話題の事例紹介

サービス開始と同時に1000万人が加入。高まる「ディズニー+(プラス)」への期待感

投稿日:

ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney +」が11月12日、サービスを開始した。ディズニーによると既に1000万人が加入したという。

Disney +はサービス開始当日に、アクセスが殺到しシステム障害を発生させたが、1000万人という数字はエンタメ企業としてのディズニーのブランド力を示すことになった。アプリ調査企業のApptopiaのデータから、業界のアナリストはサービス開始初日のDisney+のアプリのダウンロード数を320万件と試算していたが、実際の会員数はその3倍に達していたことになる。

Apptopiaによると、Disney+がまず利用可能になった米国とカナダ、オランダのユーザーらはサービス開始初日に130万時間をコンテンツ視聴に注いでおり、視聴時間はアマゾンプライムやRokuの顧客を上回ったという。

フォーブスジャパン 2019/11/14
「Disney +」初日に1000万人が加入、ディズニーのブランド力を誇示

去る9月に当ブランディングラボでも報じたウォルト・ディズニー社による動画配信サービス「ディズニープラス」だが、どうやらその初動インパクトは想像を超えるものになったようだ。

ディズニープラスは2019年11月12日から約2年をかけて段階的にサービス配信国を広げていくプランを掲げており、第一段階でサービスが開始されたのは米国、カナダ、オランダの3か国のみ。にもかかわらずすでに1000万人超が加入したという事実は、国を超えた人々の“ディズニーブランド”に対する圧倒的な信頼と、そこから醸成される信頼感がいかに高いかの証左に他ならない。

動画配信サービスでは先行するNetflixが世界で1億5000万人もの有料会員を抱えているとされる一方で最大の消費国・米国ではすでにユーザー離れも報じられている。混沌の色を濃くする動画配信市場へ、ディズニープラスの参入がどのような影響を与えるのか注目だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ 

-話題の事例紹介

関連記事

「◯活」ブームが市場を喚起!イトーヨーカ堂のランドセルは約200種類

イトーヨーカ堂は22日、2020年に小学校に入学する子供向けのランドセルのテレビCM発表会を東京都内で開いた。20年度からは小学校でプログラミング教育が必修になることから、タブレット端末を収納できるラ …

今治タオルのブランド進化

今治タオル専門店「伊織」は12月5日、「東急プラザ渋谷」にオープンする。12月3日マスコミ向け内覧会を開催した。 東急プラザ渋谷のコンセプトである「大人をたのしめる渋谷へ」を受け、店舗コンセプトを「お …

沖縄ビール、缶チューハイに挑む

画像引用:https://www.okinawatimes.co.jp オリオンビール(與那嶺清社長)は8日、チューハイの新ブランド「WATTA(ワッタ)」を14日から販売すると発表した。JAおきなわ …

プロダクトブランドとガバメントブランドの相乗効果 茨城県龍ケ崎市のコロッケフェスティバル

ご当地コロッケの食べ比べを楽しむ「第7回全国コロッケフェスティバル」(富山新聞社など後援)は22日、茨城県龍ケ崎市で開かれ、17都道県の35団体が特産品を生かした自慢の味を振る舞った。会場には約5万7 …

デミオは「マツダ2」へ。車名の統一を図るマツダの狙いは?

マツダは4日、主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外で採用している「マツダ6」に改称して8月1日に発売すると発表した。小型車「デミオ」も近く「マツダ2」に改称する方針で、社名を冠した名称に統一し、ブラ …

サイト内検索

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】