話題の事例

オレゴン州、観光プロモーションとして魔法のような世界をアニメ動画で表現

投稿日:2019年2月20日 更新日:

米オレゴン州観光局は2月14日、アニメ動画「Only Slightly Exaggerated~オレゴンで魔法のような体験を~」の公開を発表した。観光プロモーションとして、写真や動画ではできない魔法のような世界観をアニメで表現。3月1日より日本で展開する。
本アニメは、「Only Slightly Exaggerated(やや大げさに)」というタイトルの観光プロモーション動画。オレゴン東部、オレゴンコースト、オレゴン南部、と実在するエリアが舞台となっている。オレゴン州観光局CEOトッド・デヴィッドソン氏は「写真では表現しきれない魔法のような体験をアニメで表現することで、多くの人々にインスピレーションを与え、オレゴン州でかけがえのない旅をしていただき幸せになっていただくこと」と、本プロモーションのゴールについて言及している。

2019/2/14 MdN

国内であれ海外であれ、「観光プロモーション」といえば、そのビジュアル表現は実写というのがあたり前と思っていたが近ごろはそうでもないらしい。
このオレゴン州が制作した90秒の映像は、アニメーションという一見、観光プロモーションビデオにはミスマッチかと思える手法をあえて採ることで、実写にはできないファンタジックな表現を見事に実現。豊かな自然をはじめとするオレゴン州の魅力を私たちに届けてくれている。
それにしても、“人を背中に乗せて跳ねるウサギ”にしろ“大空を泳ぐクジラ”にしろ、ひと昔前なら、「こんなのありえない!」というクレームが飛んできそうなものだが、これが観光プロモーションビデオとして受け入れられるのは、我々のメディアリテラシーが時代とともに変化した、ということだろうか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

“不買騒動”で証明された崎陽軒ブランドへのリスペクト

NHKから国民を守る党の立花孝志党首は19日、東京・麹町のTOKYO MX前で、同局番組「5時に夢中!」でタレントのマツコ・デラックスさんから批判されたことに対する抗議活動を行った。番組のスポンサーで …

日本発の新たなイノベーションを生み出す素地 道の駅

国土交通省は19日、新たに「道の駅」6カ所を登録したと発表した。道路利用者への駐車場、トイレの提供や道路、地域に関する情報提供など、道の駅の機能を備えているのが決め手となった。これで全国の道の駅は11 …

アルペン 新業態による新たなるブランド・イメージの形成

アルペンは4月19日、千葉県柏市に日本最大、世界でも最大規模となる体験型アウトドアショップ「Alpen Outdoors Flagship Store(アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア)柏 …

“脱モテ路線”へ舵を切るサマンサタバサ。その背景とは?

2019-20年秋冬からリブランディングを開始した 「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」は、最新の広告ビジュアルを発表した。 (中略) 19年秋の第1弾のビジュアルでは、“ネオ マス …

鉄道利用者の増加と沿線ブランド

利用者を増やしている鉄道会社はどこか。日本民営鉄道協会では大手私鉄16社の輸送人員を定期、定期外に分けて発表している。この10年分(2009~2018年度)をまとめた輸送人員の推移から、興味深い事実が …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは