話題の事例

地方自治体のPR動画も、“2.5次元”の時代?

投稿日:2019年11月22日 更新日:

岡山市は5日、市出身のタレント桜井日奈子さんを起用したPR動画集「鬼カワイイ岡山市」新シリーズの再生回数が10月12日の公開から21日目で100万回を突破したと発表した。桜井さん本人のシーンに加えて、市公式バーチャルユーチューバー(VTuber)「HINAKO」にふんして声や動きを担当。自治体のPR動画としては異例の多さという。

市と岡山商工会議所、おかやま観光コンベンション協会で構成する岡山ビジットアソシエーションが制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開。全7本で構成し、グルメや芸術・文化、日本遺産の吉備津神社などをPRしている。

市プロモーション・MICE推進課は「各回共に1分以内と短く、見やすかったのではないか」と分析。今後は満足度や印象に残ったテーマなどについて、視聴者への調査を検討している。

日本経済新聞 2019/11/5
岡山市のPR動画、再生100万回

ユーチューブを中心としたネット動画のプラットフォームが整備され、自治体が仕掛けるPR動画もひとつのジャンルとして定着しつつあるが、再生回数に対してどれほどのアクションが期待できるかはまだ不透明な点が多い。

単に「おもしろい動画」として消費されるのか、あるいは視聴者に「自分もそこに行ってみたい」と思わせる力を帯びているのか――その違いは再生回数だけでは計ることは難しそうだ。

人気タレントを起用した岡山市の例は、Vtuberの手法を用いた最近流行のいわゆる「2.5次元」的なアプローチが現代的で、少なくとも出演タレントの熱心なファンには「岡山に行ってみたい」と思わせる訴求力を持っていそうだ。
岡山市に訪れた観光客の数は約680万人。1200万人が訪れる近隣のライバル、広島市にどこまで迫れるか注目だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

“マイルドダンディ―” 京セラが提唱する新しい消費者像

次の時代の新たな男性像 (中略)「マイルドダンディー」とは、どんな男性なのか。 古き良き「ダンディー」には、ギラつき感や高級志向のイメージが伴うが、そういったものが重視されなくなり、質実をとる紳士像― …

ブランド米の乱立 「2018年産米の食味ランキング」

(前略)今回の審査結果では、「特A」を獲得した地方ブランド米の数は、過去最高の55(昨年比+12増)となりました。実は現在、国内ではブランド米競争が熾烈を極めています。 この背景には、政府が長年にわた …

ブランドタウン「田園調布」はいま

東京を代表する高級住宅地といえば田園調布をおいて他にはないだろう。渋沢栄一らによって開発が始まり、政治家や財界人、プロスポーツ選手などが邸宅を構えた地だ。この場所でいま、売りに出される物件が増えている …

SHIBUYA109、約40年親しまれてきたロゴマーク刷新、新ロゴは4月に設置

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは1月10日、SHIBUYA109ロゴマークを刷新すると発表した。新ロゴマーク設置の正式披露は4月28日を予定。SHIBUYA109の開業40周年を記念し、 …

ライザップブランドの本質的提供価値について

RIZAPグループは11月14日に2018年4~9月期(中間)決算を発表。IFRS(国際会計基準)の営業損益は88億円の赤字と前年同期の49億円の黒字から大幅に悪化した。同時に18年度通期の営業損益の …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜