話題の事例紹介

お祭り屋台の定番商品が、お洒落に変身

投稿日:2019年9月9日 更新日:

イタリアンシェフが作るりんご飴専門店「キャンディ アップル(Candy apple)」の2号店が、2019年7月17日(水)より東京・自由が丘にオープン。

「キャンディ アップル」で提供するのは、イタリアで修業したシェフによる本格スイーツのりんご飴。使用するシャクシャクとした食感のりんごは、産地や種類、季節にこだわり選別。合わせる飴も温度などを徹底的に計算し、パリッパリの食感を実現。全てにおいて最高の状態に仕上がったりんご飴が店頭に並ぶ。

渋谷にオープンした1号店に次ぐ2号店では、厳選された上質な甘い林檎の風味をそのまま楽しめる「プレーン」をはじめ、上面にシナモンをあしらった「シナモン」、ビターなココアの濃厚な味わいが楽しめる「ココア」などをテイクアウトにて用意。

なお、毎月指定の1週間限定での営業となるため、気になる人は事前に営業日をチェックして足を運んでみて。

2019年7月20日 財経新聞
イタリアンシェフのりんご飴専門店「キャンディ アップル」自由が丘に

りんご飴は、昔からある定番商品である。主に、お祭りのときに、屋台で購入することが多い商品ではないだろうか。そんな、庶民に身近な商品を、本格的なお洒落スイーツとして提供するのが、今回紹介する、りんご飴専門店である。

りんご飴については、既にお客様の中で商品イメージが定着しており、なおかつ幅広い世代に認知されている商品である。そのため、新規のカテゴリー商品を販売するときのような、具体的な商品説明を行う手間が省けるため、販促費用を抑えることが可能である。

また、既にある顧客からの商品イメージを、よい意味で裏切ることで、従来からある商品イメージとのギャップを生み出すことができ、効果的な印象付けを行うことが可能となる。今回のりんご飴の場合は、庶民的な印象のある商品を、イタリアのシェフというブランドがもつ高級感で包みこむことで、既存のりんご飴とのイメージギャップを作り出すということである。

さらに、りんご飴の専門店として提供商品を限定し、商品を提供する営業期間をも限定することで、顧客への適度な飢餓感を醸成させることにも挑戦している。しかも、販売する場所は、渋谷・自由が丘という、お洒落でハイセンスなイメージを想起させることが可能な立地である。つまり、地域ブランドを巧みに活用しているのだ。

顧客を絞り、既存商品との差別化を図ることで、限定された市場カテゴリーにおいて、最強のブランドを確立させるということが、今回のりんご飴のマーケティング戦略には秘められているのだろう。

 

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント
MBA:修士(経営管理)、経営士、特許庁・INPIT認定ブランド専門家(全国)
嘉悦大学 外部講師

経営戦略の組み立てを軸とした経営企画や新規事業開発、ビジネス・モデル開発に長年従事。国内外20強のブランド・マネジメントやライセンス事業に携わってきた。現在、嘉悦大学大学院(ビジネス創造研究科)博士後期課程在学中で、実務家と学生2足のわらじで活躍。
https://www.is-assoc.co.jp/branding_column/

関連記事

新興企業と老舗企業のブランド交換 島根銀行とSBIの資本・業務提携

島根銀行は6日、インターネット金融大手SBIグループと資本・業務提携すると発表した。第三者割当増資を実施し、25億円の出資を受け入れる。SBIグループの議決権比率は34%で筆頭株主となる。島根銀はSB …

「丹後ちりめん」が挑む、固定化されたイメージからの脱却

京都北部に位置する宮津市と京丹後市、伊根町、与謝野町の2市2町からなる丹後地域は、2017年から地域ブランディングに取り組んでいる。高級絹織物「丹後ちりめん」をはじめ、織物の技術や文化、歴史など、地域 …

ブランドタウン「田園調布」はいま

東京を代表する高級住宅地といえば田園調布をおいて他にはないだろう。渋沢栄一らによって開発が始まり、政治家や財界人、プロスポーツ選手などが邸宅を構えた地だ。この場所でいま、売りに出される物件が増えている …

吉野家、ぬぐい切れぬ「9年ぶり赤字転落」懸念

“創業120周年の牛丼チェーン吉野家を傘下に持つ吉野家ホールディングスが業績不振に苦しんでいる。同社は1月10日、2018年度の第3四半期(2018年3~11月期)決算を発表した。売上高が1500億円 …

止まらないタピオカブーム。今度はロングセラー商品として定着化できるのか

台湾のタピオカブランド「珍煮丹(ジェンジュダン)」が、渋谷の「マグネットバイシブヤ(MAGNET by SHIBUYA)109」の7階フードフロア「MAG7(マグセブン)」に6月14日にオープンする。 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
4p
成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは