話題の事例紹介

ディズニー参入で、動画配信市場はどう変わる?

投稿日:

8月23日、アメリカ・カリフォルニア州のアナハイムで開かれた「D23エキスポ」。ディズニー社が2年に1度主催する、世界最大のディズニーのファンイベントだ。動画配信を統括するケビン・メイヤー氏は、11月から始める動画配信「ディズニー+(プラス)」にさらに独自コンテンツを加えると発表した。

(中略)

ディズニープラスは、11月12日に開始される動画配信サービス。最大の武器は、何といってもコンテンツの豊富さだ。

ディズニーは2006年のアニメーション製作会社・ピクサーを皮切りに、2009年にアメコミのマーベル、2012年に『スター・ウォーズ』シリーズで著名なルーカスフィルムを買収してきた。ディズニープラスではディズニーはもとより、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルという4つのブランドのコンテンツが過去作品も含めて見放題となる。

東洋経済 2019/8/27
激変する動画配信、ディズニーが示した「本気」

エンターテインメント界の王者が満を持して動画配信に殴り込む。2019年11月に米国ローンチが予定されている「ディズニー+(プラス)」はその名の通り、ウォルト・ディズニー社が運営する新しい動画配信サービス。

先行するNetflixやAmazon、Huluに対する優位性は、固有の版権コンテンツと、それらの圧倒的なブランド力だ。

ミッキーマウスら一連のディズニー作品群は言うに及ばず、世界中に熱狂的なファンを持つ「スター・ウォーズ」、モダンアニメーションの金看板「ピクサー」、そして映画界を席巻する「MARVEL」……これらの単体でも世界的な集客力を持つキラーコンテンツを4つも擁しているのだから、ライバルたちはさぞ戦々恐々としていることだろう。

動画配信という新しいマーケットの中で、老舗ディズニーはどのようにそのブランドをアップデートしていくのだろうか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

コメ「特A」過去最多 魚沼コシも返り咲き 18年産食味

日本穀物検定協会(東京・中央)が27日発表した食味ランキングで、2018年産米は最高位の「特A」が過去最多となった。出品全体の3分の1を占め、ブランド米競争に拍車がかかっている。新潟県魚沼産コシヒカリ …

ペットが跨ぐ、仕事のオンとオフの境界線

2018年に成立した働き方改革関連法が4月1日から順次施行され、約2ヵ月が経過した。 就業時間や環境など、働き方が変わってきている中、ワンポイントアイデアで業績や社員のやる気をアップさせた企業がある。 …

どこが新しい? フォルクスワーゲンの新ロゴマーク

画像引用:https://www.volkswagen.co.jp フォルクスワーゲン(Volkswagen)は9月9日、ドイツで開催したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Mo …

“ブランド模倣者”がオリジナルを超える日

生活雑貨を販売する「無印良品」の運営元「良品計画」に対して、無印良品そっくりの店舗を持つ中国企業「北京棉田紡績品有限公司」が商標権を巡って起こしていた裁判で二審の北京市高級人民法院は原告側の訴えを認め …

ベタなネーミングはヒットの予感 携帯用歯みがきセット「MIGACOT(ミガコット)」

ライオン株式会社が2020年4月1日、携帯用歯みがきセット「MIGACOT(ミガコット)」を発売しました。ケースのキャップがうがいのコップになっていたり、ケースに通気口が付いていて衛生的だったりと機能 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは