話題の事例

10年で撤退。「フォーエバー21」はなぜ失敗したのか?

投稿日:2019年10月11日 更新日:

米ファストファッション大手フォーエバー21の日本法人は25日、日本国内の全14店舗を10月末で閉店すると発表した。オンラインストアも閉鎖する予定で日本事業からの撤退となる。「売り上げ不振で数年間、赤字を計上しているため」(同社)と説明している。

フォーエバー21は2009年4月に東京・原宿に日本1号店を出店。大都市圏を中心に店舗網を拡大し、ピーク時には国内で22店舗を展開していた。流行を取り入れた低価格な衣料品を短期間で製品化し、08年に日本に進出したスウェーデンのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)とともに日本国内のファストファッションブームを起こした。

ただ、最近は若い世代を中心に洋服をネット通販で購入することが定着してきたほか、個人間で中古品を取引するフリマアプリの普及など、競争環境は厳しさを増していた。

日本経済新聞 2019/9/25
フォーエバー21、日本撤退 ファストファッション淘汰

「フォーエバー」のはずが、よもや10年での撤退になってしまうとは当の経営陣にとっても想定外の事態だったのではないか。

全米では500以上の店舗を構えるフォーエバー21が日本に進出してきたのは2009年のこと。ZARA(1998年進出)、H&M(2008年進出)に続くファストファッションのニューウェーブとして注目を集め、銀座・松坂屋に巨大店舗「XXI(エックスエックスアイ) at GINZA by FOREVER21」をオープン。‟西海岸発”のトレンドを採り入れたカジュアルとして大いに期待を集めたものだが、その後の道のりは決して順調ではなかったようだ。

原因のひとつとして挙げられてるのがデザイン面で、原色やアニマル柄などを多用した個性的なアイテムは着回しが難しく買う人が自ずと絞られていたようだ。国が変われば服の好みも変わる。世界基準で同一商品を販売するグローバルブランドならではの課題が浮き彫りになった格好だ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

何が足りない? 魅力度44位「栃木県」

県の2019年度初めての「とちぎブランド力向上会議」が宇都宮市の県公館で開かれ、県が課題と位置付ける関西圏での情報発信などをめぐり、外部有識者らが意見を交わした。「食」にテーマを絞り込んだPRや、地道 …

“半端ない”ブランド価値を目指して~本坊酒造が大迫選手とアンバサダー契約

桜島と鹿児島市(イメージ) “本坊酒造は、プロサッカー選手の大迫勇也氏とアンバサダー契約を締結した。同社は今後、大迫選手をアンバサダーとして起用したプロモーション、CM広告、ポスターなど各種販売促進ツ …

トヨタ「終身雇用を守るのは難しい・・・」~日本企業の正念場 コーポレート・ブランドとスチュワードシップ・コードの相克~

日本自動車工業会・豊田章男会長:「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」 トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセ …

甘い夜に、〆のパフェ

新橋駅から徒歩2分という便利な立地にある第一ホテル東京のカフェバー「トラックス」では、「〆のお茶パフェ」と題して、夜限定パフェを提供中です。和風グラノーラをベースにホイップや白玉、抹茶とほうじ茶のアイ …

銀座ルノアールの“脱おじさん化”は吉と出るか

  サラリーマンがタバコを吸いながら、長時間休憩や商談で利用する喫茶店――。都心の駅前などに店舗を構える「喫茶室ルノアール」に対して、このようなイメージを持つ人は多いだろう。だが、その印象か …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜