話題の事例紹介

サービス開始と同時に1000万人が加入。高まる「ディズニー+(プラス)」への期待感

投稿日:

ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney +」が11月12日、サービスを開始した。ディズニーによると既に1000万人が加入したという。

Disney +はサービス開始当日に、アクセスが殺到しシステム障害を発生させたが、1000万人という数字はエンタメ企業としてのディズニーのブランド力を示すことになった。アプリ調査企業のApptopiaのデータから、業界のアナリストはサービス開始初日のDisney+のアプリのダウンロード数を320万件と試算していたが、実際の会員数はその3倍に達していたことになる。

Apptopiaによると、Disney+がまず利用可能になった米国とカナダ、オランダのユーザーらはサービス開始初日に130万時間をコンテンツ視聴に注いでおり、視聴時間はアマゾンプライムやRokuの顧客を上回ったという。

フォーブスジャパン 2019/11/14
「Disney +」初日に1000万人が加入、ディズニーのブランド力を誇示

去る9月に当ブランディングラボでも報じたウォルト・ディズニー社による動画配信サービス「ディズニープラス」だが、どうやらその初動インパクトは想像を超えるものになったようだ。

ディズニープラスは2019年11月12日から約2年をかけて段階的にサービス配信国を広げていくプランを掲げており、第一段階でサービスが開始されたのは米国、カナダ、オランダの3か国のみ。にもかかわらずすでに1000万人超が加入したという事実は、国を超えた人々の“ディズニーブランド”に対する圧倒的な信頼と、そこから醸成される信頼感がいかに高いかの証左に他ならない。

動画配信サービスでは先行するNetflixが世界で1億5000万人もの有料会員を抱えているとされる一方で最大の消費国・米国ではすでにユーザー離れも報じられている。混沌の色を濃くする動画配信市場へ、ディズニープラスの参入がどのような影響を与えるのか注目だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ 

関連記事

プリンスホテル 次世代型宿泊特化ホテルはスマホゲームの世界に

西武グループのプリンスホテル(東京都豊島区)は6日、同区東池袋のサンシャインシティプリンスホテルの25階フロア全体を、人気のスマートフォンゲーム「FATE/GRAND ORDER(フェイトグランドオー …

「信州・松本 棚田ものがたり」に見る、ネーミングの妙

ソバ栽培などを手がけるかまくらや(長野県松本市)や味噌製造の石井味噌(同市)などは10日、松本市郊外の棚田の再生を通じて地域ブランド商品の販売などを始める。第1弾として地元の素材を使った味噌を11日か …

「五輪」商標登録 オリンピックのブランド保護

国際オリンピック委員会(IOC)が、オリンピックを意味する日本語の「五輪」について特許庁に商標登録を出願し、認められたことが21日までに分かった。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、公式スポンサ …

世界遺産で街おこし 大阪府堺市の地域活性化プロジェクト

大阪初の世界遺産として盛り上がりを見せる「百舌鳥・古市古墳群」。そんななか、古墳の魅力を楽しむために増えているのが古墳グッズのイベント。7月17日から、「堺タカシマヤ」(大阪府堺市)で『古墳祭り in …

数字では測れないガンダムブランドの影響力

2019年でテレビ放送開始から40周年を迎えたアニメ「機動戦士ガンダム」。その存在感は長らく不動だったが、ファン層の高齢化などで「稼ぐ力」に陰りも見える。ガンダムと二人三脚で成長してきたバンダイナムコ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜