話題の事例紹介

地方自治体のPR動画も、“2.5次元”の時代?

投稿日:2019年11月22日 更新日:

岡山市は5日、市出身のタレント桜井日奈子さんを起用したPR動画集「鬼カワイイ岡山市」新シリーズの再生回数が10月12日の公開から21日目で100万回を突破したと発表した。桜井さん本人のシーンに加えて、市公式バーチャルユーチューバー(VTuber)「HINAKO」にふんして声や動きを担当。自治体のPR動画としては異例の多さという。

市と岡山商工会議所、おかやま観光コンベンション協会で構成する岡山ビジットアソシエーションが制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開。全7本で構成し、グルメや芸術・文化、日本遺産の吉備津神社などをPRしている。

市プロモーション・MICE推進課は「各回共に1分以内と短く、見やすかったのではないか」と分析。今後は満足度や印象に残ったテーマなどについて、視聴者への調査を検討している。

日本経済新聞 2019/11/5
岡山市のPR動画、再生100万回

ユーチューブを中心としたネット動画のプラットフォームが整備され、自治体が仕掛けるPR動画もひとつのジャンルとして定着しつつあるが、再生回数に対してどれほどのアクションが期待できるかはまだ不透明な点が多い。

単に「おもしろい動画」として消費されるのか、あるいは視聴者に「自分もそこに行ってみたい」と思わせる力を帯びているのか――その違いは再生回数だけでは計ることは難しそうだ。

人気タレントを起用した岡山市の例は、Vtuberの手法を用いた最近流行のいわゆる「2.5次元」的なアプローチが現代的で、少なくとも出演タレントの熱心なファンには「岡山に行ってみたい」と思わせる訴求力を持っていそうだ。
岡山市に訪れた観光客の数は約680万人。1200万人が訪れる近隣のライバル、広島市にどこまで迫れるか注目だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

-話題の事例紹介

関連記事

“脱・目的地”へ。カナダ観光局が見据える観光の未来

カナダ観光局は2019年5月28日、トロントで開催されているBtoB旅行業界向けイベント「ランデブーカナダ(RVC)」の開幕にあわせて、新ブランド「For Glowing Hearts」を発表、それに …

うんこが生み出す、子供から大人への世代間リバースイノベーション

8月9日、東京・お台場の商業施設、ダイバーシティ東京 プラザに「うんこミュージアム TOKYO」がオープン。横浜では開業4ヶ月半で約20万人を動員した人気ミュージアムが、東京に初上陸を果たした。“MA …

日本の伝統食の、プレミアムブランドへの昇華

ハナマルキから、「透きとおった甘酒 premium」のオリジナルカクテル4種類が、2019年6月1日(土)~2020年5月31日(日)に、ウェスティンホテル東京にて、期間限定で発売になります。 「透き …

いいちこ40年 記念麦焼酎発売へ

焼酎メーカーの三和酒類(宇佐市)は、麦焼酎「いいちこ」の発売40周年を記念し、40種類の原酒をブレンドした麦焼酎「iichiko 40」を4月上旬から全国の百貨店や酒店で発売する。 いいちこは、こうじ …

パリコレデザイナー、「サッカーチーム」をデザインする

サッカー界とファッション界のコラボレーションは、新たなクラブの姿を生み出そうとしている。 北海道コンサドーレ札幌は今季からクリエイティブディレクターとして、ファッションデザイナーの相沢陽介氏(41)を …

サイト内検索

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】