話題の事例紹介

GAFAはGAAへ? 「ブランド価値ランキング」から読み解くブランドの栄枯盛衰

投稿日:2019年10月25日 更新日:

ブランドコンサルティングの米インターブランドは17日、グローバルに展開する企業・商品のブランド価値ランキングを作成した。2019年版の首位はアップル、2位がグーグルで7年連続で順位を守った。8位までの順位は18年と変わらず、3位アマゾン、4位にマイクロソフトと続く。テクノロジーが上位を独占するなか、コカ・コーラが18年同様に5位だった。

個人情報などのデータ流出が問題となったフェイスブックは価値を12%減らして、前年の9位から14位に順位を落とした。

日本勢ではトヨタの価値は5%増え、18年と同じく7位。ホンダも18年とほぼ同水準の21位(3%増)だった。経営体制を巡る混乱のあった日産のブランド価値は6%減って、順位も40位から52位に下がった。

日本経済新聞 2019/10/17
世界のブランド価値トップ10、Facebook脱落

米インターブランド社が算出する「ブランド価値」とは、“ブランド”が消費者の購買動向に与える影響や将来収益などを加味して導かれる。そのためとかく印象論に陥りやすい「ブランド」というトピックにおいて例外的に信頼できる評価指数だ。

今この時代に人々がどのような企業のどのような製品・サービスに投資をしているか、を明らかにするこの指数はある意味で“時代を映す鏡”と言える。そう考えるとフェイスブックの首位グループからの脱落は、向かうところ敵なしと思われていた巨大IT企業の先行きにポツンと投じられた見逃してはいけない影なのかもしれない。

ちなみに2000年のトップ5は「コカ・コーラ」「マイクロソフト」「IBM」「インテル」「ノキア」で、今年のトップ5に残ったのは「コカ・コーラ」1社のみ。すべてのブランドは、常に時代という強風にさらされ続けている。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

コラボレーション×コラボレーションの二乗のシナジー効果

BREWBASEとフリークスストアのコラボレーション企画が始動しています。 今回のコラボレーション企画では、オリジナルビール「FREAKS」が登場。 同商品は、アツい夏にぴったりの爽やかでドリンカブル …

SHIBUYA109、約40年親しまれてきたロゴマーク刷新、新ロゴは4月に設置

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは1月10日、SHIBUYA109ロゴマークを刷新すると発表した。新ロゴマーク設置の正式披露は4月28日を予定。SHIBUYA109の開業40周年を記念し、 …

シティホテルの「ハーゲンダッツフェア」 親しみやすいハイエンドホテルへ

画像引用:https://www.hankyu-hotel.com 大阪・梅田にあるホテル阪急インターナショナル内のレストランとバー2店舗で、「ハーゲンダッツフェア第3弾」を実施。3回目の今企画のため …

TGCが「SDGs × 地方創生」を発信 女性をターゲットに認知度拡大

女子中高生を中心に絶大な人気を誇る国内最大規模のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」の実行委員会は5日、静岡市内で記者会見を行い、関連イベント「SDGs推進 TGC しずおか 2 …

「食べる」日本伝統抹茶、世界へ発信!

日本伝統の抹茶が注目されている。最近はスイーツや和洋の料理にも合うため、「飲む」だけでなく「食べる」食材として活用が広がる。 今や「食べる抹茶」はデパ地下やコンビニでも欠かせない商品だ。国内の抹茶市場 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?