話題の事例紹介

ムロツヨシ氏のイメージの変化 “おもしろい”に“優しい”もプラス

投稿日:2019年2月18日 更新日:

明治安田生命は15日、今春入社を控えた新社会人を対象に実施した、毎年恒例「理想の上司」ランキングを発表。男性編はお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良(54)、女性編は日本テレビの水卜麻美アナウンサー(31)が共に3連覇した。また、男性編では、ドラマや映画でめざましい活躍を見せている俳優・ムロツヨシ(43)が昨年圏外から2位に急上昇するなど、新たな顔ぶれも目立った。

男性編は、回答者1100人のうち9.5%が内村の名前を挙げ、2位の4.2%に倍以上の差で前年と同じく圧勝だった。2位のムロは昨年、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)など話題の作品に相次いで出演し存在感を示した。従来の“おもしろい”キャラクターだけではなく、『大恋愛』でみせたような“優しい”新たなイメージが人気の理由となったようだ。

(ORICON NEWS 2019/2/15
「理想の上司」ムロツヨシが圏外から2位急浮上 内村光良&水卜アナは共に3連覇)

ムロツヨシ氏のブランド・イメージが変化した。勇者ヨシヒコシリーズに出演していたころのムロ氏を考えると、“おもしろい”イメージしかない。しかし「大恋愛」などへの出演が消費者(視聴者)への新しい「刺激」となって、彼らの頭の中のイメージが変化したのである。

ブランディングは消費者・顧客の頭の中のイメージを、企業が定義する「こう思ってもらいたい」という理想像に近付けていく、不断の活動だ。といっても頭の中のイメージは直接操作できないから、外部から与える刺激を制御するしかない。逆に、刺激の与え方を変えれば頭の中のイメージも変わってしまう。

ムロ氏の場合、イメージの幅が広がったことが、今後の活躍の幅を広げることにもつながりそうだ。しかし企業活動においては、これからやろうとする活動が、これまで積み上げてきたイメージにどのような影響を及ぼすのか、従来のイメージを破壊してしまわないか、慎重に検討する必要がある。

 

能藤 久幸(のとう ひさゆき)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 ディレクター・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

日本の老舗SNS企業による、次世代ビジネスモデル確立への苦闘

「『モンスターストライク』(モンスト)を再起させる」――ミクシィの木村弘毅社長は5月10日、決算説明会でそう話した。同社の2019年3月期(18年4月~19年3月)通期連結業績は、売上高が1440億円 …

不要時計で社会貢献 TiCTACが刻む、SDGs

腕時計のセレクトショップ「TiCTAC」(チックタック)では、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(JCV)の活動に協力する「腕時計下取りキャンペーン」を今年も実施いたします。 環 …

有名になること?愛されること?どちらが大事?ZOZO、応募殺到でアルバイト募集停止へ

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは、募集していた物流倉庫のアルバイトの募集を15日正午に停止することを明らかにした。2日足らずで募集人数を超えたという。 前沢友作社長が自身のツイッター …

「◯活」ブームが市場を喚起!イトーヨーカ堂のランドセルは約200種類

イトーヨーカ堂は22日、2020年に小学校に入学する子供向けのランドセルのテレビCM発表会を東京都内で開いた。20年度からは小学校でプログラミング教育が必修になることから、タブレット端末を収納できるラ …

健康経営とカゴメ社の美味しいサポートプログラム <ブランド拡張による事業領域の延伸>

カゴメが野菜摂取測定機器を使って新事業を開始する。野菜摂取の充足度が表示できる機器「ベジチェック」のレンタル・リースを7月1日から開始し、同社が提唱する健康サポートプログラムの推進に役立てる。 機器は …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測