話題の事例

いいちこ40年 記念麦焼酎発売へ

投稿日:2019年2月14日 更新日:

焼酎メーカーの三和酒類(宇佐市)は、麦焼酎「いいちこ」の発売40周年を記念し、40種類の原酒をブレンドした麦焼酎「iichiko 40」を4月上旬から全国の百貨店や酒店で発売する。
いいちこは、こうじにも大麦を使う「100%麦焼酎」として1979年2月に発売した。名称は県民に公募。寄せられた約1200件から、「下町のナポレオン」の愛称とともに選ばれた。
同社は「全員でゴールを目指すラグビーの精神を大切にしている」といい、今回のボトルは台座の上にラグビーボールが3個連なる陶器製にした。一番上のボールを取り外すとコルクの注ぎ口が現れる。

(読売新聞 2019年2月6日)

「いいちこ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのはあの独特な広告だ。
グラフィックデザインでは商品を目立たせない。テレビCMにおいても、ナレーションで商品名を声高に叫ぶことはない。
この“広告らしからぬ”大胆なクリエイティブは1980年代から「いいちこ」の広告制作を担当してきたアートディレクター・河北秀也氏によるものだが、それにOKを出した三和酒類も相当な慧眼の持ち主だといえるだろう。
費用対効果が求められる現代ではまず成立しえない企画であり、その点において「いいちこ」の広告はまだ多様性が受け入れられていたマス広告黄金時代が生んだ奇跡といえる。なにかと瞬間的な行動を煽る広告が跋扈する今日において、「いいちこ」広告が持つイノセンスで非広告的佇まいはより一層際立っている。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

タレントの“SNSをしない”選択、少数派が奏功? ブランディングとしての役割に変化

“Twitterの日本開設から早10年。Instagramなども含めたSNSは一般人のみならず、タレントが自己発信のツールとして活用するのも“通常営業”となった。また、SNSがタレントの浮沈のカギを握 …

外食チェーン、新商品の投入サイクルが業績に拍車をかける

明暗がくっきり分かれる決算となった。 牛丼チェーン「すき家」を手がけるゼンショーホールディングスが2月5日に発表した2018年度第3四半期(2018年4月~12月期)決算は、売上高4548億円(前年同 …

スーパー総選挙3連覇「オーケー」。その“看板”はファンによって磨かれる

「あなたにとって最高のスーパーはどのお店ですか?」 TBSラジオの生活情報番組「ジェーン・スー 生活は踊る」が主催した「スーパー総選挙」。今年で第3回を迎えた。リスナーイチオシのスーパーをメールとHP …

ハイグレード通勤バス 東急電鉄の実証実験

座れるバスで快適な通勤を――。東急電鉄は1月下旬から、東急田園都市線たまプラーザ駅と渋谷駅を結ぶ「ハイグレード通勤バス」の実証実験を開始した。Wi-Fiやトイレの付いたバスで定員は24人。電車より時間 …

no image

ブランドによる信用補完機能は再生の切り札となるか ノジマとスルガ銀行の提携の進展

家電量販大手のノジマは不正融資が問題となったスルガ銀行の創業家が持つすべての株式を取得し、筆頭株主になると発表しました。 ノジマは5月、スルガ銀行との業務提携で合意しましたが今回、創業家が保有するすべ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜