話題の事例紹介

珍(?)名品種も続々登場。ブランド豚市場の現在地とは?

投稿日:2019年11月27日 更新日:

食肉加工・販売の佐藤食肉(新潟県阿賀野市)は自社で開発したブランド豚肉「純白のビアンカ」を使ったハムを発売した。塩のみで味付けし、豚肉本来のうまみを楽しめる。販売価格は280グラム入りで580円(税別)。県内のスーパーなどに売り込む。

新商品「なまらハム」は豚の肩肉を加工。純白のビアンカはヨーグルトから出るホエイ(乳清)を飼料にして、クセや臭みが少なく、さっぱりしているのが特長だ。「サラダに最適で、女性の需要を取り込みたい」(佐藤広国常務)という。

同社は純白のビアンカのほか、ビール粕(かす)と乳酸菌で育てたブランド牛肉「あがの姫牛」を販売している。従来の販路は地元などの飲食店に限られており、小売店向けの商品としてはなまらハムが初めてという。

日本経済新聞 2019/11/8
佐藤食肉 ブランド豚「純白のビアンカ」のハム発売

およそ豚肉とは思えないネーミングの「純白のビアンカ」とは新潟県の食肉業者・佐藤食肉がヨーグルトの製造を手掛けるヤスダヨーグルトとの共同開発によって誕生したブランド豚。豚の飼料にヨーグルトの製造過程から採れる「ホエイ(乳清)」を与えることで、透き通った脂身を持つ上品な味わいの豚肉になるという。

食肉のジャンルでは神戸牛・近江牛・松坂牛などのいわゆる“三大和牛”に代表される牛肉が先行していたイメージだったが、今やブランド豚は全国で400を数えるほどに増え続け、その勢いは牛肉を凌駕しつつある。

実際、農林水産省発表による日本人1人あたりの食肉消費量では、牛肉の約6kgに対して豚肉は約12kgと圧倒。これまで「国産か否か」という安全性に関するテーマで消費・選択されるケースが多かった豚肉もいよいよブランドで選ばれるフェーズに突入するのだろうか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

-話題の事例紹介

関連記事

SHIBUYA109、約40年親しまれてきたロゴマーク刷新、新ロゴは4月に設置

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは1月10日、SHIBUYA109ロゴマークを刷新すると発表した。新ロゴマーク設置の正式披露は4月28日を予定。SHIBUYA109の開業40周年を記念し、 …

鉄道利用者の増加と沿線ブランド

利用者を増やしている鉄道会社はどこか。日本民営鉄道協会では大手私鉄16社の輸送人員を定期、定期外に分けて発表している。この10年分(2009~2018年度)をまとめた輸送人員の推移から、興味深い事実が …

「はかま」のイメージ 小学校卒業式での着用に賛否両論

(前略)近年、小学校卒業式でのはかまの着用が議論を呼んでいる。 2011年ごろから各地の小学校で、卒業式に和装で参加する児童が増えはじめ、自治体や教育委員会が自粛を呼びかける動きも出ている。その理由は …

不評の「SHIRO」リブランディング。消費者は何に怒ったのか?

コスメティックブランド「シロ(SHIRO)」が、2019年秋にリブランディングを行い、ブランドロゴやパッケージをリニューアルしたことについて、SNSで不満の声が上がっている。これを受けてブランドと同名 …

100万人都市が取り組む、新しい街のイメージ

(前略) スポーツは単なる体育の延長ではなく、経済の活性化、環境改善、観光の魅力向上、文化の醸成につながる力を持っていると話し、「スポーツの力」を活用したさいたま市のコミュニティの再生にも期待を寄せる …

サイト内検索

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】