ブララボの目

中国企業のブランド進化論 アリババとダブルイレブンでの販売構造変化

投稿日:2019年11月25日 更新日:

【北京=三塚聖平】中国で「独身の日」と呼ばれる11日に毎年恒例のインターネット通販各社による値引きセールが行われ、中国電子商取引(EC)最大手アリババグループの取引額が2684億元(約4兆2千億円)に達した。過去最高だった昨年の2135億元を上回った。中国メディアは「中国の消費グレードアップと強大な内需の証明だ」(第一財経日報・電子版)と強調した。

ただ、前年比の伸び率は25・7%と、2018年(26・9%)とほぼ同水準だった。18年の伸び率も17年の39・4%を下回っていた。ネット通販各社による競争激化でアリババグループの伸び率が頭打ちになっているほか、米国との貿易摩擦で景気が減速していることが響いたとみられる。中国EC大手の「京東集団」(JDドット・コム)の取引額は2044億元と過去最高を更新したという。

中国メディアによると、取引額が10億元を超えたブランドは15社だった。通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)やスマートフォン大手の北京小米科技(シャオミ)、家電大手の海爾(ハイアール)といった中国メーカーのほか、米国のアップルやナイキ、日本のユニクロなどが入った。

2019年11月12日 産経新聞
中国「独身の日」でアリババ4兆円突破
過去最高更新も競争激化と景気減速で前年並み伸び率

中国では毎年恒例となっている、11月11日の「独身の日(シングルデー・ダブルイレブン)」。国内外問わず、このイベントに関係する各企業は、最大商戦の一つとなるこの日に向けて、商品調達や輸送体制の構築・強化に追われることとなる。

今回の特徴としては、中国企業の品質向上と国家としての自尊心の高まりもあり、シャオミやハイアールなどのグローバルブランドとなった中国系企業で、なおかつ高品質な商品については、今回のシングルデーで大きく売上を伸ばしていることである。実際に、ファーウェイはアメリカでも名指しで脅威論が起きるほど、非常に技術に優れた企業として、海外でも有名なブランド的存在に成長している。

「日本ブランド」が中国で信頼・評価されたこともあり、かつてはこのイベントで日本企業が大きく売上を伸ばし、存在感を発揮していた。しかし、中国人の嗜好変化や越境ECに関する中国での規制強化や法律の変更もあり、日本企業の販売動向は徐々に変化してきている。

現在の中国は、可処分所得の増加と多種多様な嗜好の変化もあり、20~30代の「仏系」と呼ばれる世代においては、知る人ぞ知る、通好みで実力のあるブランドの評価が高まり、売れ行きを伸ばす方向に向かってきている状況である。むしろ、この世代においては汎用的なメジャーブランドの存在感が、段々と薄くなってきてしまっている。

過去のインバウンド需要で成功した日本企業については、中国市況の変化も考慮し、そろそろ戦略を再考すべき時期にきているのかもしれない。

 

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント
MBA:修士(経営管理)、経営士、特許庁・INPIT認定ブランド専門家(全国)
嘉悦大学 外部講師

経営戦略の組み立てを軸とした経営企画や新規事業開発、ビジネス・モデル開発に長年従事。国内外20強のブランド・マネジメントやライセンス事業に携わってきた。現在、嘉悦大学大学院(ビジネス創造研究科)博士後期課程在学中で、実務家と学生2足のわらじで活躍。
https://www.is-assoc.co.jp/branding_column/

 

-ブララボの目

関連記事

コメ「特A」過去最多 魚沼コシも返り咲き 18年産食味

日本穀物検定協会(東京・中央)が27日発表した食味ランキングで、2018年産米は最高位の「特A」が過去最多となった。出品全体の3分の1を占め、ブランド米競争に拍車がかかっている。新潟県魚沼産コシヒカリ …

デミオは「マツダ2」へ。車名の統一を図るマツダの狙いは?

マツダは4日、主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外で採用している「マツダ6」に改称して8月1日に発売すると発表した。小型車「デミオ」も近く「マツダ2」に改称する方針で、社名を冠した名称に統一し、ブラ …

不評の「SHIRO」リブランディング。消費者は何に怒ったのか?

コスメティックブランド「シロ(SHIRO)」が、2019年秋にリブランディングを行い、ブランドロゴやパッケージをリニューアルしたことについて、SNSで不満の声が上がっている。これを受けてブランドと同名 …

京アニ放火の衝撃

京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで起きた放火事件を受け、海外でも犠牲者を悼み、支援する動きが出ている。米アニメ配給会社「センタイフィルムワークス」は、支援金を募るためにインターネ …

「マツダ地獄」は克服されたのか マツダの描くブランド化戦略

マツダは、新型スポーツ用多目的車(SUV)「CX-30」を10月24日に発売する。5月に投入した「マツダ3」に続く新世代商品の第2弾。同社のSUVでは小型の「CX-3」と中型の「CX-5」との中間的な …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
2月 1, 2016 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
5月 16, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸