ブララボの目

ボート参入の「レクサス」。陸の王者は海も制す?

投稿日:2019年10月2日 更新日:

画像引用:https://lexus.jp/models/ly/

トヨタ自動車は高級車ブランド「レクサス」で初めてとなるボートを10月30日から販売すると発表した。商品名は「LY650」で日米とカナダで同時発売する。日本での販売価格は4億5000万円の予定。ブランドを自動車から広げ、富裕層などに魅力を訴える。

トヨタのボート開発の技術とレクサスのデザイン力を融合させて開発した曲線的なデザインや高級感のある内装が特徴だ。サイズは全長が約20メートル、全幅は約5.8メートル。客室数は3部屋で、6人分のベッドが置ける。

トヨタは1997年からボートを開発・生産し、国内で約900隻を販売してきた。17年1月にLY650のコンセプトモデルを発表していた。

日本経済新聞 2019/9/20
トヨタ、富裕層向け「レクサスボート」 価格4億5000万円

2020年開催の東京オリンピックの会場がウォーターフロントであることから、にわかに注目を集めているのが船舶による海路での移動だ。東京の道路事情を考えればそれも当然で、渋滞する陸路をしり目に悠々と海路から会場入りする姿は人々の耳目を集めることは間違いなさそうだ。

そんな目論見があってかどうかは定かではないが、いよいよレクサスが海に進出する。自動車メーカーによるボート参入はすでにメルセデスが先行しているが、2016年に同社が発表した「Arrow460 Granturismo」は価格が約17億~19億円とも言われよほどのセレブでなければ手が出ない代物。一方で、レクサス「LY650」の販売価格は4億5千万円。これとて庶民にとっては高嶺の花だが、メルセデスに比べればまだ現実的と言えよう。
週末はレクサス・クルーザーに乗って東京湾で舟遊び――そんな光景が、富裕層のステータスになるのだろうか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

-ブララボの目

関連記事

10年で撤退。「フォーエバー21」はなぜ失敗したのか?

米ファストファッション大手フォーエバー21の日本法人は25日、日本国内の全14店舗を10月末で閉店すると発表した。オンラインストアも閉鎖する予定で日本事業からの撤退となる。「売り上げ不振で数年間、赤字 …

タレントの“SNSをしない”選択、少数派が奏功? ブランディングとしての役割に変化

“Twitterの日本開設から早10年。Instagramなども含めたSNSは一般人のみならず、タレントが自己発信のツールとして活用するのも“通常営業”となった。また、SNSがタレントの浮沈のカギを握 …

デミオは「マツダ2」へ。車名の統一を図るマツダの狙いは?

マツダは4日、主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外で採用している「マツダ6」に改称して8月1日に発売すると発表した。小型車「デミオ」も近く「マツダ2」に改称する方針で、社名を冠した名称に統一し、ブラ …

「DJしんじょう君」のフェスが好評 高知の地域ブランディング

今年1月に「DJしんじょう君」の本格始動を宣言してから初となるイベント「しんじょう君のスキヤキ高知!フェスティバル」のチケットが完売続出となる人気ぶりとなっている。 4月13日(土)に大阪府住之江区の …

CR7とJUVENTUSのブランド戦略。ロナウド獲得のもう一つの狙い

(前略)ユベントスが描いているシナリオは、「JUVENTUS」というブランドに「CR7」という大きな付加価値をつけることによってその商業的価値を大きく高め、マーチャンダイジングやスポンサーといったグロ …

サイト内検索

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
12月 28, 2015 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
4月 18, 2018 に投稿された
CI、VI、BIの違いとは?
CI、VI、BIの違いとは?
4月 25, 2018 に投稿された