時間はアマゾンプライムやRokuの顧客を上回ったという。

フォーブスジャパン 2019/11/14
「Disney +」初日に1000万人が加入、ディズニーのブランド力を誇示

去る9月に当ブランディングラボでも報じたウォルト・ディズニー社による動画配信サービス「ディズニープラス」だが、どうやらその初動インパクトは想像を超えるものになったようだ。

ディズニープラスは2019年11月12日から約2年をかけて段階的にサービス配信国を広げていくプランを掲げており、第一段階でサービスが開始されたのは米国、カナダ、オランダの3か国のみ。にもかかわらずすでに1000万人超が加入したという事実は、国を超えた人々の“ディズニーブランド”に対する圧倒的な信頼と、そこから醸成される信頼感がいかに高いかの証左に他ならない。

動画配信サービスでは先行するNetflixが世界で1億5000万人もの有料会員を抱えているとされる一方で最大の消費国・米国ではすでにユーザー離れも報じられている。混沌の色を濃くする動画配信市場へ、ディズニープラスの参入がどのような影響を与えるのか注目だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ 

関連記事

国産スポーツブランドは躍進できるか

デサントを取り巻くスポーツアパレル業界は、スポーツウエアを普段着として着る「アスレジャー」市場の拡大や、来年の東京五輪・パラリンピックなど大型スポーツイベント開催によるビジネスチャンスを迎える。ただ、 …

“脱モテ路線”へ舵を切るサマンサタバサ。その背景とは?

2019-20年秋冬からリブランディングを開始した 「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」は、最新の広告ビジュアルを発表した。 (中略) 19年秋の第1弾のビジュアルでは、“ネオ マス …

技術・生産志向産業の、プロダクトアウトからマーケットインへの道

2019食の陣CRAFT「クラフトビール&ピンチョス&春の陣」が、2019年5月24日(金)〜5月26日(日)に開催になります。 2019食の陣CRAFT「クラフトビール&ピンチョス&春の陣」は、今年 …

世界遺産で街おこし 大阪府堺市の地域活性化プロジェクト

大阪初の世界遺産として盛り上がりを見せる「百舌鳥・古市古墳群」。そんななか、古墳の魅力を楽しむために増えているのが古墳グッズのイベント。7月17日から、「堺タカシマヤ」(大阪府堺市)で『古墳祭り in …

今、アパレルメーカーが「キャンプ場」をつくる理由とは?

アーバンリサーチ(URBAN RESEACH)が、長野県茅野市蓼科湖の湖畔にキャンプ場「タイニーガーデン(TINY GARDEN)」を開業する。オープンは8月中旬を予定している。 タイニーガーデンの敷 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜