話題の事例

プロダクトブランドとガバメントブランドの相乗効果 茨城県龍ケ崎市のコロッケフェスティバル

投稿日:2019年10月23日 更新日:

ご当地コロッケの食べ比べを楽しむ「第7回全国コロッケフェスティバル」(富山新聞社など後援)は22日、茨城県龍ケ崎市で開かれ、17都道県の35団体が特産品を生かした自慢の味を振る舞った。会場には約5万7千人(主催者発表)が訪れ、北海道から九州までの名物コロッケを味わった。

各地域のPRと相互の交流促進を目的とし、富山新聞社などでつくる高岡コロッケ実行委員会が出展した。第1回フェスティバルで日本一に輝いた高岡のブースには3種類のコロッケが並び、計2千個を販売した。

来場者による人気投票では、今年のグランプリに北海道の「たまコロ」が選ばれた。2位は茨城県の「飯村牛コロッケ」だった。高岡コロッケは入賞を逃した。

来年はこれまでのフェスの入賞団体などを集めた「全国コロッケフェスティバルグランドチャンピオン大会」が新潟市で初めて開催される。

2019年9月23日 北國新聞
高岡コロッケ2000個振る舞う 茨城・龍ケ崎で全国フェス

地方振興としてのB級グルメ大会はイベントとしてすっかり定着したが、今回はコロッケで一躍全国的な知名度を高めた、コロッケイベント発祥の地である茨城県龍ケ崎市で大規模なイベントが行われた。

市役所の一部を使用した会場では、約5万7千人を超える多くの来場者に対して多数のコロッケ関連ブースが出店し、マスコミの取材も複数散見されるなど、イベントとして十分に成功を収めたようである。コロッケだけではなく、龍ケ崎市近辺の地場の商店も会場内で自社商品をアピールするなど、全国イベントと地域振興を兼ねた、大規模なイベントとなった。

B級グルメは、もはや地域を代表するプロダクトブランドであり、なおかつガバメントブランドにもなりうる、強力な存在になっている。つまり、B級グルメ商品(食品)はプロダクトブランドだが、それを擁する地方自治体は、そのプロダクトブランドを保有する、ガバメントブランドにもなるということである。

具体的な例としては、今回のコロッケフェスティバルの会場となった茨城県龍ケ崎市は、コロッケクラブ龍ヶ崎の「まいんコロッケ」が、「全国ご当地メシ決定戦2014」で優勝したことにより全国的な知名度を獲得したが、その結果、龍ケ崎市はコロッケの街としての全国ブランドを獲得したということである。

 

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント
MBA:修士(経営管理)、経営士、特許庁・INPIT認定ブランド専門家(全国)
嘉悦大学 外部講師

経営戦略の組み立てを軸とした経営企画や新規事業開発、ビジネス・モデル開発に長年従事。国内外20強のブランド・マネジメントやライセンス事業に携わってきた。現在、嘉悦大学大学院(ビジネス創造研究科)博士後期課程在学中で、実務家と学生2足のわらじで活躍。
https://www.is-assoc.co.jp/branding_column/

関連記事

ギャルの厚底シューズは、働く女性へ

マラソン、駅伝など長距離走の世界で最近、厚底のシューズが注目されている。ナイキ社の厚底シューズを履いた選手が好記録を連発したためだ。そしてこの厚底シューズが意外な場所でも話題になっている。通勤用のシュ …

「丹後ちりめん」が挑む、固定化されたイメージからの脱却

京都北部に位置する宮津市と京丹後市、伊根町、与謝野町の2市2町からなる丹後地域は、2017年から地域ブランディングに取り組んでいる。高級絹織物「丹後ちりめん」をはじめ、織物の技術や文化、歴史など、地域 …

ムロツヨシ氏のイメージの変化 “おもしろい”に“優しい”もプラス

明治安田生命は15日、今春入社を控えた新社会人を対象に実施した、毎年恒例「理想の上司」ランキングを発表。男性編はお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良(54)、女性編は日本テレビの水卜麻美アナウ …

ソニー平井会長退任 その功績と課題は?

ソニーは28日、平井一夫会長が取締役を退任すると発表した。今後はシニアアドバイザーとして、経営陣に助言する。 (中略) 平井氏は4期連続の純損失を計上した直後の2012年4月に社長に就任。テレビ事業の …

ギャル文化消滅? セシルマクビー、“脱ギャル服”路線に転じる

「セシルマクビー(CECIL McBEE)」が2019年秋冬シーズンにリブランディングする。新たなコンセプトに「今の私にちょうどいい」を掲げ、トレンドを取り入れながら等身大の女性たちに共感してもらえる …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜