話題の事例紹介

珍(?)名品種も続々登場。ブランド豚市場の現在地とは?

投稿日:2019年11月27日 更新日:

食肉加工・販売の佐藤食肉(新潟県阿賀野市)は自社で開発したブランド豚肉「純白のビアンカ」を使ったハムを発売した。塩のみで味付けし、豚肉本来のうまみを楽しめる。販売価格は280グラム入りで580円(税別)。県内のスーパーなどに売り込む。

新商品「なまらハム」は豚の肩肉を加工。純白のビアンカはヨーグルトから出るホエイ(乳清)を飼料にして、クセや臭みが少なく、さっぱりしているのが特長だ。「サラダに最適で、女性の需要を取り込みたい」(佐藤広国常務)という。

同社は純白のビアンカのほか、ビール粕(かす)と乳酸菌で育てたブランド牛肉「あがの姫牛」を販売している。従来の販路は地元などの飲食店に限られており、小売店向けの商品としてはなまらハムが初めてという。

日本経済新聞 2019/11/8
佐藤食肉 ブランド豚「純白のビアンカ」のハム発売

およそ豚肉とは思えないネーミングの「純白のビアンカ」とは新潟県の食肉業者・佐藤食肉がヨーグルトの製造を手掛けるヤスダヨーグルトとの共同開発によって誕生したブランド豚。豚の飼料にヨーグルトの製造過程から採れる「ホエイ(乳清)」を与えることで、透き通った脂身を持つ上品な味わいの豚肉になるという。

食肉のジャンルでは神戸牛・近江牛・松坂牛などのいわゆる“三大和牛”に代表される牛肉が先行していたイメージだったが、今やブランド豚は全国で400を数えるほどに増え続け、その勢いは牛肉を凌駕しつつある。

実際、農林水産省発表による日本人1人あたりの食肉消費量では、牛肉の約6kgに対して豚肉は約12kgと圧倒。これまで「国産か否か」という安全性に関するテーマで消費・選択されるケースが多かった豚肉もいよいよブランドで選ばれるフェーズに突入するのだろうか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

関連記事

パリコレデザイナー、「サッカーチーム」をデザインする

サッカー界とファッション界のコラボレーションは、新たなクラブの姿を生み出そうとしている。 北海道コンサドーレ札幌は今季からクリエイティブディレクターとして、ファッションデザイナーの相沢陽介氏(41)を …

コラボレーションはギャップが肝?

富士川町の酒蔵「萬屋よろずや醸造店」は、よっちゃんイカの愛称で親しまれているイカの加工食品「カットよっちゃん」とコラボした日本酒を売り出している。カットよっちゃんの酸味に合うスッキリとした味わいが特徴 …

新時代の交通広告!? タイヤの跡が広告になる自転車

走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE(スタンプバイク)」が19日、東京都渋谷区の複合施設「渋谷ストリーム」の広場で報道陣に公開された。 携帯電話大手NTTドコモが開発。自転車に3Dプリンタ …

高い?安い? ネーミングライツの値段

京都市は、西京極総合運動公園陸上競技場(右京区)に命名権(ネーミングライツ)を導入する。年間4千万円以上の収入を見込み、公園の管理運営費に充てる。 陸上競技場は1周400メートルのコースと天然芝の球技 …

「五輪」商標登録 オリンピックのブランド保護

国際オリンピック委員会(IOC)が、オリンピックを意味する日本語の「五輪」について特許庁に商標登録を出願し、認められたことが21日までに分かった。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、公式スポンサ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜