ブララボの目

酒は、百薬? 薬酒メーカーの養命酒が手がける、和のクラフトジン

投稿日:2019年10月7日 更新日:

養命酒製造は、今年3月に発売したクラフトジンカクテルの第2弾商品として「CRAFT GIN COCKTAIL ジンジャーとハーブのクラフトジンカクテル」を9月2日(月)より全国にて発売する。

近年の世界的なクラフトジンブームの流れを受け、日本でも固有の素材を使った個性的なジンが生まれている。そんな中、今回発売される「CRAFT GIN COCKTAIL ジンジャーとハーブのクラフトジンカクテル」300ml/880円(税別)は、「香の雫」をベースにクロモジ、ローズマリー、サンショウなどのハーブを浸漬している。

また、生姜汁・生姜エキス・乾燥生姜と3つの生姜を使用することで、ピリッとしたドライな味わいを表現。心地よいほろ苦さのあるオレンジやライム、柚子の果汁も加えて、風味豊かなカクテルに仕上がっている。

クロモジは、日本の山地に自生するクスノキ科の落葉低木で、枝葉によい香りがあることから、山地の人々や登山愛好家に親しまれてきた植物。

春には花を咲かせるが、蒸留によって採取される精油はアロマオイルにも用いられ、リナロールを主成分とする香りが気持ちをゆったりさせてくれると人気。近年は全国のクロモジ産地で精油の他に枝葉を加工したお茶も販売され、国産ハーブのひとつとして注目されている。

完成度の高い味わいのクラフトジン。ロックやソーダ割りなど好きな飲み方で国産ハーブ「クロモジ」の香りとおいしさを味わってみては?

2019年9月2日 exciteニュース
「香の雫」ベースのクラフトジンカクテルに新フレーバー登場

酒類の業界では、今、世界的にクラフトブームである。先日ご紹介したクラフトビールに続き、今回取り上げるクラフトジンが、海外同様に日本国内においてもジワジワと支持を拡大してきている。

飲食は、その国の環境や文化の影響を如実に反映するものであるが、顧客は文化が成熟するにつれて、万人向けの汎用的なNB(ナショナルブランド)商品ではなく、個性的でマニアックな商品を求める傾向が強くなる。

ジンは、ベースとしてスピリッツを製造した後に、ハーブなどでボタニカルの風味づけを行うことで完成するが、ボタニカルの風味づけの方法や内容が、そのジンの個性を決定づけることになる。つまり、ジンの製造には、ハーブ類を複数組み合わせて、最適な味わいと香りを生み出すブレンド技術が必要になるのだ。

その点において、養命酒は元来より日本の素材を使用し、複数の生薬を用いた薬用酒を製造してきた企業であり、その技術が豊富に蓄積されている。また、薬業界では薬用酒としてのブランド知名度が抜群なので、酒類業界においても比較的に顧客からの信用を得やすい。

現行市場で成功した技術やブランドを他の市場にも用いてみることで、自社の活躍領域を広げていくのは、経営戦略として実に理にかなった行動である。

今回の日本固有の原料を用いたクラフトジンも、独特な個性をもつ商品に仕上がっている。ジャパニーズウィスキーのイチローズモルトの世界的な成功もあり、海外の顧客から徐々に評価を上げている日本の酒類市場において、また新たなインバウンド商品の誕生となりそうである。

 

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント
MBA:修士(経営管理)、経営士、特許庁・INPIT認定ブランド専門家(全国)
嘉悦大学 外部講師

経営戦略の組み立てを軸とした経営企画や新規事業開発、ビジネス・モデル開発に長年従事。国内外20強のブランド・マネジメントやライセンス事業に携わってきた。現在、嘉悦大学大学院(ビジネス創造研究科)博士後期課程在学中で、実務家と学生2足のわらじで活躍。
https://www.is-assoc.co.jp/branding_column/

 

-ブララボの目

関連記事

スマイルシンデレラ渋野日向子とBEAMSの相思相愛?な関係

「AIG全英女子オープン」で日本女子42年ぶりのメジャー制覇を果たした渋野日向子(20)=RSK山陽放送=とウェア契約を結ぶ人気セレクトショップ「BEAMS」は14日、同ブランドの洋服100万円分の特 …

タグラインは「小江戸」。関東二古都のブランド力

「お江戸見たけりゃ佐原へござれ」。江戸時代の戯れ歌にもうたわれた千葉県香取市の佐原地区は利根川の水運で発展し、街なかには江戸期から明治期に建てられた商家や民家が今も立ち並ぶ。街の中心部を流れる小野川の …

ローソンがセルフレジによる無人化の実証実験を開始 フランチャイズに光が?

ローソンは29日、7月をめどに深夜時間帯の営業を無人化する実証実験を始めると発表した。コンビニエンスストア業界では人手不足が課題として、無人店舗が対策となるか検証する。 (中略) 実証実験は、全国の店 …

「はかま」のイメージ 小学校卒業式での着用に賛否両論

(前略)近年、小学校卒業式でのはかまの着用が議論を呼んでいる。 2011年ごろから各地の小学校で、卒業式に和装で参加する児童が増えはじめ、自治体や教育委員会が自粛を呼びかける動きも出ている。その理由は …

温泉街に巨大ペヤング 狙いはSNS、苦い過去も教訓?

パクチー味や通常の4倍盛りといった奇抜な新商品が次々登場する即席麺「ペヤング」シリーズ。インターネットでの話題の広がりを意識した製造・販売元「まるか食品」(群馬県伊勢崎市)の戦略がウケている。2014 …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
12月 28, 2015 に投稿された
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
7月 4, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸