話題の事例

「フルラ」も追従。ファッション界におけるロゴのサンセリフ化は何を示すか?

投稿日:2019年8月15日 更新日:

「フルラ(FURLA)」が、ブランドロゴを一新した。新ロゴは2019年秋冬シーズンの広告ヴィジュアルから使われる予定。

新ロゴのフォントは、文字の端に装飾されるセリフがない書体「サンセリフ体」を使用し、ブランドコンセプトの1つでもある「コンテンポラリーであること」をより強く表現。また、イタリアブランドとしてのアイデンティティや90年以上続くブランドの歴史および伝統を表すとともにクラフトマンシップへの敬意を示し、新しいロゴにはブランド名「FURLA」の下に「Since 1927 Italy」の文字を入れた。

新ロゴは2019年秋冬シーズンの広告ヴィジュアルを皮切りに、ブランド公式SNSアカウントおよび公式オンラインストア、ショッパー、パッケージ、展開商品に順次反映するという。

fashionsnap.com 2019/8/2
フルラがブランドロゴを一新、サンセリフ体を採用

「サンセリフ体」とは文字の端に飾りとして付いている“セリフ”がない書体のこと。簡単にいえば「ゴシック体」をイメージしてもらえればほぼ間違いない。

近年、特にファッションブランドのロゴマークにおいてはセリフを持たないサンセリフ体が増えつつあり大きなトレンドを形成。有名なところでは英国を代表するファッションブランド「バーバリー」が2018年のリブランディングにおいて、サンセリフ体に変更したことは記憶に新しい。

たかがロゴの書体と思う人もいるかもしれないが、例えば「フルラ」の主力アイテムであるバッグであれば、ロゴマークひとつで全体の印象ががらりと変わる。それはあたかも10年来のヘアスタイルを変える程のインパクトだ。

なおフルラは今回のロゴマーク変更の理由として「コンテンポラリーであること」と述べており、そこからは伝統・歴史以上に、「同時代性」が優先される今日のブランディングのアジェンダが垣間見られる。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

関連記事

「丹後ちりめん」が挑む、固定化されたイメージからの脱却

京都北部に位置する宮津市と京丹後市、伊根町、与謝野町の2市2町からなる丹後地域は、2017年から地域ブランディングに取り組んでいる。高級絹織物「丹後ちりめん」をはじめ、織物の技術や文化、歴史など、地域 …

ネット炎上からブランドを守る保険? 東京海上の新サービス

東京海上日動火災保険は22日、飲食店の従業員などによる不適切な動画の投稿やパワハラ被害が報道された際に、企業のトラブル対応費用を補償する保険を4月から提供すると発表した。アルバイトの問題行為でインター …

イチロー引退とMLBのアジアでのブランディング戦略

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、現役引退を発表した。同日に東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕シリーズ第2戦後に記者会見し、「きょうのゲームを最後に日本で9年、米国で19 …

Netflix「ROMA ローマ」は“映画”か?英興行会社シネワールドが徹底抗戦

カンヌ国際映画祭コンペティション部門への出品が決まっていたにもかかわらず取り下げられ、ベネチア国際映画祭でNetflixオリジナル映画としては初となる金獅子賞を受賞するなど、今年の賞レースを牽引する一 …

御朱印に続く、新たな歴史ブーム。御城印の世界

岐阜県土岐市妻木町の町民らでつくる「妻木城址(し)の会」(黒田正直会長)は、妻木城跡(同町)の「御城印」を作り、1日から授与を始めた。妻木城は土岐明智氏とつながりのある妻木氏が戦国時代に築いたとされる …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜